映像技術

タイムコード計算機

  • by

すでにお知らせしているように、動画ビューワを静かにリリースしましたが、実はここに至るための伏線がありました。それがタイムコード計算機です。ソフトウエアを作るにはプログラミングの知識とそれを活用するためのテクニックが必要ですが、初心者が試しに作るのが電卓アプリです。私も入門編としてSwiftで挑戦しました。
続きを読む »タイムコード計算機

動画ビューワをリリースしました(追記)

先日yamaqblogでお知らせした、動画ビューワをリリースしました。対応コーデックが少ない点が当初最も気になっていましたが、そこは将来へポジティブに先送りして、早めにリリースしようと考えを変更しました。その後、何人かの方達にご意見を伺えて、自分では想像していなかった機能の要望もあってそれらを少し加えています。
続きを読む »動画ビューワをリリースしました(追記)

動画ビューワを試作中(修正)

以前QuickTime7プレーヤーはオワコンになったことを書きましたが、その際にまだ完全に捨てきれない事情があることをコメントで教えてもらいました。私が最近使っている動画ビューワは、mpvなのですがこれとて完全ではありません。対応コーデックは数多いものの、メタデータの表示が未対応という大きな欠点がありまあす。そこでこの課題を解決すべく自力でビューワの開発を進めています。
続きを読む »動画ビューワを試作中(修正)

お疲れ様QuickTime Player7

macOSのクリーンインストールの際に、「QT7Playerは入れといてください」とリクエストを受けることが、今でも一定の数で残っています。すでに入手できなくなっているので、私が以前コピーしておいたものを置いてくるのですが、ライセンス的にはグレーなところもあるので気持ち良くありません。もっと気持ち良く無いのは、すでにFCP7と同様過去のツールだということです。Mojaveではまだ動くそうですが、次期macOSでは起動しなくなるそうです。
続きを読む »お疲れ様QuickTime Player7

色調整その前に

DaVinci Resolveでカラーコレクションの基礎を学びたいと希望する映像関係者は、微増ではありますが以前に比べれば増えてきていると感じます。去年からDaVinci Resolveのトレーニングコースで講師を務めるようになって、何回も講習を重ねてきました。その中で常に感じていたことがあります。それはプライマリーやセカンダリーのカラーコレクションの基礎知識を学ぶことと同じくらいに、モニターとソフトウエアのセッティングにも気を配るべきだということです。せっかく操作方法を学んでも、環境がまずければせっかく時間を費やしたルックも世に出せないものになります。
続きを読む »色調整その前に

Resolve日本語解説書を公開します(修正)

DaVinci Resolveの使い方を一歩踏み込んで理解していただくために、今年の春くらいにプライベート向けにColorzというPDFを製作していました。主に私が企画した有償セミナーで配布していました。ページ数は更新を重ねるたびに増えて行って、現在では266ページになっています。現状では公式の日本語マニュアルは、一つ前のバージョンの12.5を対象としたものに留まっています。Colorzはバージョン14.3.1までをカバーしています。間も無く次期バージョン15がリリースされます。それに向けて、Colorzも一般公開することにしました。
続きを読む »Resolve日本語解説書を公開します(修正)

MacとGPU

macOS10.13.4から正式に外部接続のGPUがサポートされました。残念なことに私のMacBook ProのOSは10.12.6に落としているので、拡張ボックスが手元にあっても試すことはできません。にもかかわらず、Razer Core X
を購入してしまうという矛盾。人生とは矛盾だらけです。
続きを読む »MacとGPU