コンテンツへスキップ


これは以前のモデルからずっと変わっておらず、またREALFORCEでも同様なのですが、対応機種にMacintoshが記載されていません。しかし、余程の事情がない限りは大抵のキーボードやマウスのようなインプットデバイスは、Windows環境で使えるのであればMacでも使えるはずです。Macでだけ使えないと言う話は聞いたことがありません。ただし、一部の機能キーに関しては部分的に再設定が必要なことはあります。接続するだけで何も考えずに使用可能になるわけではないので、初心者の方にはその点が心配になるかもしれません。
... "Majestouch MINILAはMacでも使えます" を続けて読む

日本ではHHKBがコンパクトキーボードの代名詞になっていますが、海外では60%キーボードというジャンルが確立されています。テンキーが右側に配置されてキーの数が100個以上で構成されているタイプが100%とすると、これの6割程度の大きさのキーボードという意味です。MacBook ProがSML3サイズ構成だった頃、Sサイズは日本でしか流行らないと言われていました。しかし、キーボードマニア界隈では、コンパクトのニーズや嗜好が一定数あるようです。
... "60%キーボードの世界" を続けて読む

HHKBからキーボードを新調しました。選んだモデルはFILCOブランドで知られているダイヤテックのMajestouchシリーズです。iMacやMac Proのような据え置きタイプと一緒に使うために、以前はフルサイズのモデルを使ったことがありました。今回はテンキーがなくて最小限のキー構成でコンパクトを追求したモデルMINILAにしました。
... "Majestouch MINIILA Air US67赤軸を購入" を続けて読む

今日から新しい元号令和が始まりました。発表時に令和の二文字を見た時は、正直言って重厚感がなくしっくりきませんでしたが、ここ一ヶ月の間で頻繁に目にすると徐々に定着してくるから不思議です。私の令和へのイメージは、冷たい印象はあるもののスッキリしていて無駄が無い凛とした二文字です。

さて元号は暦で使われますので、コンピュータのカレンダーでも無関係ではありません。しかし、洋物であるコンピュータの暦は西暦で表示されます。macOSではカレンダーで元号は表示されませんが、一部で令和に非対応な様子が確認できます。
... "macOSではまだ平成のまま" を続けて読む


4月になってNABで次期バージョンのResolve16ベータが公開になりましたが、これまでも多分この先も最新バージョンだけを使うことがBMD推奨だと思います。更新されたらユーザー自身でアップデートして、なるべく最新バージョンを使ってくださいというのが公式見解でしょう。

しかし、特にベータ期間では安定版の15.3.1も仕事では使いたいところです。世の中の大半のResolveユーザーは、無理やりベータに更新して仕事もこれでがんばる。ベータはインストールせずに情報だけを収集する。このどちらかではないでしょうか?そこで非公式ではありますが、複数バージョンのResolveを共存させて好きなバージョンを使い分ける方法を公開します。

蛇足ながらこのテクニックはプロジェクトデータがロストする危険を伴うので、自己責任で実行できる方だけ試してみてください。手順はなるべくわかりやすく解説するつもりですが、簡単なターミナルの使い方がわかるくらいが対象者になります。とは言っても、怪しくて胡散臭いダークなことをやるのではありません。

このエントリーは、公開後大きく修正しています。現時点(2019年4月19日16時45分)が最新版です。以前にダウンロードした方は、挙動が変わっているので別のバージョンを追加でインストールする際にうまく動かない可能性があります。その場合は、お手数ですが、全てのResolveを削除してから新規にインストールする必要があります。ご面倒をおかけしますが、ご理解願います。
... "複数バージョンのResolveを切り替えて使う(修正)" を続けて読む

例年通り大量のリリースノート項目になりますが、Google翻訳を使って日本語訳しました。新機能を俯瞰する際に参考にしてみてください。
... "DaVinci Resolve16リリースノート日本語訳" を続けて読む

2


Blackmagic Designは本日、次期バージョンのDaVinci Resolve16を発表して、同時にパブリックベータ版を全世界にリリースしました。現地発表会はリアルタイムでストリーミング配信されましたが、迂闊にも私は時間を間違ってしまい、リアルタイムで見ることを逃してしまいました(汗)。CEOのグラントさんのプレゼンテーションも必見ではありますが、Resolveだけの新機能紹介の動画もあるのでResolveファンの方はそちらこそ必見です。それを見た印象を私の個人的な初見として残しておきたいと思います。
... "私の初見DaVinci Resolve16" を続けて読む