コンテンツへスキップ

本日DaVinci Resolveが更新して、16.1.2になりました。InterBEEをはさんで1ヶ月以上経過していたので、もうそろそろと期待していた方もいるでしょう。今回の更新でどのような変化があったかを、いつものようにリリースノートで見ていきましょう。
... "DaVinci Resolve16.1.2リリース" を続けて読む

さっそくバグフィックス版の一回目がリリースされました。前回からの更新以降でmacOSの更新が入りましたが、明確にサポートOSとしてmacOS Catalinaは書かれていませんが、更新点の中にCatalinaと書かれているので暫定的にサポートしていると考えて良いでしょう。私の環境では大きな不具合はなくこれまでと同じように使えています。いつものように英語でしかリリースノートがないため、Google翻訳で日本語化してまとめました。よろしかったらご覧ください。
... "DaVinci Resolve16.1.1リリース" を続けて読む

今回のリリースノートの冒頭には下記のように注意点が書かれています。

無料のDaVinci Resolve 16.1には、DaVinci Resolve 16.1 Studioと同じ高品質の処理がすべて含まれており、無制限の解像度のメディアファイルを処理できます。ただし、プロジェクトのマスタリングと出力はUltra HD解像度以下に制限されます。 DaVinci Resolve 16.1は、WindowsおよびLinuxでは単一の処理GPU、最新のMac Proでは2つのGPUのみをサポートします。

まずは無料版を使ってみて他の機能が必要になれば、その時点で有償版への切り替えを検討すると良いでしょう。
... "改めてStudio版と無料版の違い" を続けて読む

本日DaVinci Resolve最新版の16.1が正式にリリースされました。これまではベータ版での提供で、ベータ3から一ヶ月以上の時間が経過していて、今か今かと待っていた方も少なくないでしょう(笑)さっそくGoogle検索を使って日本語訳をしましたので、興味がある方は参考にしてみてください。
... "DaVinci Resolve16.1リリース" を続けて読む

放送向け番組の編集作業が、特別なスタッフでなければならなかった理由は、VTRを再生するための電気調整が欠かせなかったからです。このために、編集マン(ウーマン)は技術的な基礎知識を身につけなければなりませんでした。その中には、派生するNTSCテレビ放送の仕組みも含まれます。当時でも器用な非技術者は少なからずいて、電気調整ができるディレクターもいました。
... "DaVinciのCutページ利用法" を続けて読む

2

本日バージョン16が正式にリリースされましたが、今回からパブリックベータ版も通期で公開するようなので、次期バージョンの16.1のリリースノートが公開になっています。いつものように日本語訳しておきましたので、参考にしていただければと思います。*のマークが付いた機能は進行中であり、最終リリースの前に変更される可能性があります。
... "DaVinci Resolve16.1リリースノートから" を続けて読む

本日DaVinci Resolveの最新版であるバージョン16がリリースされました。4月のNABで発表になった最新版で、これまでパブリックベータが公開されていましたが、この先は正式版が使えるようになりました。今回もたくさんの新機能が搭載されていますが、制作意欲を刺激してくれる機能は次のようになっています。
... "DaVinci Resolve16リリース" を続けて読む