コンテンツへスキップ

こんな名前のジャンルがあることをつい最近知りましたが、ここにはAppleのAirPodsが入るのでしょう。コードが全くなくて、耳の穴に収まる非常に小さな本体が左右一つずつのイヤホン。スマートホンやPCとの通信はBluetoothを使用する。この辺りが定義の条件ではないかと理解しています。実はAirPodsからの買い替えで家電量販店を訪れたのですが、結局購入には至りませんでした。
... "完全ワイヤレスイヤホン" を続けて読む

ネットでDockは下派か左派か、のような記事を見かけましたが、私は下派の自動的に隠す派です。これだとデフォルトのポジションで自動的に隠しているだけなのですが、そこにちょっとした隠し味を加えた設定にしています。
... "Dockポジションの好み" を続けて読む

15.2.3で打ち止めかと思っていたところ、まだその先がありました。本日バージョン15.2.4がリリースされました。ユーザーの方はリリースノートを参考にして更新を検討してみてください。今回の更新点は少なめですが、ご確認ください。
... "DaVinci Resolve15.2.4リリース" を続けて読む

DaVinci Resolveが誕生したのは、1982年フロリダ州であるとWikipediaに書かれています。日本では平成になる前の昭和57年でしたが、私はまだ二十歳前の学生でした。テレビは4:3のNTSC放送で、当然インターネットも普及する前の時代です。フロリダ州ハリウッドにあった、VTA〜Video Tape Associates社の内部で使うために開発が始まりました。制作部門を持つポストプロでしたが、現在はその姿は見当たらないようです。
歴史を辿るとDaVinci Resolveの権利はいくつもの会社を経て、その中で買収や合併、はたまた倒産など、とても劇的なところで成長を続けてきたことがわかります。幸いにもその荒波の中で姿を消すことはなく、今ではBlackmagic Design社の手に渡って、これまでの中で最も大きな進化を続けていると言えます。
... "DaVinci Resolveの歴史" を続けて読む

macOSのHigh Sierraからライブ変換は無効にしていました。便利になったということは聞いていましたが、変換時の操作に違和感があったからです。この流れはMojaveでも続いていたので、OSをクリーンインストールした時には何も考えずにライブ変換は無効にしていました。ネットで日本語変換の記事を見て、ふと思い立ってライブ変換を有効にしてみたところ...。
... "Mojaveの日本語入力" を続けて読む

先日バージョン15のファイナルバージョンかもしれない、DaVinci Resolve15.2.3がリリースされました。更新点はいつもに比べれば少なめでしたが、その中のひとつに意味深な色の表示に関する項目がありました。気になったので、確認してみました。

... "DaVinci Resolve15.2.3でのビューワの色" を続けて読む

もしかするとバージョン15の最終版になるかもしれません。去年の流れでは2月以降は新機能への更新はなく、4月に発表された15ベータの更新に注力していました。いつものようにGoogle翻訳を元にまとめましたのでご覧ください。
... "DaVinci Resolve15.2.3リリース" を続けて読む