コンテンツへスキップ

MacらしいアプリNotes

Evernoteの機能に不満が溜まっていたので、有料コースの更新は止めていました。Webで見かけた情報の再利用や、残しておきたいメモを簡単に貼り付けられるサービスは便利でした。しかし、たびたび更新されるUIは私には方向性がズレてきたので、自然と距離を置くようになっていました。乗り換えに関しては同様のWebサービスは自分には見つからず、代替え案はテキストを単一のファイルに書き出して残すという前時代的なやり方でした(汗)

macOS付属のNotes.appは、Evernoteからのデータを取り込む機能があるのは耳にしていました。そんな経緯で、簡単なお試しでNotes.appを使ってみたところ、予想以上にMacらしさが盛り込まれていて、久しぶりに感じるヒットなアプリでした。

テキストの体裁

Notes.appの編集パレットでは、フォントの変更はmacOSの中のものを自由に使用できる点をはじめ、他のテキストエディター同様な機能が使えます。一般的なドキュメントのためのタイトルや、サブタイトルに相当するヘッドライン、本文などもあるのと、ソースコードをペースとした際に視認性を高める等幅のスタイルも用意されています。その他には、箇条書きやナンバリングはもちろん使えます。インデントした際に、その二行目以降も一行目に頭合わせしてくれる機能など、なかなか気の利いた造りになっています。

編集機能

地味ですが、Commandキーを併用すればブロック選択が複数できるので、ドキュメントの中で変更箇所が飛び石になっていて複数あるときでも気持ちよく一括変更できました。URLをChromeからペースとした時は、最初は単なるテキストとして表示されます。この段階で勝手にURLリンクを付加されない仕様も気に入りました。その後、クリックだけでWebブラウザに切り替えるような使い方にしたければ、はじめてここで手動でURLリンクに変更できる機能が備え付けられています。
テキストエディタとして編集を続けていた際の保存は、すべてバックグラウンドで自動的に行われます。Command+Sは不要なんです。私は古いユーザーなのでこの点に関しては、なんだか落ち着かない不安感はありますが(汗)

その他

Numbersのファイルを編集パレットにドロップするとオリジナルへのリンクが登録されます。このあたりは、Apple純正アプリの挙動でスムーズです。私は使わないのですが、MacBook ProのTouch Barにも対応はしていて表示は反映されていました。余計なことはしないけど、しっかりと基本操作はサポートしているという気の利いたヤツな印象です。昔で言えば、MacDrawIIみたいな感じで使っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。