コンテンツへスキップ

macOSに搭載されている画面共有機能、みなさんも使っていることと思います。複数のMacを一台のMacから自在にコントロールできるので、わざわざそのMacの前に行かずに済みます。すぐに行ける距離なら良いのですが、遠隔地になるとお手上げです。そんなときには画面共有は大活躍します。この画面共有はVNCを使ってコントロールしていますが、相手側のMacの中で展開される色が変だと感じたことはありませんか?
... "VNCで相手先の色が変な時は" を続けて読む

2

1Passworsを本格的に使うようになってから、同じパスワードの使い回しはやらなくなりました。その代わりにすべてのパスワードでユニークな文字列が必要になったので、自分で「パスワード発生器」を作ることにしました。その名もPasswordGenerator。一年くらい使っていて不具合はなく便利に使っていたので、もしよろしければと思い公開することとしました。
... "パスワード作成アプリPasswordGenerator" を続けて読む

これも先日のEIZOSALONの場でBMDのエンジニアの方からお聞きした有益な情報です。DaVinci Resolveのシステムを構築する際にはどのくらいのメモリが妥当なのか?
... "DaVinci Resolveのメモリ容量" を続けて読む

APFS(Apple File System)はmacOS10.13から導入されましたが、ファイルシステムはOSの中の血液みたいなものと私は理解しているので、HFS+からAPFSに移行するということはとても大きな変化なのです。ユーザーから見るとそれほど大きな違いに感じないところは、Appleの上手なところではあります。APFSになったことで、システムのバックアップが以前のようにできなくなっていてとても困っていましたが、最近少しずつですがこのAPFSと仲良くなり始めたと感じられています。
... "APFSの利点を感じた" を続けて読む

ディスクイメージは聞いたことはあるけど、自発的に使っているMacユーザーは少ないのではないでしょうか。ディスクをイメージ化するためのしくみとして生まれたので、歴史はフロッピーディスクの頃から続いているんです。ディスクをイメージ化する?これを聞いただけでは、わかったようなわからないようなボンヤリとした気持ちになるかもしれません。今回はこの便利なディスクイメージを活用することを啓蒙したいと思います。
... "もっと活用したいディスクイメージ" を続けて読む

5

Dropboxからの引っ越し先を検討していたところ、ローカルのMacの中にファイルを置かずに完全なクラウド上にファイルを格納するGoogle File Streamというものを知りました。去年くらいからサービスが正式に始まっていたそうですが、これを使うにはG Suiteという法人向けのサービスに加入することになりました。まだ試用期間中ではありますが、どんな風にこれまでと変わったかをまとめてみました。
... "G Suiteに加入" を続けて読む

私のMacBook Proには、キーボードのHHKBとマウスのMicrosoft3600、そしてAirPodsがペアリングされています。macOS10.12.6で使っている時の顛末はこちらに以前書きました。最近eGPUの検証のためにOSを10.13.6に更新したところ、これまでモヤモヤしていたBT周りのトラブルが嘘のようになくなりました。
... "macOS10.13とBluetoothデバイス" を続けて読む