DaVinci Resolve16.2.1リリース

多分これで最後のバージョン16の更新ではないかと思います。次期バージョンのベータリリースを間近に控えた中で、既存バージョンの安定版の更新です。いつものようにGoogle翻訳を使って日本語訳しましたので、よろしかったらどうぞ。

  • サポートされているNVIDIA GPUでのH.265 4:4:4 12ビットのデコードのサポート
  • サポートされているNVIDIA GPUでのH.265 4:4:4 12ビットのエンコーディングのサポート
  • QuickTimeクリップでの32ビットフロートオーディオのエンコードのサポート
  • Media ManagementのRED 7.3 RC SDKによるMetalベースのR3Dデコードのサポート
  • WindowsおよびLinuxでのdrpファイルのダブルクリックのサポート
  • WindowsでFCP7 XMLファイルでのオープンの実行のサポート
  • 最大10ビットのH.265 4:4:4クリップのデコードサポートが改善
  • ハイエンドCPUでのProResクリップによるパフォーマンスの向上
  • ハイエンドCPUでのDNxHRクリップによるパフォーマンスの向上
  • 圧縮されたOpenEXRクリップによる再生パフォーマンスの向上
  • ドルビービジョン分析のパフォーマンスが向上
  • Intelグラフィックスを搭載したWindowsシステムでの安定性が向上
  • Mac 10.15.4のクリーンフィードプレビューの問題に対処
  • AACオーディオを含むphoneカメラクリップのデコードに関する問題に対処
  • 一部のディスプレイで切り捨てられたノードラベルの問題に対処
  • 調整レイヤーを使用する場合のHDRトーンマッピングの問題に対処
  • 空のタイムラインで同期ビンが機能する問題に対処
  • タイムライン間でクリップをドラッグするときのトランジションの問題に対処
  • 複数のパフォーマンスと安定性の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください