コンテンツへスキップ

AppleのPro製品はこのくらいでいいのだ

Final Cut Pro、Mac Pro、MacBook Pro。これらに加えて今年の年末にiMac Proも登場。iMacはエントリーモデル以上、上位モデル以下と勝手に位置付けをしていたので正直違和感満載ではあります。スペックは高そうですが、価格も高そうです。これまたよく聞かれることに、「やまきゅうさんはiMac Proどう思いますか?」への答えとして、スペックと価格のバランスが良くないので通常モデルを2台買った方が良いのでは、と答えています。
iMacまでがPro化する背景には、MacintoshラインナップへのAppleの苦労が感じられます。黒い筒型のMac Proでは、プロフェッショナルユーザーのニーズを完全に見誤りました。拡張性に対しての必要性が業務ユーザーには欠かせないことを表しています。なぜ拡張せねばならないかと言えば、ハードウエアのスペックを拡大したいのと、短い期間で新しいモデルに入れ替えたいからです。これが満たせれば拡張機能はどんな形でも良いのです。次期モデルのMac ProにはそんなAppleらしい方法が反映されていれば良いのですが。

Proモデルはハイエンドと言われるくらいの高いスペックでなければならない、と私たち業務ユーザーは考えがちです。でも現在のプロの人たちの映像の作り方を見ていると、アマチュアの方達と使っているツールに大きな違いはありません。MacやAdobe、Autodesk、Avid、Blackmagicdesign。同じものを使っています。まあ3DCG業界はそうではないと言われるかもしれませんが、昔に比べれば違いは微差です。もしかするとゲーマーが使っているPCのGPUの方が我々よりも高いことも珍しくないでしょう。

だからProが付く製品もハイスペックでハイプライスでなくても良いのでしょう。本当は。使っている道具でプロかアマチュアかを区別する時代はもう終わったので、それ以外の面で勝負しなければならない難しい時代に入っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。