コンテンツへスキップ

先月末に寸止めされた感が強かったMacBook Proが発表されました。一般購入者の手元に届くのは来週末以降のようですが、「上級Apple民」にはすでに実機が届けられていて、レポートも見られるようになっています。噂通りキーボードのデザインが一新されて、2016年に誤った道に進んだところがここにきて改善されるようで安心しています。そこには地味ではありますがキーボードに思い入れの強い者からすると、いくつかの改善が盛り込まれています。
... "ESCキーはCapslockとは違う" を続けて読む

初代のAirPodsをしばらく使っていました。外出時に使うと汗や振動で外れ易くて、それが唯一の弱点で我慢の限界まで使ったのですが、断念して使用を中止した経緯があります。他の完全ワイヤレスをいくつか使ってみて、装着感は満足できたものの、総合点では自分の満足を満たしてくれる製品には巡り会っていませんでした。そんな中、今年の年末に次期モデルのAirPodsが登場すると聞いたので、実は心待ちにしていました。てっきり年末商戦で登場すると思っていたのですが、予想外に早い登場だったので勢い余って購入に至りました。
... "懲りずにAirPodsに再入門(追記)" を続けて読む

発表になった頃興味があって使ってみたいと思っていましたが、日本上陸が大幅に遅れたので存在をすっかり忘れていました。先日家電量販店の店頭で実機を見かけて、予想以上にコンパクトなのと質感の良さ。そして予想よりも安価だったことで、沸々と物欲が蘇っていました。特に下調べもせずに即決して、自宅に到着したHomePodはなかなかツンデレだったわけで。
... "HomePodは好みが分かれると思う" を続けて読む

WWDCではハードウエアの発表は優先順位が低いという先入観があるので、新しいMac Proがこの時点で発表されたのはとても意外に感じました。通称ゴミ箱Macがとても不評なので、次にどんなモデルが登場するかが注目されて来たわけですが、Mac Proがとてもオーソドックスなコンピュータになりそうなので、私の中ではまずは安心したことは事実です。しかし、じゃあこれをどうして2013年の時点で製品化しなかったのか、へのAppleの回答が見えません。結果的に拡張性がある程度期待できるプロ向けのカテゴリのMacが出てくることが見えて来たことは高評価ではあるものの、Appleらしさがその独特な外装でしか見えてこない点が個人的には大いに不満です。
... "Mac Pro2019を評価できない理由" を続けて読む

2

早ければ6月のWWDCで発表になるかもしれないと、一部で期待されている次期モデルのMac Pro。その姿が見えたとしても、発売されて私たちの手元に届くには、まだまだ時間はかかると私は見ています。現状のモデルは全く拡張性を排除して、この点がパワーユーザーには非常に不評でした。そこを克服した仕様になるのは間違い無いですが、そうなったら万事が丸く収まるとはいかないでしょう。
... "Mac Proはサードパーティで良いのでは?" を続けて読む

今日から新しい元号令和が始まりました。発表時に令和の二文字を見た時は、正直言って重厚感がなくしっくりきませんでしたが、ここ一ヶ月の間で頻繁に目にすると徐々に定着してくるから不思議です。私の令和へのイメージは、冷たい印象はあるもののスッキリしていて無駄が無い凛とした二文字です。

さて元号は暦で使われますので、コンピュータのカレンダーでも無関係ではありません。しかし、洋物であるコンピュータの暦は西暦で表示されます。macOSではカレンダーで元号は表示されませんが、一部で令和に非対応な様子が確認できます。
... "macOSではまだ平成のまま" を続けて読む


4月になってNABで次期バージョンのResolve16ベータが公開になりましたが、これまでも多分この先も最新バージョンだけを使うことがBMD推奨だと思います。更新されたらユーザー自身でアップデートして、なるべく最新バージョンを使ってくださいというのが公式見解でしょう。

しかし、特にベータ期間では安定版の15.3.1も仕事では使いたいところです。世の中の大半のResolveユーザーは、無理やりベータに更新して仕事もこれでがんばる。ベータはインストールせずに情報だけを収集する。このどちらかではないでしょうか?そこで非公式ではありますが、複数バージョンのResolveを共存させて好きなバージョンを使い分ける方法を公開します。

蛇足ながらこのテクニックはプロジェクトデータがロストする危険を伴うので、自己責任で実行できる方だけ試してみてください。手順はなるべくわかりやすく解説するつもりですが、簡単なターミナルの使い方がわかるくらいが対象者になります。とは言っても、怪しくて胡散臭いダークなことをやるのではありません。

このエントリーは、公開後大きく修正しています。現時点(2019年4月19日16時45分)が最新版です。以前にダウンロードした方は、挙動が変わっているので別のバージョンを追加でインストールする際にうまく動かない可能性があります。その場合は、お手数ですが、全てのResolveを削除してから新規にインストールする必要があります。ご面倒をおかけしますが、ご理解願います。
... "複数バージョンのResolveを切り替えて使う(修正)" を続けて読む