コンテンツへスキップ

HomePodは好みが分かれると思う

発表になった頃興味があって使ってみたいと思っていましたが、日本上陸が大幅に遅れたので存在をすっかり忘れていました。先日家電量販店の店頭で実機を見かけて、予想以上にコンパクトなのと質感の良さ。そして予想よりも安価だったことで、沸々と物欲が蘇っていました。特に下調べもせずに即決して、自宅に到着したHomePodはなかなかツンデレだったわけで。

可動部が全くないオーディオ機器

音を増幅するだけのパワーアンプでもボリュームは付いていますが、このHomePodには音量調整のためのボリュームがありません。さらに入出力のためのコネクタも全くなし。外部入力ができません。ここまで極限まで何もかもを切り詰めたオーディオ機器を私は知りません。電源コードは意外ですが直付けタイプで、AppleTVなどのように取り外しができません。ケーブルはオーディオ機器にふさわしい袋内コードです。こたつの電源ケーブルのような安っぽさはもちろんなくて、重厚なデザインです。

設定もシンプル

この点はApple製品に共通する特徴で、ペアで使うiPhoneを本体に近づけると初期設定のためのアナウンスがはじまります。大きめな音に驚いてボリュームを探しましたが見つからず、本体てっぺんを触るとボリューム調整のインジケータが光る仕組みです。Siriは使わない派なので、ここでの設定はキャンセルしました。後から設定をしたい場合にはiPhoneにインストールされているHomeAppから再設定できます。対象デバイスがあるので、それを長押しすると設定画面が出ました。

まだ仕組みが理解できていない

音源はiPhoneを連携するので常にiPhoneも働き続けているのかと思いきや、あまりiPhone本体は熱くならないので、仕事はHomePod側が大半を担っている様子です。でもイマイチ仕組みが理解できていません。MacのiTumesから鳴らしているときにアプリを終了するとHomePodからの音も消えてしまうので、常になんらかのアプリとは連携している必要があるようです。

音質は満足できる

私は昔オーディオ小僧ではありましたが、長岡鉄男先生のような厳格なヒトではないので、この音質で十分満足しています。身近にあるスピーカーの中では間違いなく周波数特性は広いことは感じ取れます。低域が良いとは各所で述べられていましたが、思っていたほどの重厚感はありません。でも取って付けたような低音のパワーではないので、程よく心地よいバランスです。夜に部屋の明かりを暗くしてビルエバンスのピアノをかけたところ、家族からオシャレなバーにいるようだとまずまずの評価でした。
一台だけでの使用なので、モノラル感が物足りないかと心配していました。どこから鳴っているかわからないような指向性がぼんやりしている感が不思議で、ステレオ定位のなさは違和感はありません。本体の重量はそれなりにありますが、設置する場所はなるべく硬いところに置いた方が良いと思います。ぺこぺこの板の上に置くと嫌な振動が発生する可能性があります。スピーカーは楽器と同じですので、設置場所には気を使うことをお勧めします。

まだ使用二日目の朝なので深くは使い込んでいませんが、大人が好むしっとりとした音質と雰囲気は満たしていると思います。若者が好むドンシャリの楽曲では物足りないとの評判になる心配はありますが、私には十分満足なオーディオ機器です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。