コンテンツへスキップ

パスワードの管理

インターネットが登場した頃から、ユーザー名とパスワードは各所で必要になってしまったので、同じ組み合わせを多用していることが多いのではないでしょうか。実を言うと私はつい最近までそうでした(汗)。面倒なのは定期的にパスワードを変更するように促されるサイトです。これまではなんとかやりくりしていましたが、もう限界だと諦めて別の方法で管理するようにしました。

重い腰を上げてパスワードをランダムな文字列にして、専用のアプリを使って管理しようと決めたのには、最近特に記憶に自信がなくなってきたからです(汗)。また、パスワードを破られることは今後もっと増えるに違いないので、簡単なものを使っている場合には、こちらの責任に問われることもあるでしょう。そのため面倒ではあるものの、複雑なものに切り替えようと決めたのです。

そのためにはまずランダムな文字列を作成しなければなりません。Macにはキーチェーンというアプリがあって、保存するだけではなく新規のパスワードをジェネレートしてくれたりもします。これを使えば簡単にランダムな文字列は作成できます。私がこれを使わない理由は、含めてほしくない文字列が強制的に入ってしまうからです。OやSやCなどは大文字と小文字の区別がつきにくくて、目視の確認で間違い兼ねません。記憶力に加えて視力も低下しているので。

そこで間違いやすい文字列を除外した数字とアルファベットだけでパスワード文字列を生成するツールを自作しました。オプションとしては、%や$も含めるかどうか、すべての文字種を使うかどうかは選択できるようにしました。文字列の長さは8、10、12、16から選択できます。これを使って1Passwordで管理するようにしました。あとは必ずパスワードの保管をもれなくできるかどうかにかかっています。保存したつもり、にならないようにするのが今後の課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。