Brival|3.0.6

About Brival

I am using a MacBook Pro. At one time I decided to calibrate the built-in display. I adjusted using X-rite’s i1 Display Pro and DisplayCAL. Although it was decided to adjust the brightness of the display accurately in the middle of the adjustment, I realized that there is a problem with the adjustment function of macOS. It does not have a fine adjustment step and can not accurately reproduce the brightness value at a later date. I looked for somewhere software that could solve this problem, but eventually I could not find it, so I decided to make a small utility software by myself.

What I can do with Brival software is very few and simple. It will work fine on recent macOS and Macintosh. I hope it will be useful to everyone using display integrated Mac such as iMac or MacBook Pro.

If…

Please let me know by e-mail if you have any problems or missing features while using Brival. If I can cope with software improvements, I would like to update as much as possible. Since I am not an expert on software development of macOS, I may not be able to respond adequately, but if I notice the points to be resolved as a user, I will spare no effort for improvement. My e-mail address is following.

Download

If you like Brival, you can freely download and start using it. Brival is completely free to use, but I have copyright of software. Although it is possible to redistribute freely, it is not possible to modify the software. I will not be responsible for any damage you suffered from using this software. If you understand these things, you can use Brival immediately.

YAMAMOTO Hisayuki
yamaq@mount-q.com


Brivalについて

私はMacBook Proを毎日使っていますが、あるとき内蔵ディスプレイのキャリブレーションをやることになりました。X-rite社のi1 Display ProとオープンソースのDisplayCALを使って、ディスプレイのプロファイルとキャリブレーションを行いました。結果としてMacの出荷時の発色よりもかなり改善されて、映像制作でも活用できるのではないかと考えています。
Mac Proと外部ディスプレイの組み合わせでは、精度の高いモニター調整ができるようにメーカー独自のソフトウエアが用意されていますが、Macintosh内蔵のモニターではそのような仕組みは標準では用意されていません。

内蔵ディスプレイの調整で困ったのは、正確にブライトネス値を100nitsや120、80などに調整しようとした場合、キーボードから操作できるコントローラーでは微調整がやりにくい点です。さらに100nitsのブライトネスを得られたとしても、後日そのブライトネスを再現しようにもその方法がありません。システム環境設定で調整値を変更してしまうと、正確に元には戻せないのです。

そこでこれらの課題を克服するために、ソフトウエアを自ら作ることにしました。当初インターネット上にそのようなツールがあるのではないかと探しましたが、私には見つけることはできませんでした。ちょうどCのソースでブライトネス値を調整できるものを見つけたので、それをSwiftのコードから制御して最小限のGUIを加えてできたのがBrivalです。Brightness valueをコントロールするのでこのようなネーミングになりました。リリースした初期の頃は、配布をAppleのAppStoreから行っていました。ただ、公開にあたって使えない機能があったため2020年からはプライベートのWebサイトで公開する方針に変更しました。

もしお使いいただいている中で、不具合や足りない機能などあればメールにてお知らせ下さい。私はmacOSのソフトウエアを開発することは本業ではないため対応できない課題があるかもしれませんが、ユーザーとして課題を見つけた場合には自分も使う立場として解決したいと考えるでしょう。プリセットをSave/Loadできる機能は、ユーザーからのフィードバックに対して私も同じ考えを共有できたので対応しました。

Macintoshを使っている中で、Brivalがお役に立てれば幸いです。コンタクトを希望される方は当Webサイトには問い合わせフォームがありますので、そちらからご連絡いただければ幸いです。バージョン3.0.3からは、Appleの公証に対応しました。

ダウンロード