コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve16リリースノート日本語訳

例年通り大量のリリースノート項目になりますが、Google翻訳を使って日本語訳しました。新機能を俯瞰する際に参考にしてみてください。

データベース管理に関する重要な情報

DaVinci Resolve 16では、DaVinci Resolve 15.3.1以前のバージョンからデータベースをアップグレードする必要があります。アップグレードを実行する前に、既存のデータベース(DiskDBとPostgreSQLの両方)をバックアップすることを強くお勧めします。

主な新機能

  • 全く新しいCutページの追加
  • DaVinci Resolveエディタキーボードのサポート
  • 非常に高速なFusion処理による複数のパフォーマンスの向上
  • コラボレーションワークフローの改善(DaVinci Resolve Studio)
  • DaVinci Resolve StudioのDaVinciニューラルエンジンを搭載したスピードワープモーションエスティメーション
  • 同じプロジェクト内のタイムラインレベルの解像度、フレームレート、拡大縮小およびモニター設定
  • YouTubeとVimeoに直接アップロードする機能
  • すべてのページからすばやくレンダリングを実行するためのクイックエクスポート機能
  • さまざまなタイムラインクリップの上にフィルタ、エフェクト、グレードを適用するための調整クリップ
  • メディアのインポート、直接アップロード、マーカーとコメントの同期をサポートするFrame.io統合(DaVinci Resolve Studio)
  • 大幅に改善されたGPUによりリアルタイム表示できるスコープ機能
  • Dolby Atmos、Auro-3D、MPEG-H、SMPTE ST 2098を含む初期の没入型3Dオーディオサポート(DaVinci Resolve Studio)
  • Blackmagic DesignサポートWebサイトからDaVinci Resolveで使用できる無料のフォーリーサウンドエフェクトライブラリ

Cutページ

  • タイムライン上の任意の場所をすばやくナビゲートまたは編集する機能を備えたデュアルタイムライン
  • ソーステープモードを使用して複数のメディアプールクリップを一連のショットとしてプレビューする機能
  • フレーム精度のトリミングを可能にするビューアの専用トリムツール
  • 適応プレビュー速度を備えた高速レビューモードで映像を素早くレビュー
  • 編集ポイントへの再生ヘッドの近接度に基づくインテリジェントな編集動作
  • 専用の編集ボタンとトランジションボタン
  • 変換、音声、テキスト、効果などのコンテキスト固有のアクション用のコンパクトビューアコントロール
  • すべてのDaVinci Resolveトランジション、エフェクト、Fusionタイトルテンプレートにアクセスして編集する機能
  • 複数のメディアプールのソートと表示モード。新しいフィルムストリップモードとサムネイル付きの新しいリストモードを含む
  • 動画をエクスポートおよび共有するためのクイックエクスポートオプションへの簡単なアクセス

パフォーマンス向上

  • コンテンツを変更せずにクリップをより高速にレンダリングするためのビデオの本質を維持するためのユーザー選択
  • エフェクトライブラリのタイトルテンプレートによる再生パフォーマンスの向上
  • Fusionの再生パフォーマンスが向上
  • Fusion compsを使ったクリップのキャッシングパフォーマンスの向上
  • Fusionエフェクトを使ったクリップの3Dエンジンパフォーマンスの向上
  • キャッシュされたエフェクトでFusionクリップを再生するときのパフォーマンスが向上
  • GPUで高速化したスコープのサポートによるパフォーマンスの向上
  • DaVinci Resolve StudioのDaVinci Neural Engineを使用したスーパースケールアルゴリズムのパフォーマンス向上
  • 単一のNVIDIA GPUを搭載したLinuxシステムでの再生パフォーマンスの向上

コラボレーション機能(DaVinci Resolve Studio)

  • コラボレーションプロジェクト用のシステムごとのレンダリングキャッシュ
  • コラボレーションプロジェクトのColorページでマーカーを作成および変更する機能
  • コラボレーションプロジェクトのためにColorページからクリップメタデータとフラグを修正する能力
  • コラボレーションプロジェクトのColorページからクリップの色を表示および変更する機能
  • コラボレーションプロジェクトを読み取り専用モードでロードする機能
  • コラボレーションプロジェクトでのドルビービジョンとHDR10 +のサポート
  • メディアのインポート、直接アップロード、マーカーとコメントの同期をサポートするFrame.ioの統合
  • コラボレーションシステムごとに出力およびモニター設定を上書きする機能
  • 非コラボレーションプロジェクトを現在使用しているユーザーのマシンとIPアドレスを確認する機能
  • 特定の色のフラグやマーカーを表示または非表示にするオプション
  • 色でマーカーとフラグを削除する能力

Editページ

  • DaVinciニューラルエンジンを搭載したスピードワープモーション推定(DaVinci Resolve Studio)
  • 同じプロジェクト内のタイムラインレベルの解像度、フレームレート、拡大縮小およびモニター設定を個別に指定できる機能
  • タイムラインクリップの範囲の上にフィルタ、エフェクト、グレードを適用するための調整クリップ
  • DaVinciニューラルエンジンを搭載した人々を検出および分類するためのビデオクリップの分析機能(DaVinci Resolve Studio)
  • タイトルとアクションのためのカスタムセーフエリア機能
  • メディアプールのクリップまたはタイムラインをオフラインの参照クリップとして割り当てる機能
  • クリップ属性ダイアログのビデオの向きの角度
  • カーブエディタでの位置キーフレームのEase in/out機能
  • タイムラインカーブでOpenFXプラグインのキーフレームを表示および編集する機能
  • インスペクタからのビデオクリップを安定させる機能
  • Paste Attributes ダイアログからの色補正プロパティの貼り付けのサポート
  • EditページビューアとMediaページビューアでスクラブするときのオーディオ動作が改善
  • Alt / Optキーを使用してビューア上のタイトルのスナップを一時的に有効または無効にする機能
  • 2-upおよび4-upディスプレイには利用可能なすべてのビューア領域が自動的に使用される
  • 選択したクリップをブレード操作すると、前のセクションが選択される機能
  • EditおよびColorページビューアで、ビューアのオーバーレイのオン/オフを切り替えたり、特定のモードにショートカットを割り当てたりする機能
  • ワークスペースメニューからキーワードディクショナリ内の幅広い単語選択をサポート
  • フォルダを使用してスマートビンをグループ化および管理する機能
  • キーワード、ショット、シーン、人物のメタデータに基づいてMedia Poolクリップからスマートビンカテゴリを自動的に作成するユーザー設定
  • 既存のスマートビンを複製する機能
  • すべてのメディアプールのビンと現在のビンの検索を切り替える機能
  • プレビューマークが表示されていない場合でも、3点編集のためのGo to In / Go to Out機能のサポート
  • ギャングモードでソースビューアとタイムラインビューアを切り替える際のビデオモニタリング出力の切り替えをサポート
  • Media Poolの使用状況リストビューの自動更新
  • タイムラインの適合またはカラートレース時にリール名のマッチングを特定の文字数に制限するプロジェクト設定
  • タイムラインの適合またはカラートレース時にリール名の先頭から特定の文字数を無視するようなプロジェクト設定
  • 新しく貼り付けたクリップが自動的に選択されるようになった
  • タイムラインをPro Toolsにエクスポートする際に、メタデータをサポートするブロードキャストウェーブファイルをレンダリングする機能
  • Pro Toolsにタイムラインをエクスポートする際のビデオコーデックのデフォルトとオーディオファイル名の扱いの改善
  • Editページからモニタリングのためにバスを切り替える機能
  • タイムラインオプションでフル波形と波形の境界線の表示を切り替えるオプション
  • 3つ以上のレイヤーを持つ複合クリップのアルファチャンネル処理を改善

Fusionページ

  • DaVinci Resolve 16と同時のFusion Studio 16リリース
  • エフェクトライブラリのタイトルテンプレートによる再生パフォーマンスの向上
  • Fusionの再生パフォーマンスが向上
  • Fusionエフェクトを使用したクリップの3Dエンジンパフォーマンスの向上
  • 3Dレンダラでのマルチサンプリングのサポート
  • クリップの長さを変えてアニメーションを柔軟に拡大縮小する機能
  • キャッシュされたFusionクリップを再生するときのパフォーマンスの向上
  • Wacomタブレット使用時のFusionビューアインタラクションの応答性の向上
  • クリップのサムネイルのコンテキストメニューからFusionのコンポジション名を表示および編集する機能
  • Fusionコンポジションで、レイヤ数が多い場合のメモリ管理を改善
  • 時間処理によるFusion合成のためのGPUメモリ利用が改善
  • 新しい誤差拡散オプションによるChange Depthのパフォーマンスの向上
  • レンズ歪みをサポートし、Camera Trackerのパフォーマンスと精度を向上
  • Fusion Dissolveによるパフォーマンスの向上とGPUアクセラレーションのサポート
  • GPUアクセラレーションをサポートするFusion TimeSpeedおよびTimeStretchによるパフォーマンスの向上
  • Planar Trackerのパフォーマンス向上
  • GPUアクセラレーションのサポートによるB-Splineレンダリングのパフォーマンス向上
  • GPUアクセラレーションをサポートする他のツールでのVector Motion BlurおよびMotion Blurのパフォーマンスの向上
  • GPUアクセラレーションをサポートするFusion SplitterおよびCombinerのパフォーマンス向上
  • GPUアクセラレーションをサポートするFusion BitmapMaskのパフォーマンス向上
  • GPUアクセラレーションをサポートするFusion CornerPinおよびPerspectivePinのパフォーマンス向上
  • GPUアクセラレーションをサポートするFusion Maskレンダリングによるパフォーマンスの向上
  • GPUアクセラレーションをサポートするFusion Color操作によるパフォーマンスの向上

Colorページ

  • すべての新しいスコープエンジン
  • リアルタイム性能でGPUを加速
  • 表示にローパスフィルターを適用するオプション
  • ガマット分布を表示するためのCIEスコープ
  • スコープの品質を設定するためのオプション
  • スコープのパレードにYRGBおよびYCbCrモード追加
  • スコープのパレードと波形で範囲を表示するためのオプション
  • スコープのパレードと波形を色付けするオプション
  • Waveformの追加の輝度モードと彩度モード
  • ベクトルスコープで範囲を設定し、影、中間調、ハイライトを個別に表示する機能
  • Vectorscopeでシャドウ、ミッドトーン、ハイライトの個々の範囲または組み合わせた範囲を表示する機能
  • ヒストグラムの追加のYRGBモード
  • カスタムカーブの背景に入力または出力ヒストグラムを表示するオプション
  • HSL曲線の背景に入力または出力ヒストグラムを表示するオプション
  • DaVinci Neural Engineを搭載した新しいAuto Colorおよびカラーマッチング処理のサポート
  • Colorページビューアのズームとビデオ出力を連動させる機能
  • ビューアで個々の赤、緑、青のチャンネルを表示できる機能
  • ResolveFXおよびOpenFX用のキーフレームを表示および調整する機能
  • タイムラインとライトボックスのサムネイルサイズを調整して、より広い範囲のクリップを表示する機能
  • ノード間で属性をコピーして貼り付ける機能
  • 1秒前後に進む機能
  • ループ再生のためにタイムライン内のインアウト範囲をマークしたり、現在のクリップをマークしたり、範囲をクリアしたり、特定のセクションのクイックエクスポートを実行する機能
  • 編集サイズのクリップ用の新しいスマートフィルタ
  • 特定のResolveFXまたはOpenFXが適用されたクリップ用の新しいスマートフィルタ
  • ピクセル単位で立体的なフローティングウィンドウを表示および設定する機能
  • 高度なビデオスタビライザーのための追加強度制御
  • トラックはアプリケーションメニューとショートカットを使用して有効/無効できる
  • 最初の行が偶数で、行ごとに立体コンテンツを監視するオプション
  • ギャラリー静止画とPowerGradesのリスト表示モード
  • ギャラリーのタイムラインセクションを使用して現在のタイムラインワイプを更新およびナビゲートする機能
  • ギャラリーでライブプレビューを実行するときにスクラブを有効にする機能
  • 新しい選択静止画分割画面モードのサポート
  • サムネイルのコンテキストメニューからクリップの属性にアクセスする機能
  • サムネイルのコンテキストメニューからメディアプールのメディアを表示する機能
  • ノードのコンテキストメニューからLUTブラウザに適用されたLUTを表示する機能
  • ACESワークフローでのCanon C700 IDTのサポート
  • カラーページタイムラインのトラック名を含むツールチップのサポート
  • カラーマネジメントワークフローにおけるAstroDesign ALog OETFのサポート
  • SDRからHDRへのカラースペース変換を実行する際のカラーマネージメント設定における203 nitガンママッピングのサポート
  • 入力、ノード、および出力のサイズ設定でプロジェクトの解像度を超えて画像をパンおよびチルトする機能
  • DaVinci Resolve MiniおよびAdvancedパネルからCanonおよびPanasonic Camera Rawコントロールを変更する機能
  • DaVinci Resolveパネルから基本パラメータを調整するときにタブを自動的に切り替える機能

ResolveFX

  • DaVinci Resolve StudioのDaVinciニューラルエンジンを搭載したResolveFX Stylize
  • DaVinci Resolve StudioでのResolveFXオブジェクトの削除
  • DaVinci Resolve StudioのResolveFXアナログダメージ
  • DaVinci Resolve StudioでのResolveFXペンシルスケッチ
  • DaVinci Resolve StudioでのResolveFX色収差
  • ResolveFX色順応
  • ResolveFXビネット
  • ResolveFX反転カラー
  • ResolveFXドロップシャドウ
  • FusionページのResolveFXブランキングフィル、レンズブラー、チルトシフトブラーのサポート
  • EditページでのResolveFX Patch Replacerのサポート
  • ResolveFX Face Refinementの統合されたビューティ機能強化のサポート
  • 新しい自動モード、より良いエッジビヘイビア、個々のコントロール、そしてより広いパラメータ範囲で、ResolveFX Beautyを改善
  • 改良されたResolveFXスキャンライン
  • 複数のResolveFXプラグインでグローソースを処理するための動作の改善
  • Editタイムラインのアルファチャンネルの処理をサポートしたResolveFXプラグインの動作を改善
  • ResolveFXブランキングフィルの改善、より良いデフォルト、よりきめ細かいトリミングのサポート、そしてより簡単なコントロール
  • キーフレームのサポートを含む改良されたResolveFX Warper
  • キーフレームをサポートしたResolveFXデッドピクセルの改善
  • SMPTE-CとGamma 2.5をサポートしたResolveFXカラースペース変換の改善

Fairlightページ

  • DaVinci Resolve StudioでのDolby Atmosオーディオの初期サポート
  • DaVinci Resolve StudioでのAuro-3Dオーディオの初期サポート
  • DaVinci Resolve StudioでのMPEG-Hオーディオの初期サポート
  • DaVinci Resolve StudioのSMPTE ST 2098 3Dオーディオの初期サポート
  • DaVinci Resolve StudioのFairlightページでのBチェーンモニタリングのサポート
  • 特定のスピーカーをラベル付けし、Bチェーンポート設定からの不要な信号のパッチ適用から保護するためのサポート
  • 3Dオーディオフォーマットのサポートを含む、さまざまなトラックフォーマットのサポート
  • FairlightFX周波数アナライザ
  • FairlightFXリミッター
  • FairlightFX位相計
  • FairlightFXダイアログプロセッサ
  • FairlightFXフォーリーサンプラー
  • 弾性波適応オーディオタイミング
  • 複数のトラックオートメーションミックスを保存して呼び出す機能
  • Fairlightメニューからトラックオートメーションデータのユーザーが選択した部分をコピー、貼り付け、編集、消去する機能
  • Fairlightパンツールの3Dパンの表示と制御が改善
  • macOS用Thunderboltエキスパンダーを介したFairlight Audio Acceleratorのサポート
  • 埋め込みオーディオコンテンツのデコードをサポートするAAFタイムラインのインポートをサポート
  • タイムラインビューでバスのオートメーションパラメータを表示および編集する機能
  • ATSC、1770、およびR128規格を含む、新しいラウドネス規格サポート
  • ラウドネス標準を設定するためのオプションで改善されたクリップ正規化
  • タイムラインにメインバスの統合ラウドネスカーブを表示する機能
  • Altキーを押しながら音量スライダをクリックすることで、再生音量をリセットする機能
  • サウンドライブラリのメディアパスマッピング
  • フルコンソールライブラリプリセットを保存して呼び出す機能

コーデックとDeliver

  • さまざまなページからすばやくレンダリングを実行するためのクイックエクスポート
  • シングルクリップモードですべてのタイムラインオーディオトラックを個別にレンダリングする
  • ロスレス形式を含むiOSボイスメモのデコード
  • DaVinci Resolve StudioでのIMF補足パッケージのデコードとリンクのサポートの向上
  • DaVinci Resolve Studioでの20世紀フォックスIMFプリセットのサポート
  • Kakadu JPEG2000コーデックを使用してレンダリングする際のDCP量子化レベルのオプション
  • レンダリングの解像度がタイムラインの解像度より大きい場合にユーザーに警告する機能
  • レンダリングとDeliverでアップスケーリングを実行するためにタイムライン出力スケーリングでスーパースケールを使用する機能
  • DaVinci Resolve StudioでのPanasonic SHV 8Kへのエンコードのサポート
  • Media Managementで一時コーデックを使用したMXFクリップのトリミングのサポート
  • レンダリング中にビューアの更新を最小化または無効にする機能
  • DaVinci Resolve StudioのAMDハードウェアがWindows上のH.264およびH.265のデコードを高速化
  • DaVinci Resolve StudioのWindows上でのAMDハードウェアによるH.264およびH.265のエンコードの高速化
  • DaVinci Resolve StudioのWindowsおよびLinuxの配信ページでのNVIDIA H.264およびH.265レンダリングパラメータのサポートの向上
  • DaVinci Resolve StudioのWindowsのDeliverページにあるインテルQuick Sync H.264およびH.265パラメーターのサポートの改善
  • WindowsおよびLinuxでH.264およびH.265をデコードするためのハードウェアアクセラレーション方式を選択するオプション(DaVinci Resolve Studio)
  • macOSでH.264およびH.265クリップをデコードするときのパフォーマンスの向上
  • macOSでH.264およびH.265クリップをエンコードするときのパフォーマンスの向上
  • macOSでH.264のハードウェアまたはソフトウェアのエンコーディングを選択するオプション
  • macOSでH.264をエンコードするときにエントロピーモードを設定する機能
  • macOSのDeliverページでの暗黙のビット深度選択によるH.265プロファイルのオプション表示の改善
  • H.265にレンダリングするときのHDRメタデータエンコーディングの改善
  • AVI形式にエンコードする際のパフォーマンスが向上
  • DJI RAWクリップ用のD-GamutとD-Logのサポート
  • Canon SDKを使用したCanon RAWクリップのGPU高速デコードのサポート
  • Canon C700フルフレームクリップのデコードをサポート
  • Canon RAWクリップのハーフ解像度およびクォーター解像度モードでのデコードをサポート
  • Avid DNx非圧縮フォーマットのデコードとエンコードのサポート
  • ARRI HDEクリップのデコードをサポート
  • グラスバレーフォーマットにエンコードするときにQuantScaleとMaxFrameSizeInPercentパラメータを制御する機能
  • ネイティブ資産の名前変更機能を備えた、IMF構成設定オプションの改善
  • ネイティブDCPおよびIMFレンダリングの命名サポートが改善
  • IMF / DCPレンダリングからフォルダ拡張子を削除する機能

General

  • DaVinci Resolveエディタキーボードのサポート
  • YouTubeに直接ビデオをエクスポートする機能
  • ビデオをVimeoに直接エクスポートする機能
  • ローカルUIレイアウト、データベース管理、システムおよびユーザー設定をサポートするOSごとのログイン設定および設定
  • DaVinci Resolveメニューからソフトウェアアップデートをチェックする機能
  • Resolveビューアの再生速度インジケータ
  • DaVinci Resolveで個々のページを有効または無効にする機能
  • ワークスペースメニューからページナビゲーションバーを隠す機能
  • DaVinci Resolveでフォーカスされたパネルインジケーターを有効または無効にする機能
  • ワークスペースメニューからMedia Poolウィンドウを一覧表示して開く機能
  • インターネットに接続したときにソフトウェアアップデートを自動的に確認するためのサポート
  • ロシア語のユーザーインターフェースのサポート
  • FusionページとColorページのライブ保存動作が改善
  • プロジェクトマネージャとアプリメニューからプロジェクトノートを追加および編集する機能
  • タイムライン名とプロジェクト名をバーンインおよびレンダリングタグとして使用するためのサポート
  • Mediaページのタイムラインの説明とコメント列の編集をサポート
  • Autoに設定したときにGPU処理モードを表示する機能
  • DaVinci Resolve Studioドングルを使用してFusion Studioを有効にするためのサポート
  • 一般的な安定性とパフォーマンスの向上

Developer

  • OpenFXプラグインが現在のクリップから任意のフレームにアクセスする機能
  • python 3.7のスクリプトサポート
  • pythonとpython 3の発見可能なスクリプトAPI
  • Davinci CTLプラグインのコンボボックス
  • DaVinci CTLの有効期限を暗号化して指定する機能
  • スクリプトAPIを使用して現在のタイムコードと現在のクリップをクエリする機能
  • プロジェクトやアーカイブのインポート、エクスポート、復元のためのスクリプトサポートの向上
  • Fusionコンポジションとカラーバージョンの一覧表示、読み込み、名前変更、削除のためのスクリプトサポートの向上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。