Resolve

SwithIMを限定公開します

昨日Blackmagic Designさんのユーザー会に参加した際、macOSで文字入力のモードを自動的に切り替えるツールSwitchIMを紹介しました。これまでは、自分だけで使う目的で使っていたのですが、興味を持っていただいたので限定公開することにしました。
続きを読む »SwithIMを限定公開します

YouTube動画で色についての考察

  • by

今や映像のフォーマットは各種入り乱れ始めています。歴史のあるビデオ規格のRec709をはじめ、Web向けのsRGBやMacで採用されているDisplay P3などを中心に、この先さらに規格は増えていく気配が濃厚です。これまで私がセミナーで伝えていたのは、Web用のコンテンツはsRGBで、なんて言ってはいました。気になっていたYouTubeについてじっくり検証したところ、それが正確ではなかったことが判明しました。そこで、現状ではどのようになっているかを、今回はレポートしたいと思います。はじめに是非理解していただきたいのは、この情報はYouTube側の事情によってこの先変更される可能性があること。また使うソフトウエアや環境でも違いが出ることはしっかりと理解して、くれぐれも鵜呑みにせずにご自身でしっかり「消化して」実制作に活かしてください。

また、今回検証したのはYouTubeであって、他のサービスでも同じ結果とは言えません。仕事でしっかり色をハンドリングしたければ、ひとつずつ事前にチェックすることが必要になってくるでしょう。その意味でも、完成時のフォーマットが多様化する心配があります。
続きを読む »YouTube動画で色についての考察

DaVinci Resolve 16.2リリース(更新)

  • by

3月12日にサイレントアップデートがありました。Build054が古い方で、新しい方は055です。更新は、Webサイトからファイルをダウンロードしなければなりません。Resolveのメニューからは実行できませんのでご注意ください。

おそらく現在の時期は、NABに向けてのDaVinci Resolve次期バージョンの開発で大忙しのはずです。にもかかわらず、マイナーアップデートがリリースされました。この開発のペースはある種何かに取り憑かれているような勢いを感じます(笑)。今回の更新はバージョン番号的にはマイナーではありますが、更新内容を見ると全然マイナーさは感じません。さて、いつものようにリリースノートをGoogle翻訳を使ってまとめました。
続きを読む »DaVinci Resolve 16.2リリース(更新)

DaVinci Resolve16.1.1リリース

  • by

さっそくバグフィックス版の一回目がリリースされました。前回からの更新以降でmacOSの更新が入りましたが、明確にサポートOSとしてmacOS Catalinaは書かれていませんが、更新点の中にCatalinaと書かれているので暫定的にサポートしていると考えて良いでしょう。私の環境では大きな不具合はなくこれまでと同じように使えています。いつものように英語でしかリリースノートがないため、Google翻訳で日本語化してまとめました。よろしかったらご覧ください。
続きを読む »DaVinci Resolve16.1.1リリース