コンテンツへスキップ

G Suiteに加入

Dropboxからの引っ越し先を検討していたところ、ローカルのMacの中にファイルを置かずに完全なクラウド上にファイルを格納するGoogle File Streamというものを知りました。去年くらいからサービスが正式に始まっていたそうですが、これを使うにはG Suiteという法人向けのサービスに加入することになりました。まだ試用期間中ではありますが、どんな風にこれまでと変わったかをまとめてみました。

メールサーバの変更
これまでは自前のドメインを使っていたので、自前のサーバの中で自ら設定をしていました。基本的にはこの部分は大きな変更はありませんが、メールサーバのMXレコードを修正することを求められました。それによって、ドメインに届いたメールはGoogleに行き先変更されるようになります。以前はドメイン側の設定で転送にしていましたが、これが不要になります。強制的にメールはGoogleに飛んでいくようになりました。これはメール設定だけなので、Webサーバはそのままで使えています。

Gmailの使い方
日々のメールの閲覧や作成はGmailを使っていましたが、ログインするときのアカウントが自分のオリジナルのメールアドレスでも入れるようになりました。これまでは@gmail.comでしたが、自ドメインのアドレスでもログインできるようになりました。WebのGmailのサイトではこの場合、ロゴを自前でカスタマイズできるようになったので、特別な感じのGmailになりました。その代わり、これまでGmailに溜めてあったメールは手動で移行せねばならず、残念なことに直近1年分くらいしか移行できないようです。大昔のメールは旧Gmailアドレスに残ったままです。

GFSとDropboxの違い
これまで使っていたDropboxは、安定性は抜群でトラブルやストップして困ったことは一度もありませんでした。ただ仕様上の制限から、必ずローカルにもファイルを持っていることが求められるので、クラウドと連携したいファイルが増えてくると自分のMacの中も膨らんできます。これは使いたいファイルは常にローカルの手元にあるわけなので、違和感なくファイルにアクセスできる利点はあります。現実的にはクラウドに大量のファイルを置かないユーザーに最適な仕様なのでしょう。
GFSはDropboxとは対照的で、ファイルはすべてクラウド側に置きます。指定したフォルダはローカルにも同期して置けますが、ファイルは全て一旦はクラウド側にアップロードが必要です。私の場合クラウドに置きたいファイルが700GB程度あるので、初期段階でアップロードするための時間は数日かかりました。一旦ファイルを送り終われば、使いたいファイルは毎回インターネットからのダウンロードになります。ネット環境が快適である前提で使うわけです。今後出先でネット回線が細い時にどうなるかはおいおい体感できると思います。

使い心地
まだ使い始めて1週間弱ですが、特に困ったことにはなっていません。ひとつ気になったのは、Apple純正のアプリで実施されているバージョン管理を伴うもの、例えばiWorksなどですが、これらの履歴部分は保存できないとアラートが出ました。GFSは使用を開始するとディスクイメージのようなボリュームがマウントされますが、この中にはGFS独自のファイルシステムが構築されているのです。FUSEが使われている感じです。
Dropboxのように何かすると必ず同期がかかるわけではなく、キャッシュをしているような挙動で、賢くクラウド側とはコミュニケーションしているようです。ときどき何もしていなくてもやりとりしていて、その点はちょっと怪しい気もします。
GFSに切り替えてなによりも大きかった恩恵は、Macのクリーンインストール後のクラウドとの同期し直しがまったく不要になったところです。これにより半日くらいの無駄な時間がゼロになりました。この部分への期待度が大きかったので今回切り替えたわけですが、その意味では効果は出ています。半年くらい使っている中で特に問題なく使えていることを期待して初回の課金を待つことにします。

5 thoughts on “G Suiteに加入

  1. やまたけ

    YamaQさん DropboxからGoogleとの事ですが、Dropbox Businessのスマートシンクは試されましたでしょうか。
    こちらもローカル領域を軽減出来る技術です。
    使用中のファイルはローカルとクラウドで同期、使わなくなったらローカルからは削除(シャドーとでも言いますか、ファイルの存在は残ります)
    使いたくなったらダブルクリックでDLされます。

    返信
    1. yamaq

      やまたけさん、情報ありがとうございます。

      スマートシンクの情報は途中で見かけたのですが、みつけられなくて...。
      これを使うとローカルにファイルを置かなくても良いのですね。

      Dropbox Businessに加入することになるようですが、最小ユーザー数が3アカウントからで月額5,000円弱かかってしまうみたいですが、もっと安価に使える方法はあるのでしょうか?

      返信
    1. やまたけ

      YamaQ様

      スマートシンクはたしか、昨年追加された新機能になります。
      2TBまでですが、パーソナルでもプロフェッショナルプラン、
      ビジネスなら無制限の容量と共にスマートシンクが使えます。
      これで、ノートPCのSSD
      が小さくて済みますよ。

      返信
      1. yamaq

        さっそく試しています。
        Google Driveも悪くないのですが、Dropboxの使い慣れた安心感にホッとします。結局回り道してDropboxに戻りそうです(汗)

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。