コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve16.1リリースノートから

本日バージョン16が正式にリリースされましたが、今回からパブリックベータ版も通期で公開するようなので、次期バージョンの16.1のリリースノートが公開になっています。いつものように日本語訳しておきましたので、参考にしていただければと思います。*のマークが付いた機能は進行中であり、最終リリースの前に変更される可能性があります。

Cutページ

  • 最大9台のカメラのライブマルチビューで、タイムライン上の現在のショットの同期クリップカットアウェイを表示する同期Binビュー
  • タイムコードとカメラ番号のメタデータを分析することにより、1台のカメラからのショットを自動的にグループ化する機能
  • キーボード上で希望のカメラ番号を押すことができ、ジョグダイヤルでカットアウェイの長さをライブでSync Binマルチビューから上書きできる機能
  • Sync Binビューからタイムラインを拡張して、タイムラインの次の編集を簡単に見つける機能
  • クリップのタイムコードベース、オーディオ波形ベース、インポイントまたはアウトポイントベースの同期を実行するクリップウィンドウの同期機能
  • 再生ヘッドの位置に基づいて最も近い編集ポイントがどこにあるかを示すタイムライン上のスマートインジケーター
  • 長すぎるカットを検出するためのタイムラインインジケータを備えた冗長カット検出機能
  • フラッシュフレームとジャンプカットのタイムラインインジケーターを備えたジャンプカット検出機能
  • クローズアップはDaVinci Neural Engineによって強化され、クリップ内の顔を自動的に識別し被写体をクローズアップするためにショットをリフレーム
  • ツールバーにブレードアクションを追加
  • DaVinci Resolve Editor Keyboardで、スクロールベースとジョグベースを動的に切り替える新しいブレンドスクロールモードのサポート
  • DaVinci Resolve Editorキーボードのスクロールダイヤルを使用して、最も近い編集ポイントに目的のトランジションをすばやく見つけて適用する新しいトランジションダイアログのサポート
  • DaVinci Resolve Editorキーボードのスクロールダイヤルを使用して、ピクチャーインピクチャーをコントロールする機能
  • Alt / Option +タイムラインクリップオーバーレイのドラッグによるスライド編集の実行のサポート
  • メディアプール内のビンの追加とビン間でのクリップの移動のサポート
  • ビューアでソースメディアを選択してプレビューするときのサムネイルクリップのホバー動作を改善

Editページ

  • フレームカウントタイムコードプロジェクト設定を使用している場合でも、クリップベースのフォーマットで埋め込みタイムコードを常に使用することをサポート
  • タイムラインの複数の編集ポイント間でトランジションをコピーして貼り付ける機能
  • トラック名とトラック番号のバーンインとレンダリングタグのサポート
  • 調整クリップのメディアプールへのドラッグのサポート
  • インスペクターでの調整クリップの名前変更のサポート
  • キーボードショートカットを使用した個々のパネルの表示または非表示のサポート
  • FinderまたはExplorerからFinal Cut Pro 7 XMLファイルを開いてメディアまたはタイムラインをインポートするサポート
  • 人物の検出と分類のためにクリップを分析するときのパフォーマンスが向上
  • 位置キーフレームに滑らかさを適用するときのイージング動作の改善
  • マルチカムクリップを同期し、オーディオ波形を使用してビデオとオーディオクリップを同期するときの結果を改善*
  • クリップ選択がある場合のブレードの動作の改善

Fusionページ

  • メディアプールでスーパースケールが適用されたメディアの読み取りのサポート
  • 複数の入力レイヤーを持つコンポジションのメモリ管理の改善
  • マルチGPUシステムでのメモリ管理の改善
  • 単一GPUシステムでのビューワの対話性と再生パフォーマンスの改善
  • レンダーオールセーバーのステータス表示の改善
  • 色域オプションとしてのACEScgのサポート

ResolveFX

  • ResolveFXストップモーション
  • ResolveFXおよびOpenFXプラグインがアルファチャネルを処理および変更できるようになった

Colorページ

  • ビデオモニター出力で現在のクリップに適用されているフラグの表示をサポート*
  • ギャラリーに保存されているバージョンから共有ノードグレードを更新するオプションのサポート
  • パワーウィンドウオプションメニューから既存のウィンドウに追加することにより、パワーウィンドウを貼り付ける機能
  • ノードナビゲーションを色補正ノードに制限し、ミキサーノードとスプリッターおよびコンバイナーノードを回避するためのユーザー設定のサポート
  • 1976 u’v’のビューと追加の参照色域を表示する機能を備えたCIEスコープの改善
  • DaVinci Neural Engineによって強化されたカラーマッチ処理の改善
  • タイムラインワイプフレームを表示メニューから前後に移動し、関連するショートカットを使用する機能
  • ライブプレビューが有効な場合のギャラリーからのタイムラインクリップグレードのプレビューのサポート

Fairlightページ

  • DaVinci Resolve Studioのプロジェクトレベルで96KHzおよび192KHzのサンプルレートをサポート
  • Fairlightミキサーのメインバスのクリッピングインジケーターのサポート
  • リバーブやその他のテールエフェクトを備えたオーディオクリップのオプションメニューから延長バウンステール持続時間を有効にするサポート
  • リバーブおよびその他のテール効果のテール持続時間しきい値のカスタマイズのサポート
  • トラック入力を手動でパッチするときに、オーディオトラックの挿入を自動的に有効にするサポート
  • タイムラインのロードおよび切り替え時のパフォーマンスの改善
  • ネストされたタイムラインの波形プロファイルを生成するときのパフォーマンスが向上
  • FairlightFXプラグインのメーターのピークホールドおよび減衰動作を改善
  • 他のウィンドウ上に個々のオーディオエフェクトウィンドウを表示および保持するためのサポート

MediaとDeliveryページ

  • コンテンツを変更せずに非圧縮クリップのレンダリングを高速化するためにビデオエッセンスを保持する機能
  • ProRes IMFのデコードとエンコードのサポート
  • DNxUncompressed half float形式のデコードとエンコードのサポート
  • QuickTimeクリップでのIMA4形式のオーディオのデコードのサポート
  • フレームまたはクリップを処理できない場合にレンダリングを停止する設定のサポート
  • 浮動小数点TIFFイメージのデコードのサポート
  • DPX 10ビットRGBAファイルのデコードのサポート
  • AMDグラフィックスカードでGPUアクセラレーションを使用してH.264およびH.265クリップをデコードするときのパフォーマンスが向上
  • DaVinci Resolve Studioで50fpsをサポートするPanasonic SHV 8Kへのエンコードの改善
  • Pro Toolsのビデオとオーディオのみのエクスポートを無効にする機能
  • アダプティブオーディオトラックを個別のモノラルチャンネルとしてレンダリングする機能
  • Deliverページプリセットを使用してタイムラインをPro Toolsにエクスポートするときに字幕をエクスポートする機能
  • Pro Toolsエクスポートプリセットを使用する場合、同期オーディオクリップの埋め込みオーディオタイムコードのレンダリングをサポート
  • ARRI SDK Full Res debayerを使用してARRIRAWクリップをデコードする際の、CUDAシステムでのGPU加速ディベイヤー処理のサポート
  • アップロードされたビデオの説明、可視性、およびパスワードを設定するためのオプションを備えたVimeoレンダリング設定の改善
  • 不適切なオーディオトラック設定でIMFまたはDCPパッケージをエクスポートする際の警告のサポート
  • スパンされたAVCHD MTSクリップのデコードのサポート
  • JPEG 2000クリップをデコードするときの再生速度の改善
  • 長いwavファイルをメディア管理するときのパフォーマンスの改善
  • 単一のマルチチャンネルオーディオトラックを個別のwavファイルとしてレンダリングするときの動作を改善
  • ProRes 4444の再生パフォーマンスの改善
  • 単一フォルダー内の複数のPanasonic P2ショットを個別のクリップとして識別およびインポートするためのサポート

一般的な更新点

  • DaVinci Resolve Studioの追加ディスプレイでのフルスクリーンビューアーのサポート
  • Play Slowコマンドを使用して、現在の再生速度を半分、半分、1 / 4、1 / 8の速度で再生する機能
  • クリップ属性で48fpsクリップの代替フレームを繰り返し、24fpsのキャプチャと再生をエミュレートする機能
  • 可変フレームレートのQuickTimeファイルの再生品質の向上
  • Macシステム上の任意のメディアストレージの場所でのバッファーなしI / Oの無効化のサポート
  • WindowsおよびLinuxシステムでのALACファイルのデコードのサポート
  • プロジェクトマネージャでプロジェクトをOption / Alt右クリックして、ディスクデータベースのプロジェクトを最適化するオプションのサポート
  • [ファイル]メニューからプロジェクトノートにアクセスして編集するためのサポート
  • データベースを共有してアクセスキーを生成するときに、プロジェクトサーバーアプリケーションから優先ネットワークインターフェイスを選択するためのサポート
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

2 thoughts on “DaVinci Resolve16.1リリースノートから

  1. ふじわら

    DaVinci Resolve のアップデートにワクワクしてた頃が懐かしい
    最近はアップデートの内容が理解できなくなってきた
    グチってしまいましたm(._.)m

    返信
  2. yamaq

    私もアップデートを追いかけるのが大変で、ユーザーの技量が試されている面があると思います。必死で追いかけてるのが現状です(汗)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。