コンテンツへスキップ

Resolveの基本的な使い方

実験的な試みとして、DaVinci Resolveの解説動画をアップします。今夜の晩御飯にパスタのカルボナーラを作りたいと思ったら?イマドキの人にこんな質問をすると、半分以上の答えはYouTubeで検索する。となるのではないでしょうか。実のところ私がそうでした。体を動かして何かをするときのお手本は、文章だけでの解説に比べると動画の方が圧倒的に理解度が上がります。

これまでDaVinci Resolveの解説をたくさん文章で書いてきました。昨年はColorzをリリースして、その中で一通りの操作説明はカバーしました。今でもダウンロードが続いているようで、嬉しい限りです。近いうちにBMDから日本語のユーザーマニュアルがリリースされると言う噂も聞いていて、私ができるのは違う方向性なのかと考え始めています。今回の動画によるResolveの解説はそんな中での実験的な試みの一つです。

プロジェクト設定
これは何度繰り返して注意喚起しても、余計なお世話にはならないと思っています。Mediaページで一番初めにクリップを読み込んだ直後にProject Settingsを開いて、タイムラインのフレームレートが目的通りになっているかを確認してください。さらにDF/NDFの設定も合わせて確認してください。この両者はクリップを取り込んだ後からは変更ができません。裏技もありません。

カットの移動
Editのタイムラインにカットを配置した後に、カットの順番を入れ替えたいニーズは多いと思います。ドラッグ&ドロップで直感的にカットは変更できますが、カットの入れ替えは少しだけ勝手が異なります。Command+Shiftを押しながらドラッグするとカットが移動できます。この際には他のカットたちはリップルがかかり、ギャップもできません。

グレードの複製
Colorページで色の調整をやる際に知っておくと効率アップするTIPSです。Resolveでは3ボタンでスクロールホイル付きマウスが強く推奨されますが、色設定のコピーではマウスの真ん中ボタンをクリックすると一瞬でグレード全てがコピーできます。

書き出し後のチェック
レンダーキューの完了した項目を右クリックするとReveal in Media Poolがありますが、これを使うと書き出したクリップをMediaページで表示して確認できます。映像と音声のトラックの確認はフルサイズビューワで確認できるのと、メタデータの表示も可能です。Finderに切り替えてからQuickTimeプレーヤーでチェックしているケースが圧倒的に多いのですが、Resolveを使う際にはこの方法をお勧めしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。