コンテンツへスキップ

今日から横浜でCP+がはじまりました。正直言って今年のCP+は自発的に予定は入れていなかったのですが、お誘いをもらったので行ってみるか、程度のノリでした。最近写真の方も情報をwatchしていなかったので、動向にも着いていけていなかったし...。会場ではFujifilmのブースにだけは行くことを決めていましたが、行ってみると身体の中の血液の温度が少し上がることを自覚できました。その理由は...。
... "CP+でFujifilmのヤル気を感じた" を続けて読む

3月22日(木)に、半蔵門のシステムファイブさんで、カラーグレーディングのワークショップを開催することになりました。毎月開催しているBMD認定のトレーニングコースを、もう一歩内容を深めることを目的としたトレーニングコースです。
... "3月のワークショップのお知らせ" を続けて読む

インターネットが登場した頃から、ユーザー名とパスワードは各所で必要になってしまったので、同じ組み合わせを多用していることが多いのではないでしょうか。実を言うと私はつい最近までそうでした(汗)。面倒なのは定期的にパスワードを変更するように促されるサイトです。これまではなんとかやりくりしていましたが、もう限界だと諦めて別の方法で管理するようにしました。
... "パスワードの管理" を続けて読む

MacBook ProやiMacのような一体型Macのディスプレイを調整するためのユーティリティ、Brivalをバージョン2.2.3に更新しました。今回の更新で開発言語はSwift4対応となりました。また、ユーザーからいただいていたブライトネス値のプリセットを使用できるよう機能追加しました。
... "Brivalを更新しました" を続けて読む

MacBook ProやiMacで、それなりにキャリブレーションを実行して自分の手でベターなモニタリング環境を維持しようと考えるユーザーが、今後徐々に増えていくと予想しています。この背景には、低予算の中でもブロードキャストクオリティをパスしているような制作物を望まれることが増えるからです。
... "モニターの輝度調整" を続けて読む

4

Mac OS XからmacOSに至るまで、バージョン10.0から10.13.3までずっと使ってきていますが、今回バージョン10.13.3から10.12.6にバージョンダウンしました。これまでこんなことはやったことはなく、初めての経験です。自分で言うのもなんですが、私はApple信者を自認しているので、Appleの製品は最新版を使うことと決めていました。
... "不本意ながら10.12.6に戻す" を続けて読む

DaVinci Resolveの14.3がリリースされました。カメラやそのRAW形式への不具合対応や新機能が追加されています。それに加えて少しのバグフィックスもリストに含まれています。リリースノートを日本語翻訳をしましたので参考になさってください。

macOS10.13.3で読み込めなかったREDのR3Dの問題が解決されているようです。
... "DaVinci Resolve14.3リリース" を続けて読む