コンテンツへスキップ

Macで外部接続のGPUを使うには

本日リリースされたmacOS10.13.4でサポートされた外部接続GPUが使える機能についてのAppleの公式ドキュメントが公開されました。Webサイトでは現状では英語のみだったので、重要な部分に絞って日本語でまとめてみました。興味のある方は元の情報と合わせてご覧ください。

外部接続されたGPU(eGPU)は、Thunderbolt3インターフェースを持ったmacOS10.3.4インストールのMacで使用可能になっている。
eGPUによって、3Dゲーム、VRコンテンツなどのプロフェッショナルアプリケーションでグラフィックスのパフォーマンスを向上できる。
2016年以降のMacBook Pro(13inchMBPでは左側のTB3ポートのみ対応)、2017年以降のiMacとiMac Proが対象Macである。eGPUでは下記の機能が使用できる。
・Metal、OpenGL、OpenCLを利用したアプリケーションでの高速化
・追加接続の外部モニター
・eGPUに接続したVRヘッドセットの使用
・eGPUからの給電によるMacBook Proでの充電
・MacBook Proを閉じている時のeGPUの使用
・ユーザーがログインしている時のeGPUへの接続
・複数のTB3ポートを持つMacでの追加1台のeGPU接続(デイジーチェーンではなくMacからダイレクトに接続すること)
・メニューバーにあるアイコンからのeGPUの安全な接続解除
・Activity MonitorユーティリティからのGPU動作の確認

認証されているGPUとeGPUボックスの組み合わせ

AMD Radeon RX 570/RX 580/Radeon Pro WX 7100(AMD Polaris)
・OWC Mercury Helios FX
・PowerColor Devil Box
・Sapphire Gear Box
・Sonnet eGFX Breakaway Box 350W
・Sonnet eGFX Breakaway Box 550W
・Sonnet eGFX Breakaway Box 650W

AMD Radeon RX Vega 56(AMD Vega 56)
・OWC Mercury Helios FX
・PowerColor Devil Box
・Sonnet eGFX Breakaway Box 550W
・Sonnet eGFX Breakaway Box 650W

AMD Radeon RX Vega 64/Vega Frontier Edition Air/Radeon Pro WX 9100(AMD Vega 64)
・Sonnet eGFX Breakaway Box 650W

TB3接続一体型eGPU
・Sonnet Radeon RX 570 eGFX Breakaway Puck

すべてのアプリケーションがeGPU対応ではない。複数のGPUをサポートしていたり、3Dゲームなどに限定される。eGPUからダイレクトにモニター接続する場合には、macOSから一番目のディスプレイとして認識させること。そのためには、システム環境設定のディスプレイから、アレンジで対象モニターにメニューバーをセットする。

いよいよeGPUが使える状況が、macOSネイティブで実現するのですね。来年くらいに登場予定の新しいMac Proが出てくるまでは、この方法を使いながらGPUのパフォーマンスを稼ぎつつ苦難の状況を乗り切るしかありません。これまではトリッキーな方法で強引に使っていたケースもありましたが、この先は多少は安心して使えるようになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。