コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve15ベータ8

前回の更新からあまり時間は経過していませんが、たくさんの修正点が盛り込まれています。Google翻訳を使って日本語訳をまとめましたので興味のある方はご覧ください。

15b.8での主な機能

  • Fairlightページのイコライザー、ダイナミクス、プラグイン、グローバルトラックのプロパティ用のプリセットライブラリのサポートを追加
  • Media PoolまたはソースビューアからクリップをドラッグしながらCmd /Ctrl +Shiftを押しながら挿入操作を実行するサポートが追加
  • 編集操作中にdecomposedステートでネストされた複合クリップを挿入するオプションを追加
  • タイムラインビューアからタイムライン上の選択されたクリップの注釈を作成するためのサポートが追加
  • Color ManagementおよびACESワークフローでリニアガンマでFusionコンポジションを処理するサポートを追加
  • Colorページのサムネイルコンテキストメニューからクリップの色を変更する機能が追加
  • Media、Edit、Colorページのアプリケーションメニューからクリップの色を変更する機能が追加
  • フローティングメディアプールビンのタイトルバーにビン名を表示するサポートが追加
  • 再生メニューにFusionメモリキャッシュを設定するためのサポートが追加
  • Deliverページのファイル名フィールドを変更する機能が追加
  • Fusionビューアの表示にタイムラインの色空間を設定するサポートが追加
  • タイムライントラックのコンテキストメニューとファイルメニューから字幕を書き出すサポートが追加
  • Workspaceメニューのすべてのページからコンソールダイアログにアクセスするためのサポートが追加
  • FCP7 XMLファイルを使用してメディアをインポートするときに、クリップにマーカーの色と継続時間マーカーをインポートする機能が追加
  • 非圧縮10ビット浮動小数点フォーマットにキャッシングするときにアルファチャンネルを保存するサポートが追加
  • Fusionページに一時的なOpenFXプラグインの初期サポートが追加
  • Deliverページのコーデックとフォーマットリストの改善
  • H.264クリップを自動的にキャッシュしないようにスマートレンダリングキャッシュ設定を更新

Media

  • H.264にDeliverするときに、ブランキングが正しくレンダリングされない問題を解決
  • 特定のTIFFファイルをプレビューするとクラッシュする問題を解決
  • MetalモードのときにGPUでR3Dクリップをデコードする問題を解決
  • テイクとシーンのメディアプールメタデータフィールドが、リンクされたオーディオのクリップで編集できないことがある問題を解決
  • 左目と右目のアイクリップを交換したときにステレオ3Dレンダリングに関する問題を解決

Edit

  • EditページにIN/OUTマークがあるとクリップのカットを実行するとタイムラインがリップルする問題を解決
  • [最近のクリップを選択してスライド/スライドを選択]オプションを選択しても、[スライド/スライド]アイコンが正しく更新されないという問題が修正
  • ポジションカーブのベジェハンドルがEditページで簡単に制御できない問題が修正
  • ショートカットを使用したオーディオクリップのブレーディングや移動が再生ヘッドの直後にないという問題を解決

Fusion

  • Fusionページでビデオフィールド処理を有効にして再生が正しく動作しない問題を解決
  • ビデオフィールド処理が有効になっているときにFusionツールが1つのフィールドのみを処理することがあるという問題を解決
  • FusionページのTransformツールでモーションブラーを有効にするとクラッシュすることがある問題を解決
  • Fusionページのオプションメニューがマウスボタンが離されるまで開かない問題を解決
  • 特定のFusionタイトルがキャッシュされていてもリアルタイムで再生されない問題を解決
  • Fusionトラッカーでコーナーピニングを実行するとResolveがクラッシュする問題を解決
  • 2Dパーティクルのレンダービューを変更するとクラッシュする可能性がある問題を解決
  • FusionページのアルファマットをColorページで反転させる問題を解決
  • マクロエディタからマクロを開く、または保存するとクラッシュが発生する問題が修正
  • Fusionビューアのオーバーレイが修正されたときに正しく更新されない問題を修正
  • インポートされたSVGファイルがユーザー指定の解像度を尊重しない問題を解決
  • Power BinのクリップをFusionコンポジションにドラッグすると正しく動作しないという問題を解決

Color

  • シネマモードのビューワがLinuxで正しく動作しない問題を解決
  • クリップフィルタを持つハンドル付きの現在のクリップを有効にすると警告が繰り返し表示される問題を解決
  • トランスフォームでクリップの端に画像アーチファクトが見える問題を解決
  • ResolveFX Match Moveのトラックポイントサイズの調整が正しく動作しない問題を解決
  • トランジションを含むクリップを選択すると、Colorページのトランジション後の最初のフレームにジャンプしないという問題を解決
  • 白黒ハイライトモードを有効にすると、デュアル出力HDRモードでクラッシュする問題を解決

Fairlight

  • ソースビューアのオーディオで再生が破損する問題を解決
  • LinuxでモニターするためにBlackmagic再生デバイスを使用しているときにオーディオ再生が正しく動作しない問題が修正
  • クリップピッチシフトが適用されたときにオーディオクリップが同期を失うことがあった問題を解決
  • モノラルトラックのパンプリセットをステレオトラックに適用するとパンの設定が正しくないという問題が修正
  • 波形ビューアがMediaページに表示されていた場合、オーディオクリップのライブプレビューが正しく動作しないという問題が修正
  • FairlightFX De-Esserでネストされたタイムラインを追加するとクラッシュすることがあるという問題を解決
  • Audio FXアイコンがリンクされたグループの最初のトラックにのみ表示される問題を解決
  • Fairlightプリセットが選択したトラックの最初のトラックにのみ適用される問題を解決
  • マルチチャンネルパンの設定が正しく読み込まれないことがあった問題を解決
  • いくつかのFairlightダイアログを小さな画面で完全に見ることができない問題を解決
  • リンクされたグループのトラックに複数のAudio FXをドロップすると、すべてのエフェクトが正しく追加されないという問題を解決

一般的な修正

  • Linuxでシステムオーディオデバイスを使用しているときに音声再生が不連続になる問題を解決
  • Media Pool内のタイムラインサムネイルが現在選択以外のタイムラインに読み込まれないことがある問題を修正
  • タイムラインが存在しない限りDeliverプリセットを作成できない問題を解決
  • タイムラインの長さが変更されたときにレンダリングジョブがタイムライン全体をレンダリングしないことがある問題を解決
  • 選択したレンダリングプリセットをクリックしても設定が正しく更新されないという問題を解決
  • アプリケーションの再起動時に特定のクリップのキャッシュが失われる問題を修正
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。