コンテンツへスキップ

About Qlip

The software that uses the longest time when creating video is the video viewer. Also included in the editing and compositing application is the video viewer. We should also be careful about video viewer a little more. It is the same way of thinking for DaVinci Resolve and Adobe Premiere. However, it is also true that there are few excellent software in the movie viewer. The most troubling thing when asking my friends is that there is no video viewer that can display the time code.

So I decided to make a compact video viewer that I felt easy to use. Qlip.app is application software I created that inspired me. Since it can be used for free for a long time, if you are not satisfied with the movie viewer just like me, consider using it at once.

Function of Qlip

  • It is completely nondestructive software. There is absolutely nothing to modify the imported file.
  • Always display time code and frame number.
  • The time code can be switched between TCR and TM1 / TM2 similar to VTR.
  • Display of main metadata included in media file.
  • Keyboard shortcuts such as play and stop fast forward and rewind.
  • Playback indicator to monitor playback speed.
  • Display function of various markers (Center, Cross, Safety 88% / 89% / 90%)
  • Enable / disable audio track monitoring.
  • Display Audio RMS/Peak.
  • The supported format is currently only mov, mp4, mts. In the future there is an idea to support MXF.
  • Supported frame rate is 16, 18, 23.976, 24, 25, 29.97, 30, 48, 50, 59.95, 60, 72, 95.904, 96, 100, 119.88, and 120.
  • It can be used completely for free.

Download

If you like Qlip, you can freely download and start using it. Qlip is completely free to use, but I have copyright of software. Although it is possible to redistribute freely, it is not possible to modify the software. I will not be responsible for any damage you suffered from using this software. If you understand these things, you can use Qlip immediately.

The operating environment is macOS 10.13 or later. Please note that you can not operate if you are using 10.12 or earlier. I recommend macOS 10.14.

If...

Please let me know by e-mail if you have any problems or missing features while using Qlip. If I can cope with software improvements, I would like to update as much as possible. Since I am not an expert on software development of macOS, I may not be able to respond adequately, but if I notice the points to be resolved as a user, I will spare no effort for improvement. My e-mail address is following.

Hisayuki Yamamoto
yamaq@mount-q.com


Qlipについて


映像を制作するときに最も長い時間を共にするのは、動画ビューワです。編集や合成をするアプリケーションに、必ず搭載されているのも動画ビューワです。私たちはもう少し動画ビューワについても気を使うべきです。それはアプリケーションのDaVinci ResolveやAdobe Premiereに対する考え方と同じです。しかし、動画ビューワですぐれたソフトウエアが少ないのも事実です。制作者たちの困っていることの一つが、タイムコードの表示ができる動画ビューワが見当たらないことでした。

そこで私は、自分が使いやすいと感じるコンパクトな動画ビューワを作ることにしました。Qlip.appは、そんな発想から生まれたアプリケーションです。機能制限なくずっと無料で使えるので、私と同じように動画ビューワに満足できていなければ、一度使うことを検討してみてください。
動作環境は、macOS10.13以降です。10.12以下の環境では起動できないのでご注意ください。アピアランスをダークモード基本としているため、10.14以降でご使用いただくことを推奨します。

主な機能

  • 完全な非破壊ソフトウエアです。読み込んだファイルに対して手を加えることは絶対にありません。メタデータは表示するだけで編集はできません。
  • タイムコードとフレームナンバーを常時表示し、スタートフレームは0か1を選択できます。
  • タイムコードはVTRと同じようなTCRとTM1/TM2を切り替えられます。TM1はリセットでき、TM2はクリップ先頭フレームが00:00:00:00固定です。
  • メディアファイルに含まれる主なメタデータを表示します。
  • 再生や停止早送りと巻き戻しなどのキーボードショートカットは、ZXCVキーに割り当て済みです。また、映像編集でおなじみのJKLキーボードもサポートしています。
  • 再生速度を監視するインジケータにより、再生フレームレートの確認ができます。
  • 各種ピクチャーマーカーの表示機能。放送フォーマットで必要なセーフティマーカーは、88%/89%/90%が個別/同時表示が可能です。
  • オーディオトラックは、モニタリング時に有効/無効が切り替えられます。
  • オーディオのRMS/Peak(レベルメーター)を表示します。
  • 対応フォーマットは現在、mov、mp4、mtsだけです。将来的にはMXFをサポートしたい考えはあります。
  • 対応フィールド周波数は、16、18、23.976、24、25、29.97、30、48、50、59.94、60、72、95.904、96、100、119.88、120です。ドロップフレームは、29.97、59.94、119.88の場合に有効で、メタデータに依存します。

ダウンロード

Qlipを気に入っていただければ、自由にダウンロードして使い始めることができます。 Qlipは完全に無料ですが、ソフトウェアの著作権は作者の山本久之にあります。 自由に再配布することは可能ですが、ソフトウェアに手を加えることはできません。万が一あなたがこのソフトウェアを使用することによって被ったいかなる損害については、作者は一切の責任を負いません。これらのことをあなたが理解していれば、すぐにQlipを使うことができます。