DaVinci Resolve 16.2.4リリース

もうこのままバージョン17は当分リリースしないのでしょうか?例年とは異なる展開に私もだんだん心配になってきました。まあ、バージョン16の安定動作への更新なので、前向きに考えたいと思います。いつものように、リリースノートを翻訳しましたのでご覧ください。不具合への対処が基本となっているようです。

バージョン16.2.4での更新点

  • Blackmagic RAW SDK 1.8のサポート
  • EOS-1D X Mark IIIおよびEOS R5 RAWクリップのディベイヤサポートが改善
  • Sync Binのタイムラインとビューアの間の再生ヘッドの同期が改善
  • HDRプロジェクトでワイプを実行するときのトーンマッピング動作を改善
  • LinuxおよびWindowsでのKakadu JPEG 2000デコードパフォーマンスの向上
  • 一部のシナリオで上部トラックのトリミングに関する問題に対処
  • リタイムされたクリップのフリーズフレームの削除に関する問題に対処
  • マルチトラックオーディオクリップの音量調整に関する問題に対処
  • オーディオキーフレームを移動した後のプロジェクトの保存に関する問題に対処
  • タイムラインをスクロールするときの波形表示の問題に対処
  • Sync BinとSyncクリップウィンドウのオーディオ波形の問題に対処
  • インスペクターのMediaInノードのリセットに関する問題に対処
  • Fusionページの静止画像のトリミングに関する問題に対処
  • Fusion Compを使用したEXRクリップのアルファの点滅に関する問題に対処
  • Auxチャンネルとコンバイナーノードのプレビューの問題に対処
  • Fusionカスタムツールのレンダリングが遅い問題に対処
  • カラーコントロールに適用されるグラデーションモディファイヤーの問題に対処
  • 複数のパフォーマンスと安定性の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください