コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve15.2.1リリース

InterBEE初日にリリースされた15.2でしたが、これに対するバグフィックスバージョンがリリースされました。いつものように、Google翻訳を使ってまとめましたのでご覧ください。

  • MXF OP1A形式へのレンダリングがクラッシュを引き起こすか、または破損したファイルを生成する問題を解決
  • コンテキストメニューを使用してプロジェクトを開くとクラッシュすることがあるという問題を解決
  • Dynamic Project Switchingオプションがアプリケーションの再起動時に間違った状態を反映する問題を修正
  • コラボレーションプロジェクトで作業中にデータベースを切り替えるとアプリケーションがハングアップすることがあるという問題が修正
  • ドロップフレームを有効にしたプロジェクトで新しいマルチカムまたは複合クリップを作成する際の問題を解決
  • 字幕ファイルを含むフォルダをメディアプールに追加するとクラッシュする問題を解決
  • Retimeコントロールを有効にしてクリップを削除すると、Editページでクラッシュするという問題が修正
  • Fusionコンポジションが選択されたときに重複クリップアクションが機能しない問題を解決
  • レンダリングされたQuickTimeクリップのオーディオが、WindowsおよびLinux上でステレオではなくデュアルモノとして誤ってタグ付けされるという問題を解決
  • XAVCにレンダリングするときの色空間とガンマタグ付けの問題を解決
  • 特定のCanonのRawクリップのハイライトが紫の色合いになる問題を解決
  • 切り替えモニタのスケーリングモードがMediaおよびEditページに影響を与えない問題を解決
  • シングルビューアモードで、ソースとタイムラインの間でビューアを切り替えるキーボードショートカットの問題を修正
  • タイムラインビューアでマッチフレームを実行してもフォーカスがソースビューアに切り替わらない問題を解決
  • 編集タイムラインにフォーカスが合っているときにInまたはOutアクションへのキーボードショートカットが機能しないという問題を修正
  • 新しいプロジェクトを開始するときにImport Mediaのキーボードショートカットが機能しないという問題を解決
  • AまたはCモードのソートに切り替えるためのショートカットを割り当てることができない問題を解決
  • リモートバージョンを削除すると、同じリモートバージョンを使用している他のクリップがローカルに切り替わることがあるという問題を解決
  • 拡張オプティカルフローモードを使用すると再生中にアーティファクトが発生することがあるという問題を解決
  • 一部のDPX 10ビットイメージを再生すると、Colorページにアーティファクトが表示されるという問題を解決
  • Colorページでクリップのサムネイルをクリックした後にすべてを選択すると、すべてのクリップが選択されないという問題が解決
  • Resolveが特定の言語に設定されているときに、メディアプール内に新しいFusionコンポジションを作成するとクラッシュする問題を解決
  • Fusionページでクリッププロキシをプレビューするときに変形ツールがオフセットを表示する問題を修正
  • マスクツールのソフトエッジを高速ガウスに設定すると誤った結果が生じる問題を解決
  • Fusionページでポリゴンシェイプを描画するときに、ビューアのゲインやガンマ値を変更できない問題を解決
  • FairlightFXまたはオーディオプラグインが適用されたオーディオクリップのセクションをプレビューする際に、オーディオアーティファクトの問題を解決
  • FairlightFXのバイパス状態がレイテンシで切り替えられたときにオーディオ不連続の問題を解決
  • クロスフェードを使用して別のクリップをオーディオクリップに挿入すると、新しいクリップにクロスフェードが追加されることがあるという問題を解決
  • Auxダイアログを開いてAuxバスを削除するとクラッシュする問題を解決
  • ネストされたタイムラインバスのトラックフォーマットがFairlightページに正しく読み込まれないことがあるという問題を解決
  • macOSとLinuxのFairlightページで再生ヘッドのフェード操作が正しく動作しない問題を解決
  • オーディオスクラブが有効になっているときに再生ヘッドをFairlightタイムラインの開始位置にドラッグしても正しく動作しない問題を解決
  • サムネイルモードでFairlightインデックスにマーカーが表示されない問題を解決
  • Fairlightページでクリップのアクションが正しく機能しない問題を解決
  • 長いマルチチャンネルWAVファイルをレンダリングすると、不完全なクリップが生成されることがあるという問題を解決
  • Fairlight Studioユーティリティをインストールすると、ユーザにプロンプ​​トを表示せずにシステムを再起動する問題が修正
  • Tangent Elementsパネルの特定のコントロールを処理する際の問題を解決
  • ビンからのリコンフォームを実行するとクラッシュすることがある問題を解決
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。