コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve15/Edit新機能

本日リリースされたDaVinci Resolve15の、Editページに関するリリースノートを翻訳しました。

Edit新機能

  • 字幕の追加、管理、配信のサポート
  • Fusionページで拡張およびカスタマイズできる2Dおよび3Dタイトルテンプレートのサポート
  • 複数のクリップをソースビューアにロードし、最新の10個のクリップにアクセスできるようにサポート
  • スタックされたタイムラインとタブ付きタイムラインのサポート
  • カーブエディタでの位置曲線のサポート
  • 編集点を中心としたトランジションを持つクリップの編集範囲を超えたキーフレームカーブの表示と変更のサポート
  • 特定の色のフラグとマーカーを作成するためのメニューアクションのサポート
  • マーカーダイアログのタイムコード入力のサポート
  • ビューアでのマーカー注釈のサポート
  • 1つまたは複数のクリップの継続時間を変更するための新しいクリップ変更時間のサポート
  • Media Pool内のソースビューアクリップの検索のサポート
  • 複合クリップ、Fusionクリップ、ネストされたタイムラインのキャッシュをサポート
  • タイトルとジェネレータのキャッシュのサポート
  • OpenFXおよびResolveFXプラグインのキーフレームのサポート
  • 複合クリップのアルファチャンネルのサポート
  • ビューアのタイムコードコピーとペーストのサポート
  • 複数のトラックギャップ削除のサポート
  • デュアルスクリーンレイアウトのシングルビューアモードのサポート
  • Editページのシネマモードでのイン点とアウト点のマーキングのサポート
  • タイムラインのオーディオファイルのiXMLチャンネル名をオプションで表示する機能をサポート
  • Ctrl /Commandドラッグによるクリップのグレードとエフェクトを維持しながら複数のショットをトラック間で置き換えできる新機能
  • エフェクトライブラリでのビデオトランジションのカテゴリのサポート
  • Media、Edit、Fairlightのプレイヤーで新しいPlay Againコマンドをサポート
  • トラック間のオーディオクリップとビデオクリップの統合された移動をオプションで無効化するサポート
  • リタイム属性を他のクリップに貼り付けるときにタイムライン上でクリップをリップルする機能をサポート
  • DurationマーカーとIn /Outマーク間の変換のサポート
  • タイムラインビューアでのクリップマーカーオーバーレイの表示のサポート
  • 編集とカラーページでのFusion効果を持つクリップのインジケータのサポート
  • トラック先の状態の切り替えをサポート
  • 編集タイムラインのタイムラインビューオプションの改善
  • ドラッグ中にCmd /Ctrl +Shiftを押しながら挿入操作を実行するためのサポート
  • Media Poolまたはソースビューアからのクリップをダイレクトに編集する機能
  • Cmd /Ctrl +Shiftキーを押しながらドラッグして、編集タイムラインでクリップをスワップする
  • スリップとスライダのインジケータが付いた編集ページのツールバーのダイナミックトリムモードアイコンのサポート
  • 編集操作中に分解された状態でネスとされた複合クリップを挿入するオプションをサポート
  • クリップの1つが削除されたときのクリップ間でのトランジションの削除のサポート
  • 1つのフレームで速度変更が適用されたスリップクリップのサポート
  • タイムラインで選択したクリップのマッチフレームを実行するためのサポート
  • 透明度で画像を合成する際の改善された結果のサポート
  • Final Cut Pro X XMLバージョン1.8のインポートのサポート
  • タイムライン上のビデオトラックとオーディオトラック間の分離とハンドルの改良
  • タイムコードの入力と再生ヘッドのナビゲーションの改善
  • 速度変化に対するオプティカルフローの改善
  • 改善されたスムースカット
  • キーボードショートカットマッピングの改善
  • マルチトラック編集でブレードを実行する際のプレビューの改善
  • 改善されたリップルカットとリップル削除動作
  • クリップを新しいトラックにドラッグするときの自動トラック作成の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。