コンテンツへスキップ

動画ビューワQlipに、オーディオのレベルメータを実装しました。動画は映像だけではなく音声と合わせて完成するわけですから、音のモニタリングも重要なことは言うまでもありません。マルチチャンネルの際にどのトラックのどのチャンネルを表示するかの選択がうまくできていないのですが、一般的な完パケ素材の1トラックステレオの場合では問題なく使えています。今回のエントリーでは、そのあたりの仕組みについて紹介します。
... "Qlipのオーディオ機能" を続けて読む

11

少しずつ更新していますが、動画ビューワQlip(クリップと読みます)を更新しました。ソフトウエアアップデート機能があるのですが、正常に動作しないことが判明しましたので、Webサイトから再度手動でダウンロードしていただいて、差し替えをお願い致します。お手数をおかけします。
... "動画ビューワQlip更新しました" を続けて読む

すでにお知らせしているように、動画ビューワを静かにリリースしましたが、実はここに至るための伏線がありました。それがタイムコード計算機です。ソフトウエアを作るにはプログラミングの知識とそれを活用するためのテクニックが必要ですが、初心者が試しに作るのが電卓アプリです。私も入門編としてSwiftで挑戦しました。
... "タイムコード計算機" を続けて読む

6

以前QuickTime7プレーヤーはオワコンになったことを書きましたが、その際にまだ完全に捨てきれない事情があることをコメントで教えてもらいました。私が最近使っている動画ビューワは、mpvなのですがこれとて完全ではありません。対応コーデックは数多いものの、メタデータの表示が未対応という大きな欠点がありまあす。そこでこの課題を解決すべく自力でビューワの開発を進めています。
... "動画ビューワを試作中(修正)" を続けて読む

先月前にリリースされたmacOS10.14はいかがでしょうか?えっ?まだアップデートなんてするわけないでしょ。とか、10.13で苦しんだので当面見送りですわ。みたいな声が聞こえてきます。気のせいだと良いのですが(笑)
私は先日yamaqblogに書いた通り、リリース初日の早朝勤務にて更新しています(キリッ)。DaVinci Resolveも15.1.1に更新していて、その組み合わせに加えてPremiere Pro2018を試用し始めました。その中でちょっと慌てたことがあったので書いておきます。
... "MojaveとMetal" を続けて読む

古巣のポストプロで教えてもらった便利なTIPSを共有したいと思います。Premiere Proはバージョンアップを重ねて新機能や新しいコーデックへの対応など、どんどん進化しているように見えます。その反面最新バージョンで作成したプロジェクトデータは、下位バージョンでは直接開くことができません。正攻法ではXMLなどのインターチェンジファイルを介して、下位バージョンのPremiere Proに持っていくことと思います。こんな場合のTIPSです。
... "Prプロジェクトを下位バージョンで(追記)" を続けて読む

Resolveバージョン15からは、Fusionというこれまでの別アプリがResolveの中に引っ越ししてくるので、キーボードショートカットが足りなくなるでしょう。そのため、Resolveの6つのページごとにショートカットを指定できるようになります。これと併用してアプリ全体で共通した設定も使用できます。今回紹介するショートカットはこれとは別のTIPSで、ホームポジションからなるべく手を動かさないようにできる方法です。
... "NLEでのKBショートカット" を続けて読む