コンテンツへスキップ

Majestouch MINILAはMacでも使えます


これは以前のモデルからずっと変わっておらず、またREALFORCEでも同様なのですが、対応機種にMacintoshが記載されていません。しかし、余程の事情がない限りは大抵のキーボードやマウスのようなインプットデバイスは、Windows環境で使えるのであればMacでも使えるはずです。Macでだけ使えないと言う話は聞いたことがありません。ただし、一部の機能キーに関しては部分的に再設定が必要なことはあります。接続するだけで何も考えずに使用可能になるわけではないので、初心者の方にはその点が心配になるかもしれません。

Macにキーボードを接続する際の初期設定

Windows用キーボードには、WindowsキーというWindowsロゴやWinと刻印されたキーが、スペースバーの左あたりに備えられていることが多いと思います。システム環境設定を開いてキーボードに進むと、CommandやControl、Optionなどの修飾キーを割り当て変更できる機能があります。CapsLockもここからControlに変更できます。これさえ済ませておけば、Macで多用するCommandキーがWinキーで代用できるようになります。

カスタマイズマニアはKarabinerを使う

キーボードは好みの個人差が大きいので、自分の使い方にあったカスタマイズは積極的に検討されると良いです。Macでは安定して使えて、多機能で、設定のテンプレートが多数公開されているKarabinerがお勧めです。元々はノート型のMacBookシリーズ向けに開発されてきましたが、今やMac全般で安心して使えるキーボードカスタマイズツールとしてNo.1の地位と言っていいと思います。これを使えば大抵の設定変更はできますが、私が思いつくところでは下記のようなことができます。

  • AとZを入れ替えるような、単純なキーアサインの変更。
  • CommandをControlへのような、修飾キーの変更。これはシステム環境設定でセットするのと同じことが可能です。
  • 外部キーボードやマウスを接続した際に、MacBook内蔵のキーボードやトラックパッドを無効にできる。
  • 設定を複数プロファイルとして作成しておいて、外部コマンドから切り替えられる。イベントを検知してHammerspoonから切り替えできます。
  • マウスののクリックやスクロールをキー入力などにアサインできる。

リストしていけば無限に挙げられますが(笑)、無料で使えるのでまだお使いでなければ試されるとこれまで苦労していたことがスッキリできるかもしれません。

メーカー開発者の方への要望

Macintoshへの正式対応は望まないので、キートップだけを別売りで販売して欲しいです。やはり、「Win」と書かれた刻印をCommandキーに割り当てて使うのは技術的には問題はないものの、内心不本意なところがあります。Command、Option、BS、ReturnなどのMac固有の刻印だけの限定したキートップキットがあればすぐにでも買いたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。