DaVinci Resolve16.2.3リリース

  • by

今年は例年とは春からの進行が違いますね。去年にリリースされたシリーズの、バージョン16の更新が来ました。16.2以降の細かな修正と新機能の追加のようです。既存ユーザーは更新を検討してみてください。データベースの更新はないようです。

DaVinci Resolve 16.2.3の新機能

  • v4からv2.9トリムを生成するドルビービジョン4.1CMアルゴリズムのサポート
  • v4プロジェクトからドルビービジョンv2.9 XMLをエクスポートするオプション
  • RED SDK 7.3.2のサポート
  • Canon EOS-1D X Mark IIIおよびEOS R5クリップのより高速なメタルデコード
  • 一部のARRIRAWクリップの誤った再生に対処
  • 一部のARRI MXFクリップのACES IDTの問題に対処
  • 編集可能なメディアプールフィールドのフォーカスとテキスト入力の問題に対処
  • トリムモードでオーディオ拡張編集をリップルする問題に対処
  • Fairlightページのトラックおよび編集インデックスに関する表示の問題に対処
  • オーディオクリップを複製する際のレイヤー化された編集の問題に対処
  • リンクされたオーディオトラック上でトラックを移動する際の不正な動作に対処
  • 画像のシェーディングを使用する場合のText +の不正なマスキングに対処
  • Inspectorでグラデーションポイントを削除する際の不正な動作に対処
  • 空のFusionプレビューに関する複数の問題に対処
  • FusionページのCompでビューアLUTが永続化する問題に対処
  • ビューアでのオフライン参照ワイプのサイズ変更に関する問題に対処
  • 複数のパフォーマンスと安定性の改善



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください