コンテンツへスキップ

インターネットが登場した頃から、ユーザー名とパスワードは各所で必要になってしまったので、同じ組み合わせを多用していることが多いのではないでしょうか。実を言うと私はつい最近までそうでした(汗)。面倒なのは定期的にパスワードを変更するように促されるサイトです。これまではなんとかやりくりしていましたが、もう限界だと諦めて別の方法で管理するようにしました。
... "パスワードの管理" を続けて読む

MacBook ProやiMacのような一体型Macのディスプレイを調整するためのユーティリティ、Brivalをバージョン2.2.3に更新しました。今回の更新で開発言語はSwift4対応となりました。また、ユーザーからいただいていたブライトネス値のプリセットを使用できるよう機能追加しました。
... "Brivalを更新しました" を続けて読む

MacBook ProやiMacで、それなりにキャリブレーションを実行して自分の手でベターなモニタリング環境を維持しようと考えるユーザーが、今後徐々に増えていくと予想しています。この背景には、低予算の中でもブロードキャストクオリティをパスしているような制作物を望まれることが増えるからです。
... "モニターの輝度調整" を続けて読む

4

Mac OS XからmacOSに至るまで、バージョン10.0から10.13.3までずっと使ってきていますが、今回バージョン10.13.3から10.12.6にバージョンダウンしました。これまでこんなことはやったことはなく、初めての経験です。自分で言うのもなんですが、私はApple信者を自認しているので、Appleの製品は最新版を使うことと決めていました。
... "不本意ながら10.12.6に戻す" を続けて読む

QuickTimeのムービーファイルは、どのアプリケーションを使って再生していますかと聞くと、大半の方はQuickTimeプレーヤーですと答えると思います。なんせmacOS標準ですから、デフォルトの拡張子との関連付けでもそうなっています。私は何を使っているかといえば...
... "動画のビューワ、何使ってますか?" を続けて読む

はじめてMacを使ったのはMacintosh Classicでしたが、そのころからコピー&ペーストは使えていて、コンピュータって便利だなあと感心していたものです。それから時間と時代は経過しましたが、今でも毎日使っているコピー&ペースト。今でも使っているということは、言い換えれば進化し続けているから使われているわけです。
... "コピー&ペーストの進化" を続けて読む

Macで映像編集をするようになってから頑なに守っているセッティングの一つが、スクリーンセーバーを無効にすることです。昔のMacはまだ非力だったので、バックグラウンドで動いているものは片っ端から止めておけ、というのがNLEをMacで動かすための鉄則でした。そんな私ですが、AppleTV 4kの動画スクリーンセーバーが素敵だったので、自分のMacにも入れてみました。
... "AppleTV 4kのスクリーンセーバー" を続けて読む