Premiere ProからYouTubeアップへの3DLUT

  • by

先日公開した記事のYouTubeに動画をアップすると色が変わってしまう、YouTubeカラーシフト問題への対策では多くの反響をいただきまして、ありがとうございます。Twitterでのいいねボタンの数に反響が現れていて、みささんYouTubeにアップする際には苦労されている模様ですね。今回はPremiere Pro単独での対策法を紹介します。

YouTubeカラーシフト問題への解決策

YouTube内部での処理に関しては詳細な情報は我々ユーザーには知らせてもらえないようなので、私が検証したりネット上の情報を寄せ集めるなどして総合的に判断した結果現在辿り着いたシナリオは次のようなところです。

ユーザーがいろんなアプリケーションから書き出したメディアファイルの中には、カラースペース、ガンマ特性、YUV-RGB変換式の情報が埋め込まれていることが一般的です。YouTube側ではユーザーから送られてきたファイルの内部を確認して、このプロファイルに沿ってトランスコードを実行しているようです。それも単一ファイルではなくサイズ違いや映像のみ音声のみのファイルなど多岐にわたっているようです。このトランスコードの中では色に関する変換も含まれているようで、ここの処理によって我々制作者は頭を悩まされています。いろいろ研究した結果、いわゆるBT.709のクリップ(技術的にはNCLCタグが1-1-1)が届くと、ガンマ値を1.96相当だと解釈して一般的な2.4ガンマからトランスコードを加えているようなのです。

YouTube側での処理がなんとなくおぼろげに見えてくると、それを打ち消すような処理をあらかじめユーザー側の編集環境で加えてから出力しておけば辻褄合わせができるだろうと予想できます。今回紹介するのはそのレシピの一つです。

Premiere Pro単独での処理方法

以前にyaamqblogで紹介した方法では、Premiere Proから書き出したクリップをわざわざDaVinci Resolveに取り込んで色変換を加えていました。別にみなさんにDaVinci Resolveを使ってもらうために面倒な方法を広めようとしたわけではなかったのですが、結果的にはPremiere Proユーザーにとっては面倒な方法にしか見えなかったでしょう。そこで、今回はPremiere Pro単独で解決できるための手段を用意しました。

先に説明したように、YouTube内部ではガンマ値の変更が加えられている気配濃厚なので、「逆ガンマ」をかけておくことで辻褄が合います。私の記憶では、過去のPremiere Proにはガンマ変更の際に数学的な値を指定できたのですが、最新版ではそれが見つかりませんでした。そこで汎用的な3D LUTファイルとして配布することにしました。もしガンマ変換を数値で指定できる場合には、入力に対する指数部に2.4/1.96を指定すれば解決できます。

Premiere Proでは編集が完了したタイムラインを別の空のタイムラインにネスト化して、そこに出てくる単一化されたタイムラインにLumetriカラーからここで配布する3D LUTを適用するだけです。ビューワを見ると若干コントラストが強くなって色が濃くなりますが、心配ご無用です。そのまま書き出してYouTubeにアップロードしてください。

このLUTを適用するとどのくらいコントラストが強調されるかを見るために、オリジナルとの比較をしてみました。カラーパッチのところが縦に分かれていますが、左側が適用後で右側がオリジナルです。このくらい違っています。

YouTube LUT(3D LUTファイルをzip圧縮しています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください