コンテンツへスキップ

iPhoneのデータ移行

購入後に何よりも優先的に設定したかったのが、Suicaでした。私は交通機関の利用にはじまり、コンビニや店頭での支払い、北陸新幹線の乗車、そして東海道新幹線もやっとSuicaでのチケットレスに対応。などなど出費の際の支払い手段がSuicaに対応しているかどうかが、そのサービスを選択する時の第一条件でした。そんなわけなので、日頃のライフラインとなっていて、電気ガス水道に次ぐ重要な存在となっていました。

2年前の機種変更から念願叶ってiPhoneでSuicaが使えるようになりました。しかし、ViewカードはiPhoneのSuicaとしては使用できない妙な仕様に悩まされますが、今日に至って快適に使っていました。iPhoneに続いてAppleWatchも追加購入していたので、その中にもしっかりとSuicaは存在感を示していて、電車の乗り降りではiPhoneを出さずにも改札を通過できるようになっていました。

今回の機種変更で最も心配だったのが、このSuicaの移行でした。そんな心配があるくせに、事前の準備ができていない中での衝動的な購入に至ってしまい、移行するのにドキドキでした。結局購入日の夜には自宅で無事にこれまでの環境を再現でき、手順は難しいものではありませんでした。移行にはSuicaアプリは無関係で、旧機種のWalletアプリからSuicaを削除しておくことだけです。当初旧iPhoneの削除は済ませていたのですが、何度やっても新機種でSuicaが出て来ません。ViewカードのSuicaではなかったのが原因なのかとか、手順に誤りがあったのかなど心配は膨張していき、当面キップの生活になるのかも、と諦めかけていました。

こんな時には一旦トイレにでも行ってスッキリすると、新しい道が見えてくるものです。私の場合、これは冗談ではなくトイレや洗面所、お風呂などの水回りに行くとそれまで気がつかなかったことが見つかることが多かったのです。それまでの強すぎる先入観を「水に流す」わけですね。今回もトイレに行ったときに、AppleWatchの存在を思い出しました。AppleWatchの中にもSuicaがしっかりと登録されていたので、私の場合SuicaはiPhoneとAppleWatchの二箇所にあったのです。スムーズに移行するためにはこの両方でSuicaを削除しておけばすんなり行くのでした。こんなわけで結局移行は非常に簡単でした。ただ、私のような二箇所キープのケースはあまり想定していないので、手順書にもその点がぽっかりと抜けていました。この辺りも考慮した手順書の作成をお願いしたいものです。

Suicaさえ移行できれば心配もクリアされ、あとは粛々と必要なアプリをダウンロードして、設定アプリから諸々を再確認することで以前のような環境に戻りました。新しいiPhoneですが、良い意味での意外性があったので、それはまた次回のエントリーでレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。