yamaq

DaVinci Resolve17.2リリース

比較的大きめな更新が本日行われました。データベースの更新はなかったようですが、更新前にはプロジェクトやデータベースのバックアップをお勧めします。いつものようにリリースノートを翻訳しましたので、参考にしてみてください。

続きを読む »DaVinci Resolve17.2リリース

オーディオバーチャルパイプ

以前からプロ向けオーディオアプリのプラットホームとして、Macが採用されることが多いという背景がありました。ProToolsやPerformerなどは初期の頃はMacのみで使える時期もあったと記憶しています。Macには音のプロフェッショナルを満足させる環境が整っていたという安心感があったのだろうと思います。しかし、デフォルトでは十分ではないところもあります。それは現在でも変わりありません。そのひとつが、アプリや機器との接続です。この課題を解決するテクニックについて、私の経験を元にして解説します。

続きを読む »オーディオバーチャルパイプ

FCP8.0が開発中であることが判明(4月1日ネタです)

もちろんこれは、フェイクです(笑)。本日は4月1日ですので、新年度が始まります。2021年度は、きっと素敵な年度になるでしょう。きっと。

情報筋によると、Final Cut Proのバージョン8.0が開発中であることが判明したそうです。すでにバージョン7に代わる通称FCP Xが2011年6月にリリースされていますが、今年はちょうどそれから10年が経過します。にもかかわらず、いまだにFCP7を使い続けているユーザーが少数ながらも存在することと、後発のDaVinci ResolveがFCP7に代わって「これぞFCP8だ」と言われていることも少なからず影響しているかもしれません。

続きを読む »FCP8.0が開発中であることが判明(4月1日ネタです)

DaVinci Resolve17正式リリース

  • by

これまでのベータ期間を終了して、正式リリース版が出ました。すでに、ベータの後半ではお仕事で使い始めているユーザーもいたようですが、この先はある程度安心してリリース版を仕事で活用できると思います。ソフトウエアなので不具合はつきものです。しかし、バージョン17で搭載された新機能をいち早く活用することの方が、バグへの危険性よりも価値があると私は考えています。ですので、DaVinci Resolveを積極的に活用したいユーザーは是非17への更新を考えることをお勧めします。さて、というわけで、正式版が登場したのでリリースノートをGoogle翻訳を使ってまとめてみましょう。
続きを読む »DaVinci Resolve17正式リリース

動画ビューワQlipの便利な使い方

映像の仕事をしていると今やコンピュータの中での作業が大半になるので、それは言い換えればメディアファイルのハンドリングでもあります。私のようなMacユーザーでは、デフォルトで使えるQuickTimeプレーヤーでメディアファイルをビューイングしていると思います。最近はその色再現性は信頼感を取り戻しましたが、一時は非常に制作者を困らせたものでした。このような動画ビューワ、みなさんはどんなアプリをお使いでしょうか。

続きを読む »動画ビューワQlipの便利な使い方