コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve 15ベータ6更新点

リリース版が出るまではリリースノートの記事は書かないつもりでしたが、自分用に作ったのでよろしければご覧ください。今回の更新では、新しくポルトガル語とフランス語のメニューが使えるようになっているようです。確認できないので詳細は不明ですが(汗)。それと日本語環境限定でキーボードの不具合が改善点に挙げられています。しっかりと日本からのフィードバックが対応されている点が嬉しいところです。

主な特徴|DaVinci Resolve 15 b6

  • サポートされているBlackmagic Design再生デバイスでのHDRとSDRの同時監視のサポートを追加
  • Fairlightのページでオーディオオートメーションデータを編集するためのサポートが追加
  • DaVinci Resolveユーザーインターフェイスでのポルトガル語のサポートの追加
  • DaVinci Resolveユーザーインターフェイスでのフランス語サポートの追加
  • 追加および改善された2Dおよび3Dタイトルテンプレート
  • Fusionページでの2Dおよび3Dタイトルテンプレートの拡張とカスタマイズのサポートが追加
  • Fusionページのクリップのサムネイルを真ん中クリックしてFusionコンポジションをコピーするサポートが追加
  • レンダリング中に既存のフレームベースのファイルを置き換えるサポートが追加
  • TIFFファイルのレンダリング時にアルファを書き出すサポートを追加
  • データバーンインとDeliverページタグとしてクリップ名を使用するためのサポートが追加
  • DJI X7カメラのクリップの色空間、ガンマ、およびLUTオプションのサポートが追加
  • タイムライン上のサブフレームオーディオフェードのサポートを追加
  • サウンドライブラリに追加のオーディオファイルフォーマットのサポートが追加
  • AAFインポートからオーディオクリップレベルをインポートするためのサポートが追加
  • アプリケーションの再起動時にオーディオボリュームの保存、ミュートのサポートを追加
  • プロジェクトのバックアップ中に進行状況バーのサポートを追加
  • パワーウィンドウ上でコントロールポイントを選択または変更する際のマウス操作の改善
  • Quicktimeファイルのメタデータを読むためのサポートが改善
  • スクリプティングAPIおよびドキュメントのサポートの向上

Mediaページでの改善

  • メディアプールクリップ用に最適化されたメディアを生成する際に出ていたクラッシュを修正
  • 古いプロジェクトで再生中にオーディオ同期が失われることがあった問題を解決
  • タイムコードを使用して同期されたマルチカムクリップがソースビューアで正しく再生されない問題を解決
  • 波形に基づくオーディオとトラックの追加を正しく同期できない問題を解決 
  • ACESを使用しているときにアルファチャンネルを含む特定のPNG画像が正しくデコードされない問題を解決
  • 特定のEXR画像のアルファモードが正しく初期化されない問題を解決
  • いくつかのmp4クリップのデコードでクラッシュが発生する問題を解決
  • 特定のmp4クリップでオーディオをプレビューできない問題を解決
  • Fairlightページでメディアプールクリップをプレビューできない問題を解決
  • Smart Binの使用状況の更新がオーディオクリップで正しく機能しないという問題を解決

Editページでの改善

  • マーカーの編集ダイアログが長時間のマーカーで画面外に表示されることがあった問題を解決
  • 編集フラグダイアログからフラグカラーを変更する問題を解決
  • 編集タイムラインのオーディオオフセットでリンクされたクリップを貼り付けるとオフセットが保持されないという問題を解決
  • 複数のモノクリップとして編集タイムラインに追加すると、リンクされたオーディオクリップのチャンネル名が正しく表示されないという問題が修正
  • 編集タイムラインに非常に短い期間の字幕を追加するとクラッシュした問題を解決
  • Text +プリセットをメディアプールからドラッグして既存のクリップを置き換えるときにクラッシュした問題を解決
  • テキスト+アニメーションが正しく動作しない問題を解決

Fusionページでの改善

  • Fusionビューアの360ビューで反転画像が表示される問題を解決
  • トラッカーノードを使用するとクラッシュすることがある問題を解決
  • メディアプールクリップの変更がFusionのMediaInノードを正しく更新しないという問題を解決
  • プロキシが有効になっているときにFusion compが不正確な解像度でレンダリングされる問題を解決
  • プローブモディファイアを使用してパラメータを駆動すると、再生中にハングアップする問題が修正
  • FusionページにFast Noiseノードを追加し、Editページに切り替えるとアプリケーションがフリーズする問題を解決
  • 3D DuplicateノードとTrailsノードが誤って動作することがある問題を解決
  • Fusionエフェクトが追加されたタイムラインの解像度を変更するとクラッシュすることがあるという問題を解決
  • Media Poolプロパティを変更すると融合ページのキャッシュされたクリップが更新されないことがあるという問題を解決
  • FusionノードエディタでScale to Fitが正しく機能しない問題を解決
  • Anaglyphツールでビューアに間違った色が表示されることがある問題を解決

Colorページでの改善

  • ColorページのCinema Viewerモードから正常に終了しない問題を解決
  • Blackmagic Design再生デバイスで、一部のシステムでホワイトバランスのスポイドを使用するとクラッシュする問題を解決
  • 共有ノードを削除するとビューアが正しく更新されないことがあった問題を解決
  • Power Windowがいくつかのクリップのグレードに合わない問題を解決
  • アプリケーションの再起動時にカスタムプリンタがホットキーを保持しないことがある問題を修正
  • LinuxでGallerySelect Allコンテキストメニューが正しく動作しない問題を修正
  • Canon C500クリップの色温度が正しく設定されないという問題を解決

Fairlightページでの改善

  • アプリケーションの再起動後に複数のスピーカーセットアッププロファイルを作成することが失われないことがあった問題を解決
  • スピーカー設定の変更をキャンセルしても正しく動作しない場合があるという問題を解決
  • 8チャンネル以上のオーディオクリップを正しくモニターできない問題を解決
  • モニターデバイスで再生するとオーディオ出力が失われることがある問題を解決
  • オーディオオートメーションセクションを上書きするとキーフレームが重複することがある問題を解決
  • オーディオトラックを追加したりトラックの種類を変更したりすると、既存のパッチで問題が発生することがあった問題を解決
  • フォーマットマッチング元のオーディオクリップの書き出しが正しく動作しない場合があるという問題を修正
  • トラックフォーマットの変更、トラックの位置またはタイムラインの切り替えで、Deliverページの既存のレンダリングジョブが更新されないという問題が修正
  • トラック間でオーディオクリップを移動するとクラッシュすることがある問題を解決
  • 再生中に再生ヘッドとオーディオスクロールが応答しないことがある問題を解決
  • アクティブなオーディオデバイスを切断すると再生に問題が発生する問題を解決
  • インスペクタのクリップゲインを変更してもオーディオクリップが正しくリフレッシュされないという問題が修正
  • 互換性のないトラックまたはバスを選択すると、EQ、パン、ダイナミクス、および補助コントロールウィンドウが空白になる問題を修正
  • 固定再生ヘッドモードをオフにしてもタイムラインが保持されない問題を解決
  • マーカーを移動した後にマーカー選択がリセットされる問題を解決
  • トラックボリュームの変更を元に戻す操作が正しく機能しないという問題を解決

全体的な改善

  • OpenCL処理モードで特定のGPUを初期化できなかったときにクラッシュした問題を解決
  • クリップを複数の出力にレンダリングするときにクラッシュする問題を解決
  • プロジェクトのバックアップ場所が不適切な権限を持つ場所に設定されているときに、プロジェクトの保存に関する問題を解決
  • キャッシングが有効になっているときに出力ブランキングが間違って上書きされるという問題を修正
  • 特定のSony VENICEクリップが正しくデコードされない問題を解決
  • Blackmagic Design再生カードを使用してHDMI経由で4:2:2出力を行うと、ちらつきが発生することがあるという問題を解決
  • 特定のDNxHRフォーマットを4Kを超える解像度でMXF OP1aにレンダリングするとエラーが発生する問題を解決
  • サードパーティのソフトウェアで、Deliverページの混在した解像度のタイムラインから作成されたAAFファイルが正しく読み込まれないという問題が修正
  • Linux上のDaVinci Resolve Studioビルドでリモートレンダリングのすべてのフォーマットを有効にするオプションが利用できない問題を解決
  • 日本語を使用するWindowsおよびLinuxシステムで、カーソルキーを含むショートカットが機能しない問題が修正
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。