コンテンツへスキップ

本日リリースされたDaVinci Resolve15の、パフォーマンス機能向上に関するリリースノートを翻訳しました。
... "DaVinci Resolve15/パフォーマンスに関する新機能" を続けて読む

BlackmagicDesignは、本日DaVinci Resolveのバージョン15を正式にリリースしました。4月以降パブリックベータとしてアーリーアドプター向けに公開されていましたが、本日からは正規バージョンとして入手できるようになりました。前のバージョンの14.3.1からは、プロジェクトを管理するデータベースが更新されているので、必ずバックアップを取ってからアップデートするよう強く推奨しています。

リリースノートは新機能を網羅して500行近くになっているので、yamaqblogでは各パートごとに分割して翻訳することにします。追ってアップしていきますので、興味のある方はご覧ください。

Macintosh環境では下記のシステム要件が求められますので、環境構築の際にはご注意ください。

  • macOS 10.12.6 Sierra以降
  • 16GB以上のメモリ、Fusion使用時には32GBを推奨
  • ビデオドライバは、Desktop Video10.4.1以降
  • CUDAドライババージョン8.0.63以降
  • NVIDIAドライバは使用するGPUに依存
  • RED Rocket-Xドライバ2.1.34.0、 Firmware 1.4.22.18以降
  • RED Rocketドライバ2.1.23.0、Firmware 1.1.18.0以降

これも先日のEIZOSALONの場でBMDのエンジニアの方からお聞きした有益な情報です。DaVinci Resolveのシステムを構築する際にはどのくらいのメモリが妥当なのか?
... "DaVinci Resolveのメモリ容量" を続けて読む

昨日は映像系コミュニティのEIZOSALONの日でした。いつものように銀座にあるEIZOショールームガレリアで15時から夕方いっぱいまでの開催でした。今回のテーマはBlackmagicDesign eGPUで、メーカーからエンジニアの方を迎えて最新情報をお聞きすることができました。その中で知った私にとっては新しかった情報がいくつもあったので、まとめておきます。
... "eGPU使用に関する注意点(修正あり)" を続けて読む