DaVinci Resolve16.2.2リリース

  • by

正直言って16.2.xの更新は終わったと思っていましたが、今度こそ最後の更新と期待したいです。いつものように、Google翻訳をベースにしてリリースノートをまとめましたので、ご覧ください。

DaVinci Resolve 16.2.2の新機能

  • ハードウェアアクセラレーションH.265 Main10は、サポートされているMacでレンダリングされる
  • Blackmagic RAWクリップのLUT名をクリップメタデータで表示できるように
  • YouTube、Vimeo、Frame.ioレンダリングでフレームレートを割り当てる機能
  • マーカー内のFrame.ioコメントを完了としてマークするためのサポート
  • ナッジキーボードアクションは、同期クリップダイアログで使用可能
  • フォーマットせずに.srtファイルをエクスポートするためのサポート
  • RED 7.3.1 SDKのサポート
  • Rec.709-QuickTimeプレーヤーの互換性のためのガンマオプションのサポート
  • Rec.709クリップを自動的にRec.709-Aとしてタグ付けする設定
  • Macシステムで一部の短いH.264クリップを再生する際のレベルシフトに対処
  • タイムラインでクリップをトリミングするときのオーディオ遷移の損失に対処
  • インスペクターでスタビライザーが利用できない問題に対処
  • オーディオ波形表示のチャネル順序が正しくない問題に対処
  • プロキシモードでのFusionプレビューに関する問題に対処
  • タイムラインワイプでの参照サイズ設定の使用に関する問題に対処
  • 一部のMXFレンダリングのアスペクト比メタデータの問題に対処
  • 複数のパフォーマンスと安定性の改善



対応しているmacOSは、macOS 10.14.6 Mojaveです。比較的新しめのバージョンなので、この点はご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください