コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve16.1.1リリース

さっそくバグフィックス版の一回目がリリースされました。前回からの更新以降でmacOSの更新が入りましたが、明確にサポートOSとしてmacOS Catalinaは書かれていませんが、更新点の中にCatalinaと書かれているので暫定的にサポートしていると考えて良いでしょう。私の環境では大きな不具合はなくこれまでと同じように使えています。いつものように英語でしかリリースノートがないため、Google翻訳で日本語化してまとめました。よろしかったらご覧ください。

バージョン16.1.1での更新点

  • 最後または最初のアングルにループして前または次のマルチカムアングルに移動するときの動作を改善
  • ソースビューアーでマルチカムクリップで置換を実行すると正しいアングルが選択されない問題を解決
  • 編集タイムラインでオーディオクリップのゲインキーフレームをシフトドラッグすると正しく機能しない問題を解決
  • ネットワーク最適化が有効になっている場合、H.264クリップが正しくレンダリングされない問題を解決
  • 一部のシステムでレンダージョブが失敗することがある問題を解決
  • アーカイブされたプロジェクトに立体3Dクリップのマットが含まれない問題を解決
  • 4K DNGクリップの再生が遅くなる問題を解決
  • 一部のDNGクリップが誤ったカラーサイエンスでデコードされる問題を解決
  • MXF XDCAM形式へのレンダリングが時々アーティファクトを表示する問題を解決
  • アプリケーションを最小化してもビデオクリーンフィードが隠れない問題を解決
  • 編集ページでタイムラインのデュレーションマーカーのインポイントとアウトポイントの設定が正しく機能しないことがある問題を解決
  • カラービューアのショーピッカーRGB値コンテキストオプションをオフに切り替えられない問題を解決
  • 複数のオーディオチャンネルが埋め込まれたAAFが正しくデコードされない問題を解決
  • macOS CatalinaでのBlackmagic RAWのデコードに関連する問題を解決
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。