コンテンツへスキップ

BMDが製作しているバージョン12.5の日本語マニュアルは、去年の3月にリリースでした。バージョン14の日本語マニュアルも、首を長くして待っている方が少なくないと思います。なんせ、Resolveの日本語で読める資料が少ないのが現状ですので。
... "DaVinci Resolve14日本語マニュアル" を続けて読む

3月22日(木)に、半蔵門のシステムファイブさんで、カラーグレーディングのワークショップを開催することになりました。毎月開催しているBMD認定のトレーニングコースを、もう一歩内容を深めることを目的としたトレーニングコースです。
... "3月のワークショップのお知らせ" を続けて読む

MacBook ProやiMacのような一体型Macのディスプレイを調整するためのユーティリティ、Brivalをバージョン2.2.3に更新しました。今回の更新で開発言語はSwift4対応となりました。また、ユーザーからいただいていたブライトネス値のプリセットを使用できるよう機能追加しました。
... "Brivalを更新しました" を続けて読む

MacBook ProやiMacで、それなりにキャリブレーションを実行して自分の手でベターなモニタリング環境を維持しようと考えるユーザーが、今後徐々に増えていくと予想しています。この背景には、低予算の中でもブロードキャストクオリティをパスしているような制作物を望まれることが増えるからです。
... "モニターの輝度調整" を続けて読む

FilmLight社のセミナーがテクノハウスさんで開催してたので参加してきました。テーマはLUTです。最近現場に定着してきたと感じていたので、自分にとってはとてもタイムリーな話題です。それと、FilmLightの松井さんが講師をされるので、どのように解説されるかも注目点。
... "Prelightを試用してみた" を続けて読む

一つ前のエントリーで紹介した、DaVinci Resolveでメディアファイルのトリミングができるという話題ですが、通常のトランスコードで出力したものと、トリミングをしたものの違いをどうやって調べたかを紹介しておきましょう。
... "二つの映像の比較" を続けて読む

Consolidate機能とは、Avidではだいぶ前から持っていたと記憶してますが、上手に活用すると今後の4k高解像度時代では幸せになれると思っています。Consolodateを辞書で引くと、(権力などを)固める、強固にする。統合する、というような意味を持っていると書かれています。メディアファイルでは、IN/OUTを付けた部分だけを再エンコードせずに書き出すことを意味します。
... "DaVinci ResolveのConsolidate機能" を続けて読む