コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve15/Media新機能

本日リリースされたDaVinci Resolve15の、Mediaページに関するリリースノートを翻訳しました。

Media新機能

  • Blackmagic DesignカメラからCinemaDNGクリップをデコードする際の、第4世代カラーサイエンスのサポート
  • 拡張ビデオLUTへのBlackmagic Design Film Generation4のサポート
  • Cintel HDRキャプチャのサポート
  • Final Cut Pro 7 XMLファイルからのクリップマーカーインポートのサポート
  • FCP7 XMLファイルを使用してメディアをインポートするときに、マーカーの色とデュレーションマーカーをクリップにインポートする機能のサポート
  • Final Cut Pro 7 XMLファイルからメディアおよびメタデータをインポートする際のビン階層の保存のサポート
  • クリップ名とファイル名の両方のリストビューでクリップタイプのアイコンをサポート
  • ファイル名の代わりにクリップ名をデフォルトとして表示する機能をサポート
  • Media Pool内のメディアファイルとそのすべてのインスタンスの置き換えのサポート
  • Media Pool内のビデオクリップから同期されたオーディオファイルへのナビゲートのサポート
  • クリップをビューアからMedia Poolにドラッグしてサブクリップを自動的に作成する機能をサポート
  • Media Poolのハイスピードクリップのフレームレートを使用したソースインポートのサポート
  • Media Poolへのフォルダのインポート時に空のフォルダを保持する機能のサポート
  • 複数のオーディオトラックを持つクリップからの改善されたLTC検出のサポート
  • Media Pool内の大きなクリップサムネイルのサポート
  • Media Poolサムネイルのクリップカラーインジケータ表示のサポート
  • Media Poolのコラムリストの改善
  • Media Poolとタイムラインからサブクリップの範囲を変更するサポート
  • クリップ属性でのiXMLチャンネル名の表示のサポート
  • Media PoolおよびMedia Storageのサムネイルモードでのオーディオクリップの波形表示のサポート
  • Media PoolおよびMedia Storage内のオーディオクリップのライブプレビューのサポート
  • コラボレーションプロジェクトでの複数ビンビューのサポート
  • 小さなMedia Poolのフローティングウィンドウのサポート
  • DaVinci Resolve StudioでのネイティブIMFデコードのサポート
  • ネイティブのKakaduベースのJPEG2000デコードをサポート
  • Kakaduコーデックを使用した暗号化されていないDCPパッケージのデコードのサポート
  • ARRI LFカメラファイルのサポート
  • MXFまたはMTS形式のH.264クリップのデコードのサポート
  • カラーマネージメントにおけるCanon Log3のサポート
  • DNxHR 422コーデックによるアルファチャンネルのサポート
  • 8ビットPhantom Cineクリップのデコードのサポート
  • QuickTimeおよびMXFクリップからの色空間およびガンマ情報の読み取りのサポート
  • Cineform RGBからデコードする際のアルファチャンネルのサポート
  • 非圧縮10ビット浮動小数点フォーマットにキャッシングするときのアルファチャンネル保存のサポート
  • 非圧縮16ビットfloatにキャッシュするときのアルファチャンネルを保存するサポート(HDR時)
  • 静止画を読み込む際にメタデータに基づいてアルファモードを自動的に設定する機能をサポート
  • FLACオーディオファイルのデコードのサポート
  • HEIFデコードのサポートは、MacとStudioバージョンのWindowsおよびLinux版
  • TGA画像のデコードサポート
  • DPX RGBA 10bitイメージシーケンスのデコードのサポート
  • JPEGおよびQuickTimeファイルからの縦横の方向の読み取りサポート
  • GrassValley HQおよびHQXコーデックをAVI形式でデコードする機能のサポート
  • DJI X7カメラのクリップの色空間、ガンマ、およびLUTオプションのサポート
  • NVIDIAハードウェア上のLong GOP Panasonic AVCクリップのハードウェアアクセラレーションデコードのサポート
  • ACESでのCanon C200 IDTのサポート
  • R3DクリップのREDCODEメタデータの表示のサポート
  • XAVC-Intra OP1A HDRメタデータのサポート
  • メタデータを使用して入力色空間とガンマが自動的に設定されるSonyクリップの解像度管理の改良
  • 複数のクリップでのオーディオ波形同期のサポートの改善
  • MXF XDCAMクリップのデコードサポートの改善
  • Quicktimeファイルメタデータの読み込みを改善
  • H.264クリップを自動的にキャッシュしないようにスマートレンダリングキャッシュ設定を更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。