コンテンツへスキップ

Majestouch MINIILA Air US67赤軸を購入

HHKBからキーボードを新調しました。選んだモデルはFILCOブランドで知られているダイヤテックのMajestouchシリーズです。iMacやMac Proのような据え置きタイプと一緒に使うために、以前はフルサイズのモデルを使ったことがありました。今回はテンキーがなくて最小限のキー構成でコンパクトを追求したモデルMINILAにしました。

一日使ってみた長所と短所

キーボードは毎日頻繁に手にするデバイスなので評価には時間はかかりますが、1日使った第一印象を残しておきます。まずは短所から。購入前から心配だったのが、スペースバーの両側にあるFnキーです。JIS配列が嫌いな理由の一つが、スペースバーが狭くて両側にある日本語変換のための二つのキーでした。スペースバーと二つのFnキーは他のキーとは異なり、キートップが緩やかに膨らんでいます。両手をホームポジションに置いて指が触れると、微妙に他のキーとは感触が違うので、慣れてくればこの違いがFnキーを押す際の目安になるのかもしれません。使い始めると時々スペースバーやCommandキーと間違って押すことがあるので、早めに慣れなければなりません。短所と言うほどの欠点ではないのですが、すんなりと移行できていません。

短所は他には感じないのですが、Bluetoothのペアリングを実行する際には本体背面のスイッチをシャープペンシルのようなもので押し込むのですが、もう一つの方法として複数のキーボードのコンビネーションでも可能とマニュアルには書かれていました。ControlとAltとFnキーと書かれていましたが、それが反応しませんでした。初期不良かと思ったのですが、背面のスイッチを押せば動作したので、原因はまだ特定できていません。

長所はすでに色々感じています。まず、キートップの白い刻印です。私は文字入力の際はブラインドタッチができないので、どうしても手元をチラチラ見ることになります。日中や電灯が明るい場合は問題ありませんが、夜間暗がりで使う場合にはこれがとても役に立ちました。MacBook Proからの明るさだけでも十分に刻印が識別できるデザインになっています。

今回は赤軸を選択

以前はあまり深く考えずに茶軸にしていたので、キーを押し込んだ際のメカニカルな接点が接触するチャカチャカ音がありました。赤軸は接点が触れる金属音がないので、打鍵音はHHKB的な聞こえ方をします。黒軸もこの方向性なのですが、押し込みに必要な力がもっと重たいので、指先が疲れるのではないかと思って、黒軸よりも軽めな赤軸にしました。今の所はこの判断は正しかったようで、打鍵感はHHKBの延長で使えています。キーはCherry製ということで無接点ではないので、経年劣化はHHKBよりは強く出てくると思われます。この点に関しては最近考え方が変わってきていて、HHKBとは言っても3年も使い続ければ、経年劣化は出るのです。一生モノというわけには行かず、いつかは買い替えは必要になります。静電容量無接点方式でも、パーフェクトではないと考えています。

重厚感が高い製品

以前のFILCOのキーボードでは感じませんでしたが、MINILAではとても重厚感を感じます。重量感があるので、私のように毎日MacBook Proとともにバッグに入れて持ち歩く人には少なからず負担はあるかもしれません。HHKBの520gに対して、MINILAは680gあります。この重厚感はネガティブではなく、多少のことではテーブルの上で滑らない安定感につながります。私にとっては重量よりも奥行きがHHKBよりも1cmほど深いので、MacBook Proのトラックパッド部に置いた際に少しだけキーボードに覆いかぶさるのが気に入らないところです。

初日の検閲はクリア

店頭で購入前にじっくりと触れてきたのですが、自分の普段の環境で使うと気づかなかった違和感があるかもしれません。これのために購入後すぐに私の元から旅立っていったキーボードが過去に何台もありました(汗)。今回は初日の検閲は無事にクリアして、新しい私の道具の中に組み込まれそうです。

MINILAは実は新製品ではなく、すでに発売が始まってから何年も経過している製品です。購入したビックカメラでは販売終了のモデルもあるくらいです。もしかすると後継機種が近日登場する心配はありますが、今の所はHHKBに変わってMacBook Proと仲良くやっていけそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。