コンテンツへスキップ

ESCキーはCapslockとは違う

先月末に寸止めされた感が強かったMacBook Proが発表されました。一般購入者の手元に届くのは来週末以降のようですが、「上級Apple民」にはすでに実機が届けられていて、レポートも見られるようになっています。噂通りキーボードのデザインが一新されて、2016年に誤った道に進んだところがここにきて改善されるようで安心しています。そこには地味ではありますがキーボードに思い入れの強い者からすると、いくつかの改善が盛り込まれています。

ESCキーのデザインがESCされた

ESCキーってみなさんあまり使っていませんか?私は無意識に多用しています。すぐには思い出せないのですが、これが使いにくくなって初めて「これまでESCキーって結構お世話になっていたんだな」と再認識したくらいです。私も使っている2016年以降のモデルでは、Touch Barに埋め込まれてしまって、隅に追いやられてしまいました。ESCキーはやはり物理キーでなくちゃ。そう思っていたユーザーにはこのポイントは朗報だと思います。Capslockキーはなくても問題はないのですが、ESCキーはそれと同じではないことを大きな声で力説しておきます。

真の矢印キーが戻ってきた

2016年モデルを使い始めて困ったのがここでした。右手で手探りしても矢印キーが私の手には感じられなかったのです。これの解決方法としてそれ以降外付けのキーボードを常備するようになりました。そのおかげでこの歳になってはじめてブラインドタッチができるようになったのは内緒です。

キーボードの大切さを知ろう

ここに来てAppleはキーボードの設計において2016年以前に戻ってきたことになります。誰にでも間違いはあります。あのスティーブ・ジョブズも言っていました。私は間違いをよく犯す。でも最後だけは絶対に間違わないようにする。たしかこのような意味合いだったと思います。Appleのこの方向転換は私としては今回の新モデルでは最も評価しているところです。まだ実機を見てはいませんが(汗)
スマートフォンやタブレット端末が幅をきかせてきている中で、コンピュータを使う理由は、キーボードとマウスを使ったレガシーな使い心地もあると思います。改善は必要でユーザーから求められてはいますが、残しておかねばならない点もあるわけで、そのバランスを常に正確に製品に反映していって欲しいと希望します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。