動画ビューワQlip2.0をリリースしました(追記)

去年活発に開発をしていた動画ビューワQlipでしたが、当初目標にしていた仕様をある程度カバーできたので、開発が止まったままになっていました。去年秋に公開されたmacOS10.15でもある程度は使えてはいましたが、ビューワでの色管理の仕様がOS側で変更になっていたので不具合を抱えていました。

ここに来てやっと重たい腰を上げて、メンテナンスをすることができたので更新バージョンを公開できるようになりました。新バージョンでの注意点などをご案内します。

動作環境を限定しました


以前のバージョンからお使いのユーザーの方には非常に心苦しいのですが、新バージョンの2.0からは動作できるmacOSのバージョンを10.15限定としました。この背景には、ColorSync周りの仕様が変わっている点と、MXF形式への対応を目論んでいる事情があります。

過去のバージョンのカバーしているmacOS10.13や10.14で使用することを希望される方は、旧バージョンをそのままお使いください。アプリ内からソフトウエアアップデートを実行しても、バージョン2.0が対象には含まれませんので、そのまま使用可能です。

追加/削除された機能

追加した機能は、セーフティマーカーの95%枠です。以前から民放の番組で使用されている95%を加えてほしいとの要望をいただいていたので、やっと対応できた次第です。お待たせしました。

削除した機能は、ソフトウエアアップデート機能です。AppStoreで公開しないために、新バージョンがリリースされたことを早期にお知らせしたい考えでこの機能を付けていました。しかし、この先のバージョンでは、ユーザーが選択したバージョンを自由に取り替えて使えるようにした方が良いとの考えから、面倒にはなりますが手動で更新していただくように変更しました。


さらに、Preferencesの中にあったColor Modeの切り替え機能を削除しました。これによる使い方の変更は下記に解説しますが、macOS10.15からColorSyncの仕様が変わっているようなので、それに合わせてQlipのビューワの発色に関する仕様も変更しました。これにより、これまで以上に柔軟なフォーマットへの対応が期待できます。


変更した仕様としては、メタデータのTransfer Functionの表示です。これまでは、メタデータに埋め込まれていた文字列を表示するだけでしたが、ガンマ値が埋め込まれている場合には同時にその数値も表示するように変更しました。この背景には、DaVinci Resolveが書き出すメタデータの仕様がバージョン16から変更になったという点があります。

ビューワの色管理の使い方

先に述べたように、以前搭載されていたColor Modeの切り替えができなくなりました。起動時にカラーチャートなどの明確なRGB値がわかるカラーパッチをColor Pickerなどで確認するとRec709であるべき値になっていないと思います。しかしご安心ください。対処法はありますし、これまでよりも正攻法な使い方になりました。


例えばビューワの色をRec709をターゲットにしたい場合には、システム環境設定のディスプレイを起動していただいて、Colorタブに切り替えてください。そこにはDisplay Profileのリストがありますが、その中からRec709/Gamma2.4に切り替えることでQlipのビューワ内の色が正確にRec709になるはずです。この辺りの動作確認は私の方で検証したのが限定的なので、まだまだ把握できていない点があります。バグレポートなどあればお寄せください。


バージョン2.0.1では、現在選択されているDisplay profileをQlipに表示するように機能を追加しました。プロファイルを切り替えると瞬時に変更を反映できるようになっているので、選択しているプロファイルを勘違いすることがないようにした配慮です。またプロファイルの切り替えはシステム環境設定から実行するので、少しでも早くアクセスするためにFileメニュー内にプリファレンスを開くメニューアイテムを実装しました。合わせてご利用ください。

最後に

Qlipは自分で気に入った動画ビューワアプリが見つからなかったので、自ら好みに合ったアプリを作ったという事情がありました。そのため開発のペースが安定していない点がありました。実仕事で使っていただいている方もいると伺っているので、その点では心苦しいところがありました。こちらの事情ではあるとは言え、気に入って使っていただいた方にはご不自由をおかけして申し訳なく感じています。

この先の目標は、macOS10.15でサポートしたと聞いているMXF形式への対応です。これができればQlipが目指していた機能はすべてカバーできます。当面は自分の時間をこの点に注ぎ込みたい考えです。まだ全く目処は立っていませんが、映像業界で本格採用され始めているファイル形式なので、なんとか対応したいところです。

おまけの情報としては、このバージョンからはAppleの公証に対応したので、野良アプリではありますがAppleのガイドラインに沿ったソフトウエアの作り方を踏襲している、つもり、です(汗)

以上、今回の更新とその背景にある部分を包み隠さずお知らせしました。ご意見や感想などありましたらコメントいただければ幸いです。アプリのダウンロードはこちらからどうぞ。

Qlip|2.0.1

2020年01月03日08:45(Color profile表示について追記)

「動画ビューワQlip2.0をリリースしました(追記)」への14件のフィードバック

  1. 贅沢な注文なのですが、

    任意のフレームで静止して、Export Image(コマンド+E)を試したところ、
    静止したフレームの画像と少しずれたフレームが書き出されるようです。

    もし、改善されたら嬉しいです!

    1. タカザワさん

      コメントありがとうございます。
      これは既知の問題でして、H.265などのフレーム間圧縮しているコーデックの場合に発生することを確認しています。この部分は、AppleのAPIをそのまま利用しているので、Apple側の対処待ちになってしまいます。多分改善は難しそうな感じです。

      私は、フレームのポイントが重要な場合にはProResに変換したクリップで実行しています。不自由をおかけしてすみません。

  2. YamaQさま
    Qlipの静止画書き出し機能で、Image Save Pathに「Source」を追加を希望致します。
    素材と同じディレクトリに書き出したいのです。

  3. なるほど、オリジナルファイルの横に静止画を置きたいわけですね。理想的には、二社選択(これまでのポップアップとオリジナルファイル)のような設定ができれば良いのでしょうね。少し検討してみます。

    今でもQlipは使っていただいているのでしょうか?そうであれば、がんばってメンテナンスしていきま〜す(笑)

  4. YamaQさま

    勿論 使用される方によって使い方が分かれると思いますが、私の場合はデスクトップか素材の隣が使いやすいです。
    ちなみにQlipは毎日の様に使用させて頂いております。QT7でないと確認出来ないオーディオトラック名などを除けば
    ほぼQlipで視聴チェックしています。

  5. YamaQさま

    勿論 使用される方によって使い方が分かれると思いますが、私の場合はデスクトップか素材の隣が使いやすいです。
    ちなみにQlipは毎日の様に使用させて頂いております。QT7でないと確認出来ないオーディオトラック名などを除けば
    ほぼQlipで視聴チェックしています。

    ちなみにもうリクエストだけさせて下さい。
    Qlipでチェックする際にTimeCodeを書き出してチャプターリストを作る作業があるのですが
    TimeCodeの所をクリック(あるいはダブルクリック)⌘CでTimeCodeがコピーされると大変効率があがります。
    今はエクセルと上手くウィンドウをズラしながら手打ちしております。

  6. ヤマタケさん

    日常で使っていただけていて、とても嬉しいです。自分では使っていても、他のユーザーさんがいるのを聞くと、俄然開発への気持ちが高まるものです(笑)

    ・静止画書き出しのプリセット(ソースか指定フォルダの選択式)
    ・タイムコードのクリップボードへのCopy

    これは実装する方向で前向きに進めたいと思います。
    タイムコードのコピーですが、アイディアが二つあります。

    1)ヤマタケさんの書かれたように、TC部分のダブルクリックでコピー実行
    2)Qlipでは一切のアクションは不要で、他のアプリに切り替えるタイミングで表示しているタイムコードを自動的にコピー

    両方を選択できるように、と言われそうですが(汗)、個人的には2)が好みです。すでにこれはタイムコード電卓Qalcで採用しているやり方です。

  7. YamaQさま

    1)TC部分のダブルクリックでコピー実行
    2)他のアプリに切り替えるタイミングで表示しているタイムコードを自動的にコピー

    私は1)が希望です。ダブルクリック(あるいは⌘C)で明示的な方が良いと考えております。
    2)ですと、Qlipを経由する事でクリップボードが自動的に書き換えられる事になります。例えばですが台本から文字列をコピーした状態で(動画のテロップと差異が無いか確認するために)Qlipを操作すると、台本の文字列がTCに書き換えられてしまうため、また台本からコピーする事になります。自動コピーも便利かと思いますが、自分としては手動の方が良いかと思います。
    ちなみに「00:00:00:00」と頭のゼロ付きで半角英数、DFの場合は「00:00:00;00」と最後だけセミコロンだと
    出力するアプリにそのまま使えるので助かります。要望ばかりで申し訳ございませんが、ご検討下さい。

    ついでにリクエストさせて頂くと、オーディオチャンネル名の表示が実装されたら自分としてはやっとQT7を使わずに済むのですがご検討頂けないでしょうか。サラウンドのQTの場合、サウンドトラック1〜8にチャンネル名を埋め込めます。これの確認もQlipで出来たら最強です。

  8. ヤマタケさん

    TCコピーは自分でアクションを明示的に起こしたときだけクリップボードに転送したい。とのことですよね。私もその使い方を理解できます。一旦、自動コピーで実装して、その後ダブルクリック対応へ進めたいと思います。実は自動コピーは昨夜動くところまでは確認できていました。

    コピーされた文字列ですが、Qlipで表示されているのと同じ状態になります。ですので、ご希望通りになると思います。fpsも18〜120までサポートします。ただ、コロンやセミコロンがなく数字だけが良いケースもあるのかな?と思ったりしています。またTCだけではなくタイマーも対応?考えるとどんどん膨らんでくるので、これらすべては実装しないとは思いますが(汗)

    オーディオチャンネル名の表示ですが、これは初期の頃からお聞きしていたのですが、実は手元にそのようなクリップがなくて、どのようなものか理解できていませんでした。可能なら、4〜8ch、Stereoでも構いませんが、サンプルのクリップをいただけると研究してみたいと思います。これがクリアできたらやっと100点満点でしょうか?(笑)

  9. 取り急ぎ、2.0.12をリリースしました。
    タイムコード、フレームナンバーをダブルクリックで、クリップボードにコピーするようにしました。コロンやセミコロンはそのまま維持されます。これらを含めない機能は未実装です。

  10. YamaQさま
    早速の機能追加ありがとうございます。
    かなり作業効率が上がりそうです。

  11. ヤマタケさん

    使ってみてください。
    改めて気がついたのですが、Editメニューはあるものの、表示部のテキストが選択できないようにしているので、文字列のCopyができなかったのです。これはPreferencesメニューの時だけ使えたわけですが、タイムコードのCopy&Pasteの発想は私にはありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください