コンテンツへスキップ

直近の15インチモデルと先日発表になった16インチのMacBook Proの比較記事を読んでみました。客観的に書かれていてとても参考になりました。ありがとうございます。詳しくはリンク先をご覧いただくとして、16インチモデルはどんなユーザーに向いているかを実機を手にする前でフライングではありますが、書いてみます。
... "MacBook Pro15と16の比較" を続けて読む

写真などのビットマップ画像の加工は、Photoshopがデファクトスタンダードです。主婦などの非IT系なところでも「写真はフォトショで修正ね」みたいな会話も日常にあります。ベクターベースの加工では、こちらもIllustratorがデファクトになっていますね。両方ともにCreative Cloudユーザーなので私も利用可能なのですが、最近はAffinityというアプリケーションを使っていて、フォトショやイラレは起動することがなくなりつつあります。
... "Affinity製品について" を続けて読む

2

早ければ6月のWWDCで発表になるかもしれないと、一部で期待されている次期モデルのMac Pro。その姿が見えたとしても、発売されて私たちの手元に届くには、まだまだ時間はかかると私は見ています。現状のモデルは全く拡張性を排除して、この点がパワーユーザーには非常に不評でした。そこを克服した仕様になるのは間違い無いですが、そうなったら万事が丸く収まるとはいかないでしょう。
... "Mac Proはサードパーティで良いのでは?" を続けて読む


これは以前のモデルからずっと変わっておらず、またREALFORCEでも同様なのですが、対応機種にMacintoshが記載されていません。しかし、余程の事情がない限りは大抵のキーボードやマウスのようなインプットデバイスは、Windows環境で使えるのであればMacでも使えるはずです。Macでだけ使えないと言う話は聞いたことがありません。ただし、一部の機能キーに関しては部分的に再設定が必要なことはあります。接続するだけで何も考えずに使用可能になるわけではないので、初心者の方にはその点が心配になるかもしれません。
... "Majestouch MINILAはMacでも使えます" を続けて読む

今日から新しい元号令和が始まりました。発表時に令和の二文字を見た時は、正直言って重厚感がなくしっくりきませんでしたが、ここ一ヶ月の間で頻繁に目にすると徐々に定着してくるから不思議です。私の令和へのイメージは、冷たい印象はあるもののスッキリしていて無駄が無い凛とした二文字です。

さて元号は暦で使われますので、コンピュータのカレンダーでも無関係ではありません。しかし、洋物であるコンピュータの暦は西暦で表示されます。macOSではカレンダーで元号は表示されませんが、一部で令和に非対応な様子が確認できます。
... "macOSではまだ平成のまま" を続けて読む

一人だけで動画を作る時に必要になるもののひとつに音楽があります。撮影と編集は自力で低いコストで高いクオリティが得られるようになっていますが、その延長で音の処理まで力を入れているコンテンツはそれほど多くない印象です。先日私も実験的な映像を作りましたが、音楽をどうするかで当初方法を検討しました。そして、行き着いた答えがGarageBandでした。Macの情報サイト9TO5 MacでGarabeBandについて取り上げていたのでGoogle翻訳を使って読んでみました。
... "GarageBandの生い立ち" を続けて読む

Finderに搭載されているRecentsフォルダ機能。皆さんは普段から活用されているでしょうか?私は存在感すら頭の隅に追いやっているくらい、これまで積極的には使っていませんでした。確かデフォルトでは新規ウインドウで開くのは、このRecentsフォルダではなかったでしょうか。
... "Recentsフォルダをもっと活用したい" を続けて読む