完パケの納品チェックサービス

masterCHECKERとは?

完パケのメディアファイルに対して、納品仕様に適合しているかの技術検証を代行するサービスです。テレビ放送、コマーシャル、Webコンテンツ、展示映像、デジタルサイネージなど、動画コンテンツの納品形態は多様化しています。One Source Multi Useが広まると、それぞれの納品仕様への技術検証に負担が増えることになるでしょう。


撮影や編集はできたとしても、納品時の技術チェックの時点で不明な点が現れて慌てることも多くなっています。masterCHECKERは、納品時に必要不可欠な技術チェックを手頃な費用で提供するサービスです。専用フォームから必要事項を送信していただき、作業内容、スケジュール、そして料金の確認を、お客様と弊社の双方で了解が取れた時点でサービスはスタートします。

作業内容について

masterCHECKERは映像技術を提供するサービスですので、担当者がお客様指定の場所に伺ってのオンサイト対応が基本です。または、弊社に完成したメディアファイルを持ち込んでいただくことも可能です。その場合には、弊社内でのお任せ作業になります。

オンサイト作業には、キャリブレーションモニター、オーディオモニターをはじめ、それに付随するソフトウエアをセットアップしたツールキットを持参します。作業時のツールに関しては、お客様からの指定はできませんのでご了承ください。masterCHECKERは、完成したメディアファイルの技術検証を提供するものであり、編集の最終段階での修正などに向けた対応ではありません。完パケファイルの色補正などは制作工程で行うことですので、当サービスの対象外となります。

発注から納品、お支払いまでの流れ

お申し込みのための専用フォームを設けているので、masterCHECKERご利用を検討されている方は見積書を依頼するような感覚で、お問い合わせください。いただいた作業内容を確認して、もし所定の基本金額よりもオーバーすると判断した場合には、新しい料金の提示をさせていただきます。その内容に満足いただけない場合には、キャンセルとさせていただきます。納品条件と料金に了承していただければ、実作業へ進めさせていただきます。

実作業の中で発生した予定外の工程に対しては、発生時点でお客様に確認をさせていただきます。予定外のことに対しては常に確認を必要とします。予定していた作業が完了すると、弊社所定の方法で納品ファイル一式をお届けします。記録メディアの持ち込み、オンラインなどさまざまな形態へ柔軟に対応させていただきます。

お客様に無事にメディアファイルがお届けできたことが確認できたら、請求処理に移ります。請求書を発行してメールにてお送りしますので、支払い期日までにご入金願います。支払サイトは弊社指定の、納品月末締めの翌月末までの銀行振り込みになります。振り込み手数料はお客様側の負担でお願いいたします。