DaVinci Resolve17正式リリース

  • by

これまでのベータ期間を終了して、正式リリース版が出ました。すでに、ベータの後半ではお仕事で使い始めているユーザーもいたようですが、この先はある程度安心してリリース版を仕事で活用できると思います。ソフトウエアなので不具合はつきものです。しかし、バージョン17で搭載された新機能をいち早く活用することの方が、バグへの危険性よりも価値があると私は考えています。ですので、DaVinci Resolveを積極的に活用したいユーザーは是非17への更新を考えることをお勧めします。さて、というわけで、正式版が登場したのでリリースノートをGoogle翻訳を使ってまとめてみましょう。
続きを読む »DaVinci Resolve17正式リリース

動画ビューワQlipの便利な使い方

映像の仕事をしていると今やコンピュータの中での作業が大半になるので、それは言い換えればメディアファイルのハンドリングでもあります。私のようなMacユーザーでは、デフォルトで使えるQuickTimeプレーヤーでメディアファイルをビューイングしていると思います。最近はその色再現性は信頼感を取り戻しましたが、一時は非常に制作者を困らせたものでした。このような動画ビューワ、みなさんはどんなアプリをお使いでしょうか。

続きを読む »動画ビューワQlipの便利な使い方

Speed Editorがやって来た

手元にやってきたBlackmagic Design社の新しいエディター向け専用キーボードSpeed Editorについて、初期のインプレッションを残しておきたいと思います。去年発売されたEditors Keyboardの弟分というか妹分の存在で、十分コンパクトなためこちらの方は気軽に持ち運びが可能です。専用の大きな「キーボードケース」は不要です。私は楽器が全くダメですが、あの肩掛けバッグを持っていると音楽家のようなアピールができて良かったのですが(笑)
続きを読む »Speed Editorがやって来た

YouTubeにアップした動画の色を転ばなくするには

これまたみなさんが困っている問題ではないかと思います。YouTubeは今や映像を公開したい人にはスタンダードな存在で、その対象はプロやアマチュアというような分類では分けることがナンセンスな状況です。公開に対する敷居も低く、幅広く自分が作った映像を見て欲しい時の一番メジャーな「場所」だと言えます。しかし、プロならば自分が作った動画の色が思ったように表示されないもどかしさを感じているかもしれません。そこで、編集中のビューワの色と、完パケをYouTubeにアップしてWebブラウザを通して見た色を近づけるテクニックを紹介します。

2020年9月11日に加筆修正して、Color Space Transformの設定を見直しました。初期の記事を参考にしている方は、ご注意ください。以前の設定よりも、カラーシフトの改善に効果が見られます。
続きを読む »YouTubeにアップした動画の色を転ばなくするには