コンテンツへスキップ

お疲れ様QuickTime Player7

macOSのクリーンインストールの際に、「QT7Playerは入れといてください」とリクエストを受けることが、今でも一定の数で残っています。すでに入手できなくなっているので、私が以前コピーしておいたものを置いてくるのですが、ライセンス的にはグレーなところもあるので気持ち良くありません。もっと気持ち良く無いのは、すでにFCP7と同様過去のツールだということです。Mojaveではまだ動くそうですが、次期macOSでは起動しなくなるそうです。

なぜQuickTime Player7を今でも使いたくなるのか?なぜ今でも使わなくてはならないのか?その理由はわかっています。movファイルが簡単に確認できて、埋め込まれているタイムコードが表示できるからでしょう。でも表示できれば良いと言うものでは無いんです。素材の色は全然デタラメですから、これで見た色を元にしてスタジオで見たものと違う、なんて真顔で怒られても笑いしか出てきません。

動画に埋め込まれているメタデータ、主にタイムコードですが、それを確認するためのツールは実はあまり多くはありません。過去にはScratch Playという低価格で高機能なものを使っていたこともありますが、いまではDaVinci Resolveをオススメしています。起動するにはそれなりの時間はかかりますが、技術的にはこれを使って色を見てもらえれば色のトラブルはかなり軽減できると思っています。非技術職の制作系のスタッフには重荷になることはわかるのですが、Resolveで動画を確認することはいろいろ利点は多いのです。

Avid御用達のDNxHDコーデック。新旧いろんなタイプがあって、これを簡単に見られるプレーヤーもあまり多くはありません。DNxHDを確認するためだけにProRes変換を依頼してくるセイサクさんもいると聞きますから、頭が痛くなります。DaVinci Resolveで動画プレビューは荷が重かったら、mpvという軽量で無料の優秀なツールもあるので、せめてそちらを使ってほしいところです。残念ながらタイムコード表示には非対応です。

Log形式のファイルを扱うことがこの先さらに増える時代ですので、ビューワを選択する際には色が正確に出るかどうかの知識くらいは持っていたいところです。その点ではQuickTime Player Xも怪しいので要注意です。

4 thoughts on “お疲れ様QuickTime Player7

  1. XVG

    いつもブログを見させていただいて勉強させてもらっています。

    このQuictime7問題ですがまさに頭を悩ませています。
    TC表示機能とメタデータ表示機能そしてコマ送りできるか。この3点を簡単に出来る簡易プレイヤーはないのでしょうか?
    もし何か情報があれば教えていただきたいです。
    Resolveも良いのですが音声の詳しいパラメータが表示できないのと設定しだいでビューワーの表示アスペクトが変わってしまう問題、またQTplayerで読み込めなくてもある程度認識してしまう事で簡易プレビューでは避けています。

    もちろん色を確認するなどの場合は適していると思います。

    うちの会社ではTelestreamのSwitchを使おうかという話も出ているのですがあまり使っている人の話を聞かないので少々不安な状況です。

    何か良い解決策はないのでしょうか?

    返信
  2. やまたけ

    YamaQ様
    TCだけじゃ無いんです。
    オーディオトラックの確認、トラック名の変更、トラックの削除
    これらが行えるツールが存在しないんです。

    返信
  3. XVG

    やまたけ様のおっしゃられてる件は私も問題になっています。
    QuicktimeXでも「ムービーのインスペクタ」は表示できますが「ムービーのプロパティ」はQuictime7でないと表示できない。
    注釈の追加、削除もQuictime7でないと編集できないのも問題です。
    FCPXやCompressorでタイトル名を注釈で追加してしまうから後でファイル名を変えただけでは不十分になってしまうのです。

    返信
  4. Casiopea

    うちの会社では、Windows環境のオフィスフロアのPC(40台弱)のQT7 から
    Telestream Switch(Free版)へ移行中。
    Free版でウォーターマークが邪魔って言うスタッフは、さらに有料版へ移行。
    直近では、ProRes422HQ納品対応予定の某BS局さんで、
    打ち合わせ時に確認したのですが、
    納品完パケのファイルのCheck、PVは
    Telestream Switchで行なう予定との事でした。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。