コンテンツへスキップ

今回のリリースノートの冒頭には下記のように注意点が書かれています。

無料のDaVinci Resolve 16.1には、DaVinci Resolve 16.1 Studioと同じ高品質の処理がすべて含まれており、無制限の解像度のメディアファイルを処理できます。ただし、プロジェクトのマスタリングと出力はUltra HD解像度以下に制限されます。 DaVinci Resolve 16.1は、WindowsおよびLinuxでは単一の処理GPU、最新のMac Proでは2つのGPUのみをサポートします。

まずは無料版を使ってみて他の機能が必要になれば、その時点で有償版への切り替えを検討すると良いでしょう。
... "改めてStudio版と無料版の違い" を続けて読む

本日DaVinci Resolve最新版の16.1が正式にリリースされました。これまではベータ版での提供で、ベータ3から一ヶ月以上の時間が経過していて、今か今かと待っていた方も少なくないでしょう(笑)さっそくGoogle検索を使って日本語訳をしましたので、興味がある方は参考にしてみてください。
... "DaVinci Resolve16.1リリース" を続けて読む

発表になった頃興味があって使ってみたいと思っていましたが、日本上陸が大幅に遅れたので存在をすっかり忘れていました。先日家電量販店の店頭で実機を見かけて、予想以上にコンパクトなのと質感の良さ。そして予想よりも安価だったことで、沸々と物欲が蘇っていました。特に下調べもせずに即決して、自宅に到着したHomePodはなかなかツンデレだったわけで。
... "HomePodは好みが分かれると思う" を続けて読む

放送向け番組の編集作業が、特別なスタッフでなければならなかった理由は、VTRを再生するための電気調整が欠かせなかったからです。このために、編集マン(ウーマン)は技術的な基礎知識を身につけなければなりませんでした。その中には、派生するNTSCテレビ放送の仕組みも含まれます。当時でも器用な非技術者は少なからずいて、電気調整ができるディレクターもいました。
... "DaVinciのCutページ利用法" を続けて読む

2

本日バージョン16が正式にリリースされましたが、今回からパブリックベータ版も通期で公開するようなので、次期バージョンの16.1のリリースノートが公開になっています。いつものように日本語訳しておきましたので、参考にしていただければと思います。*のマークが付いた機能は進行中であり、最終リリースの前に変更される可能性があります。
... "DaVinci Resolve16.1リリースノートから" を続けて読む

本日DaVinci Resolveの最新版であるバージョン16がリリースされました。4月のNABで発表になった最新版で、これまでパブリックベータが公開されていましたが、この先は正式版が使えるようになりました。今回もたくさんの新機能が搭載されていますが、制作意欲を刺激してくれる機能は次のようになっています。
... "DaVinci Resolve16リリース" を続けて読む

写真などのビットマップ画像の加工は、Photoshopがデファクトスタンダードです。主婦などの非IT系なところでも「写真はフォトショで修正ね」みたいな会話も日常にあります。ベクターベースの加工では、こちらもIllustratorがデファクトになっていますね。両方ともにCreative Cloudユーザーなので私も利用可能なのですが、最近はAffinityというアプリケーションを使っていて、フォトショやイラレは起動することがなくなりつつあります。
... "Affinity製品について" を続けて読む