コンテンツへスキップ

MacBook Pro2016でのBT環境

私はMacBook Pro2016を使っています。この新しいキーボードと仲良くなれなかったので、HHKB-BTを通称尊師スタイルで使っています。以前はこれに加えてMicrosoftのBTマウス3600も併用していました。この組み合わせがなかなかよろしくなくて、一度HHKB-BTはメーカー送りにして内部のパーツ交換はしてもらいましたが、完全な安定動作には至っていませんでした。現在はマウスは使わずにHHKB-BTだけの運用になっていました。そんなところに、少し前に購入していたAir Podsを併用してみたところ...。

MacBook Pro2016はHigh SierraではなくSierra10.12.6で使っています。どうもこの組み合わせも良くない気がしています。過去に一時的にHigh Sierraで使っていた時にはBTの安定感は気にならなかったからです。だから10.13.xにバージョンアップする気にはならないのが問題を複雑化しているわけで(笑)

MacBook Pro2016+10.12.6+HHKB-BTの組み合わせでは、満点ではないのですが90点くらいの使用感でした。今はBTマウスを使っていないのでこうなっていますが、マウスを併用すると点数が下がることは予想できます。この90点の環境にAir Podsを使ってみました。すると見事に音飛びが発生。MacのBT環境は組み合わせで問題が頻発で困った感じです。OSとの関係もありそうなのでとても面倒です。前提の環境のお話が長くなりましたが、こんな混沌としている状況でひとつだけ改善できるTIPSがみつかったので、今回yamaqblogに書いておこうという気になりました。

私の所持しているBTデバイスを最大限接続するとこんな様子になります。マウスはペアリングしていますが滅多に使っていません。これでAir Podsを使うと音飛びが頻発しました。再起動とPRAMクリアは試したものの予想通り効果はなし。BTの良いところでもあり手詰まりになりやすいのは、設定箇所がないに近いところです。トラブルになるとユーザーが手出しできない。BTに限らずApple製品にありがちな落とし穴です。

マウスは普段使っていないので、ペアリングを解除してみたところ見事に音飛びは解決しました。使っていないマウスがあっても登録が残っているとmacOSは何か仕事をしていてそれが悪影響している様子です。現在残っている問題点、スリープ明けの再接続が50%くらいの頻度でできない、というのがこれで解決できたらうれしいのですが、そこは経過を見てみないとわかりません。同様のことで困っている方は滅多にいないとは思いますが、BT周りのトラブルシューティングで参考になれば幸いです。

3 thoughts on “MacBook Pro2016でのBT環境

  1. 雨韻

    去年、SonnetのeGFX Breakaway Boxの販売が始まった直後(秋頃です)に、10.12.6+GeForce GTX 1060で動かしました。
    Resolveでは認識していましたね。
    今はMac対応のeGPUボックスのバリエーションも増えてきて目が移りますね。

    私の環境では起動時に認識させるのにコツがあったり、スリープ後に認識が外れる事があったりしましたが、個人のテスト環境としては充分でした。
    Thunderbolt 3→2の変換を挟んでいても速くなります。
    スピード重視だと素直にWindowsを使えば良いんですが、スペック以外だとMacのメリットもあるので、テストする価値はあると思います。
    eGFX Breakaway BoxのSierra対応はこの記事の内容がほぼ全てです。
    https://applech2.com/archives/sonnet-egfx-breakaway-box-manual-for-macos-sierra.html

    別途読んだ記事によると、eGPUの描画の恩恵も受けたい場合、WindowsのeGPU環境ではノート本体の画面をボックス側のGPUの描画に出来るそうなのですが、Macはボックス側のモニタ出力を使うしかないようです。
    これは、Mac側の制限との事でした。

    返信
  2. yamaq

    雨韻さん、コメントありがとうございます。

    先ほどGTX1080Tiを借りることができたので、試したところ難なくmacOS10.12.6で認識できました。10.12.6での制限としては、GPUのイジェクトはできないようなので外す際はシャットダウンが必須になります。

    DaVinci Resolve14.3、15.b6でも認識しましたし、Premiere Pro2018でもOKでした。4k60fpsの再生ではさすがに追いつきませんでしたが、明らかにパフォーマンスは向上しています。次はMac Proで実験してみる予定です。

    返信
  3. ピンバック: macOS10.13とBluetoothデバイス – yamaqblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。