コンテンツへスキップ

iPhoneとホームボタン

やっとデータの移行ができて、SuicaもAppleWatchとiPhoneに戻り、徐々に新機種に馴染み始めています。これまでの習慣でiPhoneを使い始めるときに使っていたホームボタンがありません。これは当初スゴイ違和感が強かったのですが、徐々に慣れてきました。ただ、暗がりで使い始めるときには、どちらが上か下かがわからずこの点は困りました。ホームボタンは最初のiPhoneから備わっていましたが、ここに来て私の使うiPhoneからは姿を消しました。このホームボタンがこれまで操作の中で大きな障害となっていたことが、存在がなくなってはじめてわかりました。

使い始めるとき、アプリからデスクトップに戻るときなど、操作の要所で必ず押していたホームボタン。これがないiPhoneを使ったことがなかったので、あることが当然に感じていました。最近では指紋認証でも使えるのでとても重要な機能となっていました。しかし、なくなって気がつくのが、ホームボタンは操作の一連の中で文章の句読点のように前後を分断していたのです。

ホームボタンがないiPhoneでは、元のホームボタンの位置で指を下から上に滑らせることで、同じ操作ができます。滅多に操作の空振りは起きないのが、Appleの頑張った所の一つでしょう。物理的なボタンや指へのレスポンスがないかわりに、とても前後の操作を円滑に繋いでくれます。この操作はアプリの切り替え操作にも連結しているので、その効果は非常に大きいことがわかります。

指紋認証がなくなったことで、FaceIDが代わりに使えるようになりました。指紋認証のように何本も指を登録することなく、顔を左右上下に動かすだけで登録できる点は改善されたところです。その登録された認証データがログインなどで活躍するわけですが、ホームボタンの認証よりも迅速にパスできます。運悪く自分の顔がなんらかの原因で認証できなかった場合にはレガシーなパスワード入力になりますが、1日程度使った限りでは正解率は非常に高いです。メガネの有る無しでも問題無しです。

このホームボタンがなくなったことと、プロセッサの強化やiOSの改善などが協調されて、これまでのモタモタした操作感がまったくなくなりました。以前だとAppleの売り文句で機能が強化されたiPhoneと言われたものの、自分の中ではまだもっさりした部分はありましたが、今回でそれはなくなってこの先はやっとiPhoneなりの正当な進化の道を歩き始めるのだと思います。この感覚はmacOSが10.4に更新したときに感じたアレに似ていて、以降OSの着実な進化があったわけで、iPhoneも同じような道を歩んで行ってほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。