コンテンツへスキップ

先月末に寸止めされた感が強かったMacBook Proが発表されました。一般購入者の手元に届くのは来週末以降のようですが、「上級Apple民」にはすでに実機が届けられていて、レポートも見られるようになっています。噂通りキーボードのデザインが一新されて、2016年に誤った道に進んだところがここにきて改善されるようで安心しています。そこには地味ではありますがキーボードに思い入れの強い者からすると、いくつかの改善が盛り込まれています。
... "ESCキーはCapslockとは違う" を続けて読む

さっそくバグフィックス版の一回目がリリースされました。前回からの更新以降でmacOSの更新が入りましたが、明確にサポートOSとしてmacOS Catalinaは書かれていませんが、更新点の中にCatalinaと書かれているので暫定的にサポートしていると考えて良いでしょう。私の環境では大きな不具合はなくこれまでと同じように使えています。いつものように英語でしかリリースノートがないため、Google翻訳で日本語化してまとめました。よろしかったらご覧ください。
... "DaVinci Resolve16.1.1リリース" を続けて読む

初代のAirPodsをしばらく使っていました。外出時に使うと汗や振動で外れ易くて、それが唯一の弱点で我慢の限界まで使ったのですが、断念して使用を中止した経緯があります。他の完全ワイヤレスをいくつか使ってみて、装着感は満足できたものの、総合点では自分の満足を満たしてくれる製品には巡り会っていませんでした。そんな中、今年の年末に次期モデルのAirPodsが登場すると聞いたので、実は心待ちにしていました。てっきり年末商戦で登場すると思っていたのですが、予想外に早い登場だったので勢い余って購入に至りました。
... "懲りずにAirPodsに再入門(追記)" を続けて読む

今回のリリースノートの冒頭には下記のように注意点が書かれています。

無料のDaVinci Resolve 16.1には、DaVinci Resolve 16.1 Studioと同じ高品質の処理がすべて含まれており、無制限の解像度のメディアファイルを処理できます。ただし、プロジェクトのマスタリングと出力はUltra HD解像度以下に制限されます。 DaVinci Resolve 16.1は、WindowsおよびLinuxでは単一の処理GPU、最新のMac Proでは2つのGPUのみをサポートします。

まずは無料版を使ってみて他の機能が必要になれば、その時点で有償版への切り替えを検討すると良いでしょう。
... "改めてStudio版と無料版の違い" を続けて読む

本日DaVinci Resolve最新版の16.1が正式にリリースされました。これまではベータ版での提供で、ベータ3から一ヶ月以上の時間が経過していて、今か今かと待っていた方も少なくないでしょう(笑)さっそくGoogle検索を使って日本語訳をしましたので、興味がある方は参考にしてみてください。
... "DaVinci Resolve16.1リリース" を続けて読む

発表になった頃興味があって使ってみたいと思っていましたが、日本上陸が大幅に遅れたので存在をすっかり忘れていました。先日家電量販店の店頭で実機を見かけて、予想以上にコンパクトなのと質感の良さ。そして予想よりも安価だったことで、沸々と物欲が蘇っていました。特に下調べもせずに即決して、自宅に到着したHomePodはなかなかツンデレだったわけで。
... "HomePodは好みが分かれると思う" を続けて読む

放送向け番組の編集作業が、特別なスタッフでなければならなかった理由は、VTRを再生するための電気調整が欠かせなかったからです。このために、編集マン(ウーマン)は技術的な基礎知識を身につけなければなりませんでした。その中には、派生するNTSCテレビ放送の仕組みも含まれます。当時でも器用な非技術者は少なからずいて、電気調整ができるディレクターもいました。
... "DaVinciのCutページ利用法" を続けて読む