コンテンツへスキップ

先日いただいたコメントの中でeGPUは必要なのか?Windows環境ならNVIDIAのGPUは難なく使えるし、必要なら複数枚を同時に使うこともできます。これまでずっとWindowsの方がGPUを使いこなす面においては1周どころかもっと先を行っていて、Macは周回遅れに甘んじていました。わざわざMacでeGPUを使ってまでパフォーマンスを稼ぐ意味はあるのか?そのような意図だったと思います。とても理にかなったご意見でなんの反論もありません。パフォーマンスを稼ぎたい目的ではWindows環境を私からオススメしたこともありました。では本当にeGPUは不要なのでしょうか?
... "eGPUは必要か?" を続けて読む

2

DaVinci Resolveの使い方を一歩踏み込んで理解していただくために、今年の春くらいにプライベート向けにColorzというPDFを製作していました。主に私が企画した有償セミナーで配布していました。ページ数は更新を重ねるたびに増えて行って、現在では266ページになっています。現状では公式の日本語マニュアルは、一つ前のバージョンの12.5を対象としたものに留まっています。Colorzはバージョン14.3.1までをカバーしています。間も無く次期バージョン15がリリースされます。それに向けて、Colorzも一般公開することにしました。
... "Resolve日本語解説書を公開します" を続けて読む

もうこの先バージョン14の更新はないのではと思わせるほど、14.3がリリースされてから時間が経過していました。この間なんと5ヶ月。頻繁にアップデートするDaVinci Resolveとしては珍しいことです。その反面間も無くリリースの新バージョン15に注力していたということでしょうね。項目は少ないですが、リリースノートから日本語訳をしておきます。
... "DaVinci Resolve14.3.1リリース" を続けて読む

2

前回のエントリーではじめてのeGPUについて書きましたが、今回はその続編で現実的な利用方法であるアプリケーションとの連携はどうだったかについてレポートします。くどいようですが、この実験はAppleが正式にサポートしている方法ではないので、自己責任で行った技術的な検証です。
... "DaVinci ResolveとeGPU" を続けて読む

リリース版が出るまではリリースノートの記事は書かないつもりでしたが、自分用に作ったのでよろしければご覧ください。今回の更新では、新しくポルトガル語とフランス語のメニューが使えるようになっているようです。確認できないので詳細は不明ですが(汗)。それと日本語環境限定でキーボードの不具合が改善点に挙げられています。しっかりと日本からのフィードバックが対応されている点が嬉しいところです。
... "DaVinci Resolve 15ベータ6更新点" を続けて読む

Resolveバージョン15からは、Fusionというこれまでの別アプリがResolveの中に引っ越ししてくるので、キーボードショートカットが足りなくなるでしょう。そのため、Resolveの6つのページごとにショートカットを指定できるようになります。これと併用してアプリ全体で共通した設定も使用できます。今回紹介するショートカットはこれとは別のTIPSで、ホームポジションからなるべく手を動かさないようにできる方法です。
... "NLEでのKBショートカット" を続けて読む

NABで次期バージョンのパブリックベータが公開されたので、気の早いユーザーはすでにインストールして試しているかもしれません。新機能が盛り沢山なのでつい試してみたくなるものの、現実に戻って現行バージョンで仕事をしなければならない。なんていうケースは少なくないと思います。そこでベータ版を含めてResolveを完全にアンインストールする方法を紹介します。
... "DaVinci Resolveのアンインストール" を続けて読む