コンテンツへスキップ

6

以前QuickTime7プレーヤーはオワコンになったことを書きましたが、その際にまだ完全に捨てきれない事情があることをコメントで教えてもらいました。私が最近使っている動画ビューワは、mpvなのですがこれとて完全ではありません。対応コーデックは数多いものの、メタデータの表示が未対応という大きな欠点がありまあす。そこでこの課題を解決すべく自力でビューワの開発を進めています。
... "動画ビューワを試作中(修正)" を続けて読む

macOS10.14 Mojaveから搭載された新機能ダークモード。個人的にはこの登場を心待ちにしていましたが、実際に使ってみると自分には馴染まないことがわかりました。ダークモードは夜間の使用時には落ち着いていて良い面もありますが、コントラストが低いため私のような老眼者には辛い面がありました。ただ、ダークモードに適しているアプリケーションもあって、個別にOn/Offして使うことが自分には適していると思っていて、その方法を紹介します。
... "ダークモードをカスタマイズする" を続けて読む

先月前にリリースされたmacOS10.14はいかがでしょうか?えっ?まだアップデートなんてするわけないでしょ。とか、10.13で苦しんだので当面見送りですわ。みたいな声が聞こえてきます。気のせいだと良いのですが(笑)
私は先日yamaqblogに書いた通り、リリース初日の早朝勤務にて更新しています(キリッ)。DaVinci Resolveも15.1.1に更新していて、その組み合わせに加えてPremiere Pro2018を試用し始めました。その中でちょっと慌てたことがあったので書いておきます。
... "MojaveとMetal" を続けて読む

4

macOSのクリーンインストールの際に、「QT7Playerは入れといてください」とリクエストを受けることが、今でも一定の数で残っています。すでに入手できなくなっているので、私が以前コピーしておいたものを置いてくるのですが、ライセンス的にはグレーなところもあるので気持ち良くありません。もっと気持ち良く無いのは、すでにFCP7と同様過去のツールだということです。Mojaveではまだ動くそうですが、次期macOSでは起動しなくなるそうです。
... "お疲れ様QuickTime Player7" を続けて読む

今週火曜日にリリースされたmacOS10.14 Mojave。例外にもれずリリース当日に更新しました。WWDC以降話題となったOSのデザインに関する機能も多く、ダークモードやFinderのスタック機能など期待されている方も少なくないと思います。使用開始二日目になったところで、今回のバージョンアップについて書いておきます。
... "MacをMojaveに更新" を続けて読む

古巣のポストプロで教えてもらった便利なTIPSを共有したいと思います。Premiere Proはバージョンアップを重ねて新機能や新しいコーデックへの対応など、どんどん進化しているように見えます。その反面最新バージョンで作成したプロジェクトデータは、下位バージョンでは直接開くことができません。正攻法ではXMLなどのインターチェンジファイルを介して、下位バージョンのPremiere Proに持っていくことと思います。こんな場合のTIPSです。
... "Prプロジェクトを下位バージョンで(追記)" を続けて読む

2

今月から使い始めたGoogle Drive File Streamですが、まだDropboxのように手慣れたところまでは到達していません。メインのMacBook Proでは常時ボリュームとしてマウントすることはやめて、サブ機の自宅サーバで常時運用しています。基本的にはこのようにFUSEを使ったボリュームとしてアクセスする方法と、Webブラウザで使う二つのどちらかをみなさんは使っていると思います。今日ひょんな事から三つ目の方法をみつけました。
... "G driveへの三つのアクセス方法" を続けて読む