コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve15.0.1リリース

新バージョンのリリース後初めての更新です。15.0.1が本日リリースされたので、いつものようにGoogle翻訳を使ってまとめました。興味がある方はご覧ください。

DaVinci Resolve 15.0.1での更新点

  • Dolby Visionサポートの改善
  • データベースの切り替えによってDynamic Project Switchingが無効になることがある問題を解決
  • プロジェクトをロードした直後に保存を実行すると反応が遅くなる問題を解決
  • 一部のUTF-8エンコードされた字幕がタイムラインに正しくインポートされないという問題を解決
  • プラグインのオーディオクリップ属性を貼り付けるのが正しく動作しない問題を解決
  • DaVinci YRGB Color ManagedでRED IPP2ガマットマッピングを適用するとバンディングが発生する問題を解決
  • 事前に生成されたアルファを含むFusionクリップが再生中に正しく表示されないという問題を解決
  • HDR10 +のパラメータをダブルクリックすると誤った値にリセットされる問題を解決
  • マッピングされていないネットワークドライブへのレンダリングがWindows上で正しく動作しない問題を解決
  • Fusionページでプロジェクトを切り替えると、ユーザーインターフェイスが正しく読み込まれないことがあった問題を解決
  • スタックビューでプロジェクトを読み込むときにトラックが空白として表示されることがあった問題を解決
  • MacOSのディスクデータベースプロジェクトが保存中に破損する問題を解決
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。