コンテンツへスキップ

Mac Proはサードパーティで良いのでは?

早ければ6月のWWDCで発表になるかもしれないと、一部で期待されている次期モデルのMac Pro。その姿が見えたとしても、発売されて私たちの手元に届くには、まだまだ時間はかかると私は見ています。現状のモデルは全く拡張性を排除して、この点がパワーユーザーには非常に不評でした。そこを克服した仕様になるのは間違い無いですが、そうなったら万事が丸く収まるとはいかないでしょう。

Mac Proへの期待感

同じMacintoshとは言っても、Mac ProはMacBook AirやiMacに求められるスペックとは違うことが望まれていると思います。唯一他とは違うことが求められるMacなのです。それは拡張性です。拡張することによって、素のMac Proよりも何倍もパワフルにできることが望まれています。

パワーユーザーに必要なものは

例えばDaVinci Resolveで強力なスペックに拡張したい時、何が満たされていれば良いでしょう。第一に複数枚のGPUが自由に追加できること。ディスプレイが高品質なモデルが選べること。そして、ストレージのI/OがThunderbolt以外も使えること。このあたりでしょうか。この構成では、Mac以外のハードウエアはAppleではない製品が大半です。この時に必要で欠かせないのは、パワフルなハードウエアとmacOSなのです。

次期モデルのMac Proが拡張性を持っていたとしても、リリース後にも製品として進化し続けられるかが本当に問われるとことです。この点をしっかりと満たしてくれるとは、残念ながら私には期待できません。

Macに必要なのはmacOS

パワフルなユーザーに必要なのは処理能力であり、それを融合させるmacOSなのだというのが私の結論です。DaVinci ResolveのWindows版を使わない最大の理由はmacOSではないからで、ProRes書き出しができない点が最大の欠点ではないのです。もちろんProRes問題は小さな問題では無いですが。

Appleが苦しかった昔に互換機が販売されていた時期がありましたが、今後のMac Proを真剣に考える上で、改めてサードパーティにMacを製造させることも考えてみてはどうかと私は考えます。

1 thought on “Mac Proはサードパーティで良いのでは?

  1. SASAZAKI

    同感です。
    当方では、8kをやるために新MacProを待ちきれず、止むを得ず先日遂にWindowsも導入しました。長いことこの仕事をMacで続けていますが、初です。結構「断腸の思い」です(^^;
    しかしやってみてわかったのは、WindowsPCは自分で望んだスペックの部品を集めて、必要なところだけスゴいスペックを持たせたり、要らないものは別に付けなかったりなど、とても自由でした。コストも圧倒的に安い。
    かつてMacは「これで充分」という感じでレガシーなI/Oをバサッと廃し、颯爽と新I/Oだけ付けてきたり、そしてそれが的を射ていたものだったので、使う方もスパッと新しいことに臨めました。今のMacProもTBを6つも付けて「これで充分でしょ」といった顔をしています。まあ...そうかもな、TBで色々充実した外装品が使えるようになるんだよね、と自分に言い聞かせて導入して早6年..。DaVinciやPremiereProと相性の悪い内臓グラフィックボードをNVIDIAに取り替えることも出来ず、結局GPUを使うレンダリングは別のiMacなどでやるしかなく、など我慢に我慢を強いられましたねえ。
    なので、今回Windowsを構築してみたのは非常に新鮮な思いでもありました。作りながら、また起動して操作などもして、ジョブスの描いた理想とは程遠いような、いわゆる「マックファンとしては許せない」部分も沢山感じつつ(笑)。
    でも、やっと、「仕事に必要なスペックを充足したマシン」が出来たんです。Appleにはこれ、今無いんです。
    6月に発表と噂されるMacProも、yamaqさんのおっしゃるように、この辺りを満足させる仕様ではなかろうなあ..と、想像してしまいます。
    作り上げたWindowsマシンは、するすると気持ちよく高解像度動画が動きます。今のMacProには出来ないことです。
    ブラウザなどを立ち上げるたびに、あのギザギザしたフォントが、なんだか自分を責めさせます(Macユーザーならわかっていただける感情w)。
    で、やはり思った結論は、互換機の許可ですね。このスペックをmacOSで扱いたい、と切に思います。MacのGUIはやっぱり優秀です。各設定などへのアプローチもユーザーフレンドリーな気がします。OSは優秀なんです。もちろんProRes問題という大問題もそれで解決でしょうし(^^;
    それと自作も認めて欲しいものです。今回の「こんなに自由なのか!」という感じは結構捨て難く感じました。「これがmacOSだったらなあ」とずっと呟きながら作っていました(笑)。
    おそらくMacは使い続けると思いますが、最高位に位置する環境を作ることが絶対に出来ない、という状態が続くのならば、「主役」の座からは今は降りてもらうしか無い、という悲しい選択でした。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。