DaVinci Resolve 16.2リリース(更新)

  • by

3月12日にサイレントアップデートがありました。Build054が古い方で、新しい方は055です。更新は、Webサイトからファイルをダウンロードしなければなりません。Resolveのメニューからは実行できませんのでご注意ください。

おそらく現在の時期は、NABに向けてのDaVinci Resolve次期バージョンの開発で大忙しのはずです。にもかかわらず、マイナーアップデートがリリースされました。この開発のペースはある種何かに取り憑かれているような勢いを感じます(笑)。今回の更新はバージョン番号的にはマイナーではありますが、更新内容を見ると全然マイナーさは感じません。さて、いつものようにリリースノートをGoogle翻訳を使ってまとめました。

DaVinci Resolve 16.2での主な更新点

  • Fairlightタイムライン編集ツールセットの改善
  • 新しいマウスおよびキーボードベースの編集ツールセット
  • トラックごとに調整可能なスケーラブルな波形表示
  • キーボードショートカットの編集アクションには、フェード、カット、選択、移動が含まれるように
  • クリップのコピーを作成するためにクリップをドラッグするalt / optionのサポート
  • タイムライン全体でのクリップの貼り付けのサポート
  • 個々のオーディオクリップをファイルにバウンスするためのサポート
  • モディファイヤーキーを使用してオーディオクリップを個別のトラックにドラッグするサポート
  • モディファイヤーキーを使用してオーディオクリップを特定の位置にドラッグするサポート
  • マルチチャネルトラックをリンクされたグループに変換するためのサポート
  • オーディオ編集をフレーム境界に揃えるユーザー設定のサポート
  • すべてのオーディオ編集をフレーム境界にトリムするアクションのサポート

Fairlightサウンドライブラリー

  • フォーリーエフェクト用のFairlightサウンドライブラリのリリース
  • サウンドライブラリの注釈メタデータの検索と表示のサポート

エフェクトとプラグイン管理の改善

  • AUおよびVSTオーディオエフェクトのタイプとカテゴリへの自動ソート
  • お気に入りのオーディオプラグインがミキサープラグインリストの上部に表示されるように

追加の没入型オーディオのサポート

  • DaVinci Resolve StudioでのMPEG-Hバスおよびモニタリングのサポート
  • パンを制限する機能など、パンとバランスの改善

Fairlightトラックインデックスの改善

  • Fairlightページでの編集インデックスのサポート
  • トラックインデックスで、トラックの選択、ミュート、ソロ、およびレコードのコントロールをドラッグ
  • トラックインデックス内のオーディオトラックの並べ替えをドラッグアンドドロップする

AAFインポート/エクスポートの改善

  • 既存のタイムラインでAAFシーケンスを新しいトラックとしてインポート
  • 既存のタイムラインへのオフセットを持つAAFシーケンスのインポート
  • リンクされたグループとしてAAFからマルチチャネルトラックをインポート
  • 埋め込みAAFをエクスポートするときのブロードキャストWaveファイルのサポート
  • AAFファイルでのオーディオクロスフェードとフェードハンドルのエクスポート

Fairlightオーディオミキシングの改善

  • クリップEQでの追加のノッチフィルターのサポート
  • 新しいFairlightFXメーターのサポート
  • 新しいFairlightFX LFEフィルターのサポート

Fairlightオーディオ編集の改善

  • 上下にパンするための専用コントロールのサポート
  • クリップEQの編集のサポート
  • クリップEQのコピーと貼り付けのサポート
  • クリップEQのプリセットの作成と適用のサポート
  • プラグインパラメータの追加、管理、カスタムマッピングのサポート
  • 相対的なクリップレベルの変更のサポート
  • クリップレベルをユニティにリセットする機能をサポート
  • フェードカーブの編集とフェードの削除のサポート
  • ユーザー定義のトラックビュープリセットの保存と呼び出しのサポート
  • デスクトップオーディオエディターからのレイヤードオーディオ編集の有効化のサポート
  • エディターパネルまたはコンソールから自動化曲線を選択するためのサポート
  • トラックが選択されていない状態でトラック選択を移動するときの動作が改善
  • タイムコード入力の改善と高フレームレートのタイムコードのサポート
  • 相対タイムコード値の入力のサポート
  • コロンキーを使用したタイムコードエントリへの00の挿入のサポート
  • コンソールフェーダーでのマスタースピルのサポート
  • マウスまたはオーディオエディターを使用したコントロールの微調整のサポート
  • メディア左およびメディア右選択キーのサポート
  • テキストのみのラベルモードのサポート
  • 従来のFairlightキーボードレイアウトのサポート

レガシーFairlightプロジェクトのインポートのサポートが改善

  • 従来のFairlightプロジェクトからのEQ、自動化、フェードのインポートの改善
  • 大規模なレガシーFairlightプロジェクトのインポート時の速度が向上

編集機能の改善

  • 多くのトラックを含む大きなタイムラインに切り替えるときのパフォーマンスが向上
  • タイムラインのインアウト範囲から複合クリップを作成する機能のサポート
  • ビデオ編集のライブ上書き中のタイムラインオーディオのプレビューのサポート
  • マルチカムビューアーからタイムラインへの個々のアングルの編集のサポート
  • Cutページでの編集中のクリップ継続時間表示の更新のサポート
  • トランジションの変更ダイアログのサポート
  • ビューアーでのフレームまたはタイムコード形式での表示時間のサポート
  • EditページでのFusionトランジションテンプレートのサポート
  • EditページでのFusionジェネレーターテンプレートのサポート
  • コラボレーションプロジェクトのシステムごとのタイムラインビューオプションのサポート

Media Poolの改善

  • 最大24トラックのサポートにより、オーディオトラックメタデータのサポートが改善
  • ソースビンに配置される複製されたクリップとタイムラインのサポート
  • 追加された日付によるメディアプールクリップのソートのサポート
  • メディアプールリストビューでの同期されたオーディオファイル名の表示のサポート
  • スマートビンからクリップのメディアプールの場所を見つける機能
  • クリップとタイムラインを複製するためのメディアプールコンテキストメニューのサポート
  • Media Managementコピーを繰り返すときの追加ファイルのみのサポート

Color機能の改善

  • コラボレーションプロジェクトの安定性と使いやすさの改善
  • キーワードと人物メタデータタグに基づくスマートフィルターのサポート
  • 数値を使用したプライマリグレード値の変更のサポート
  • ビデオレベルで監視するときに範囲外のデータを保持するためのサポート
  • ノードグラフ入力でのFusion Media Out名前ツールチップのサポート
  • フィートとフレームのデータバーンインオプションのサポート
  • 個々のクリップレンダリングの出力サイズとブランキングを無効にする機能

スコープの改善

  • ビデオレベルとデータレベルでスコープを表示するためのサポートオプション
  • HDRスコープを使用する場合のHLGガンマのサポート
  • スコープ内のカラービューアーモディファイヤーの位置の強調表示のサポート

コーデックの改善

  • Blackmagic RAW SDK 1.7のサポート
  • オーディオのみのタイムラインのレンダリングのサポート
  • 32ビット浮動小数点オーディオのデコードのサポート
  • H.265クリップのデコード時の色空間とガンマのサポートが改善
  • 圧縮方式に基づいたEXRコーデック名の表示のサポート
  • レンダリング設定での色空間とガンマタグのオーバーライドのサポート
  • RED SDK 7.2.1のサポートとKomodoカメラからのクリップのデコード
  • RED Camera Raw設定での2つの新しいパラメーターのサポート
  • ACESプロジェクトのRED Wide Gamut Log3G10 IDTのサポート
  • Canon EOS-1D X Mark IIIカメラのサポート
  • QuickTimeクリップでのu-Lawオーディオのデコードのサポート
  • バイパス再エンコードオプションによるアルファチャネルクリップのサポート

スクリプティングとAPIの全般的な改善

  • デュアルスクリーンモードでウィンドウとしてプライマリスクリーンを実行するためのサポート
  • 開いているプロジェクトを閉じる機能を備えたスクリプトAPIの改善
  • Media Poolクリップのフレームレートを設定するためのスクリプトAPIが改善
  • 順序付きリストを返す新しいスクリプト関数のサポート
  • Fairlightページでのビデオ監視の進みと遅れのサポート
  • Fairlight Audio InterfaceでのGPI / GPO制御のサポート
  • 複数のパフォーマンスと安定性の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください