コンテンツへスキップ

iPhone2018秋の変

使い始めてちょうど2年が経過したので、今年がiPhoneの買い替え時になっていました。まあ2年で必ず機種変更をする必要もありませんが、本体価格を24回の分割払いにしてから機種変更への出費の負担増が気にならなくなっていました。まんまと携帯キャリア側の思うツボにはまっているわけで...。
さて、正直言って今回の機種変更はそれほど大きな期待感は持っておらず、どちらかと言えば来週早々に予定されているmacOSの更新に気持ちは集中していました。そんな中、昨日夕方に突然何かに背中を押されて、家族揃ってアキバのヨドバシに向かうことになりました。

初日でもあるのですぐには入手できないと思っていて、twitterで様子を検索してみると、お昼くらいの段階でも当日入手ができそうな様子でした。今年は本体の品薄には至っていないような情報も事前に耳に入っていたので、実機を見るだけつもりで出かけたわけです。まあ入手できるのであれば勢いで買ってしまう気は満々でしたが(汗)

アキバの店頭に到着したのが16時前。在庫状況を示す看板を手にした店員さんが入り口で待ち構えていて、ドコモは一番良いポジションでカウンターまで出していました。そこで実機を見ながら在庫を確認したところ、XS Maxはゴールドの256GBのみ残っていて、XSはすべて残っていました。この瞬間「発売当日即お持ち帰りコース」が確定していました。そして、家族3人でそそくさとカウンターに進んで手続きを始めた次第です。

今年は売れ行きがそれほどでもないのかと思っていたところ、お店のスタッフによれば雨が我々には幸いしていて出足が鈍っているとのこと。ただ、金曜日の仕事が終わりかけるくらいには混んでくるでしょう、と言っていました。事務手続きが済む頃には我々の後ろには30人くらいの列ができていて、偶然にも来店タイミングが良かったことがわかりました。

我が家はドコモを使っていましたが、今回からは機種変更時に旧機種の下取りがその場でできるようになっていて、その下取り価格を購入代金から差し引いてくれるようになっていました。おぼろげな記憶では前回の更新時にはドコモポイントにしかならなかった理解だったので、お願いすることにしました。しかし、よく考えると無計画で来たため十分なバックアップができていません。今回は下取りは見送ることにしました。そこそこ嬉しい価格で引き取ってくれそうなので、月々の支払いを少しでも抑えたい方は事前にバックアップを済ませて、その場で初期化できるようにしておくと良いでしょう。

初期化をする際には、Suicaを使っている方は自宅でデータをクリアすると、店頭までの電車賃をSuicaから支払いできなくなるので要注意です。私はこのSuicaの移行で手こずったのですが、そのあたりの顛末は次回のエントリーでレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。