コンテンツへスキップ

昨日から発売開始したFUJIFILMのX-T30ですが、娘が昨日購入したため幸運にも早々に新製品を手にすることができました。Xシリーズのミドルレンジにあたる製品ですが、動画機能をメニューから確認すると、アマチュアの域を超えている印象を受けました。タイムコードのDF/NDFがあったり、フィルムシミュレーションのETERNAがあったり、そしてFlogも使えます。私はFlogは初めてなので、購入者の娘を差し置いて動画で試し撮りをしてみました。
... "初めましてFlog(修正)" を続けて読む

一人だけで動画を作る時に必要になるもののひとつに音楽があります。撮影と編集は自力で低いコストで高いクオリティが得られるようになっていますが、その延長で音の処理まで力を入れているコンテンツはそれほど多くない印象です。先日私も実験的な映像を作りましたが、音楽をどうするかで当初方法を検討しました。そして、行き着いた答えがGarageBandでした。Macの情報サイト9TO5 MacでGarabeBandについて取り上げていたのでGoogle翻訳を使って読んでみました。
... "GarageBandの生い立ち" を続けて読む

実験的な試みとして、DaVinci Resolveの解説動画をアップします。今夜の晩御飯にパスタのカルボナーラを作りたいと思ったら?イマドキの人にこんな質問をすると、半分以上の答えはYouTubeで検索する。となるのではないでしょうか。実のところ私がそうでした。体を動かして何かをするときのお手本は、文章だけでの解説に比べると動画の方が圧倒的に理解度が上がります。

これまでDaVinci Resolveの解説をたくさん文章で書いてきました。昨年はColorzをリリースして、その中で一通りの操作説明はカバーしました。今でもダウンロードが続いているようで、嬉しい限りです。近いうちにBMDから日本語のユーザーマニュアルがリリースされると言う噂も聞いていて、私ができるのは違う方向性なのかと考え始めています。今回の動画によるResolveの解説はそんな中での実験的な試みの一つです。
... "Resolveの基本的な使い方" を続けて読む

NABまでの間は、次期バージョンのベータの開発に集中するのかと予想していましたが、完全にそれは外れてしまい恥ずかしい限りです(汗)。本日の更新は昨日出た新製品や、新しいソフトウエアへの対応だと容易に想像できます。リリースノートは次のようになっています。
... "DaVinci Resolve15.3リリース" を続けて読む

昨日はユーザー会EIZOSALONの日でした。今回のテーマはBlackmagicRAWで、メーカーからゲストをお招きしてBMDのRAWファイルというのはどのようなものか、を参加者で学んできました。去年の9月、IBC開催に合わせて発表されたBRAWでしたが、現状ではURSA miniだけの対応で非常に勿体無い状況です。AppleのProResRAWも状況に大差はなく、Logが映像業界に定着した感は否めません。そこでRAWデータについて改めて考察して、今後の進化が映像制作にどのように役立つかの知識を深めたいと思います。
... "改めてRAWデータ考察" を続けて読む

Finderに搭載されているRecentsフォルダ機能。皆さんは普段から活用されているでしょうか?私は存在感すら頭の隅に追いやっているくらい、これまで積極的には使っていませんでした。確かデフォルトでは新規ウインドウで開くのは、このRecentsフォルダではなかったでしょうか。
... "Recentsフォルダをもっと活用したい" を続けて読む

こんな名前のジャンルがあることをつい最近知りましたが、ここにはAppleのAirPodsが入るのでしょう。コードが全くなくて、耳の穴に収まる非常に小さな本体が左右一つずつのイヤホン。スマートホンやPCとの通信はBluetoothを使用する。この辺りが定義の条件ではないかと理解しています。実はAirPodsからの買い替えで家電量販店を訪れたのですが、結局購入には至りませんでした。
... "完全ワイヤレスイヤホン" を続けて読む