コンテンツへスキップ

Mojaveの日本語入力

macOSのHigh Sierraからライブ変換は無効にしていました。便利になったということは聞いていましたが、変換時の操作に違和感があったからです。この流れはMojaveでも続いていたので、OSをクリーンインストールした時には何も考えずにライブ変換は無効にしていました。ネットで日本語変換の記事を見て、ふと思い立ってライブ変換を有効にしてみたところ...。

私の記憶では、Sierraの頃の日本語変換では確定する際にEnterキーを二度押ししなければなりませんでした。それが最新バージョンのMojaveでは変わっていて、とても心地よく変換できています。以前の記憶が間違っていたのか、明らかに改善されたのかははっきりしませんが、これならライブ変換を有効にしていてもストレスがかからないように感じました。

以前の変換では直前の履歴を配慮してくれなくて、「Apple」と確定していても、「あっpぇ」のように表示されて一気にここでやる気を削がれるわけです。それも改善されていてちゃんと「Apple」と表示してくれます。それに、心なしか変換結果が現れるのも速くなっていますし。しばらくの間、ライブ変換を有効にして使ってみることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。