コンテンツへスキップ

DaVinci ResolveのConsolidate機能

Consolidate機能とは、Avidではだいぶ前から持っていたと記憶してますが、上手に活用すると今後の4k高解像度時代では幸せになれると思っています。Consolodateを辞書で引くと、(権力などを)固める、強固にする。統合する、というような意味を持っていると書かれています。メディアファイルでは、IN/OUTを付けた部分だけを再エンコードせずに書き出すことを意味します。

ファイルベースワークフローの注意点その1は、再エンコードによる画質劣化を少なくすることではないでしょうか。H.264のような高圧縮のコーデックでは、何度もエンコードを繰り返すと、明らかに劣化が目立ってきます。ただ、昔のVHSテープのダビング劣化ほどではないですが(笑)

撮影して手に入れたオリジナルメディアは、映像制作では何よりも大切にせねばならない資産ですが、いかんせん収録時間が長くなりがちでファイルサイズも肥大化の一途です。さらに4kやそれ以上の解像度が多くなってきているのでなおのことです。ポストプロダクション工程になると、編集結果も見えてきて不要な部分と必要なところの区別ができるようになってきているので、オリジナルメディアから切り取ったサブクリップを作るようなConsolidateは今後もっと活用されても良いと言えます。

DaVinci ResolveにはMedia Management機能があり、書き出しのDeliverとは異なったユニークな機能があり、その一つがTrim機能(Consolidate)です。タイムラインで使っているカットについて、不要なIN/OUTの外側についてハンドルサイズを加えながら再エンコードなしで書き出すことができます。ただし対応しているコーデックはすべてではなく私が確認したところでは、QuickTimeのProRes422HQ、4444XQ、DNxHD220(10bit)、DNxHR HQX 10bit、そして個人的に驚いたのはR3Dでもできました。R3DファイルのTrimは、純正アプリのREDCINE-Xでは早くからできていましたが、Resolveでもできたのは嬉しい機能です。連番形式ではConsolidateは必要なフレームを間引くだけなので、どんな形式でも理論的には可能なはずです。しかし、ResolveのConsolidateからは期待通りの挙動にはならないものもあります。

まだすべてのコーデックで検証は済んでいませんが、興味がある方はすぐにでも試してみると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。